百姓釣り百姓 たま〜に卓球

つまんねぇ会社なんてサッサと辞めちまえ!。野菜を作って自給的生活。そして魚釣り。

全体表示

[ リスト ]

永田農法の野菜の根

以前トマトの根などは紹介してきましたが、今回は他の野菜で・・・
 
さてこれは何の根でしょうか?。
イメージ 1
 
近所の農家の奥さんに実物を見せても首を傾げていました。
 
そこで正体を明かすと「エ〜ッ、こんなになるの!」との驚きでした。
 
これは永田農法のピーマンの根です。
 
さらに正確に言うと、私のオリジナル「洗面器栽培」による永田農法のピーマンです。
 
毛細血管のようなフサフサの細かい根がびっしりとついていますが永田さんの本によると、この根が糖度を上げ苦味やエグミの無い美味しい野菜を作る源だそうです。
 
実物野菜などは、大きな直根で茎や葉を作り、細かい上根が美味しさを作るらしいのですが、これくらいに上根が発達したピーマンは糖度が8度を超える甘さになり、フルーツのような感覚です。
 
こっちはナス、これも昨年は洗面器栽培を試してみましたが、ナスは太い根が発達するので容器の中でとぐろを巻くようにして伸びた後、水抜き穴から土中に出ていました。
イメージ 2
 
ナスもこのように育てるとアクの無い、切り口からリンゴのような芳香を出す生でも美味しいナスとなります。
 
洗面器栽培では肥料分の無いボラ土や鹿沼土を使い、太陽熱殺菌をして再利用していますが、何より大型ハウスは移動出来ないので、これにより連作障害を防ぎ液肥も効率良く与えられるのではないか?との考えでやっています。
 
最初はトマトを美味しく作るために始めたのですが、今年はキュウリなどでも試してみようかと思っています。
 
良い天気だったので裏山に入って見ると、日陰では竹の切り口にはまだ氷が溶けずに残っていましたが、日の当る場所のグミの木には小さな実が鈴なりについていました。
イメージ 3
 
イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ナス科の野菜は我が家のお気に入りです。昨シーズン水ナスを生でサラダにしてみたのですが、今ひとつでした。やっぱりアクが。。。
てつさんが工夫なさった洗面器栽培なら素人の私でも水と肥料の管理がなんだかできそうな気がしてきました。底穴はあけないで栽培されているのだろうと勝手な想像をしています。管理さえきちんとしていればその方が無駄がないですものね。

2013/1/12(土) 午後 0:11 [ sofu ] 返信する

顔アイコン

茎を見てナスかと思いました、はずれでした。
同じナス科でもピーマンとナスでは明らかに違いますね。
それにしても、すごい根ですね。

2013/1/12(土) 午後 3:03 [ fum**2 ] 返信する

顔アイコン

ええええ〜〜、これがピーマンの根? 色が白ければ、仙人のひげ?

恐るべき永田農法、根まで成長する、ナスもこんなに根が張るとは?
驚き、驚き!

2013/1/12(土) 午後 4:56 [ デザファマ ] 返信する

顔アイコン

sofuさん、洗面器には水抜き用の小さな穴が数ヶ所空けてあり、トマトなどはそこから縦横無尽に主根を伸ばしています。おっしゃるようにこのやり方なら素人でも極上の野菜を作ることが出来ます。でも個人的に思うことは、ウマイ野菜を作るのは小手先の業よりも「愛情」かも知れませんね。永田農法の水ナスの欠点?は、加熱調理するより生の方がウマイのでは無いか?と思えることです。

2013/1/12(土) 午後 10:47 百姓てつ 返信する

顔アイコン

ふーまさん、私は永田農法と出会ったことにより従来からの卓球の指導に大いに疑問を持つようになりました。子供達というものは見かけよりずっと大きな可能性を持っており「見えない何か」を引き出してあげるのが指導者の務めだと思います。なかなか思うようには行きませんが・・・。

2013/1/12(土) 午後 10:56 百姓てつ 返信する

顔アイコン

デザファマさん、どのやり方でも肥料と水分を与えすぎると根は甘えて発達せずに貧弱な姿になります。まして有機栽培における大量の施肥は以前申し上げたような硝酸態窒素を含む「危険な野菜」や消化しきれない肥料分による「土壌汚染」を作る可能性を秘めています。有機無栽培野菜=安全と言う考えは、手放しでは喜べないと思うのです。

2013/1/12(土) 午後 11:10 百姓てつ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事