百姓釣り百姓 たま〜に卓球

つまんねぇ会社なんてサッサと辞めちまえ!。野菜を作って自給的生活。そして魚釣り。

全体表示

[ リスト ]

トマト定植

 
ほんの1部だけですが、デカハウスにトマトの定植をしました。
 
沢山植える予定だったのですが、他の作業が入ってきて時間をとられてしまいました。
 
以前に何度か紹介していますが、リクエストがあるようなので、また独特の定植のやり方を説明します。
 
苗を購入する方が圧倒的に多いでしょうから、市販の苗でやってみましょう。
イメージ 1
(黄色のポット苗が市販の「モモタロウゴールド」、左のは私が種から育てた苗です。育成機関が長いので、ガッシリしています。)
 
まずポットから取り出し、バケツや流水で土を完全に洗い流します。(私はこの作業をする前にしっかり潅水させておきます。)
イメージ 2
 
 
次に根を半分か3分の1程度に切り詰めます。(私の場合は意識的に直根を切ります。)
イメージ 3
(しかしこの苗の根の量は少ないですね)
 
残った根を広げるようにして、浅く植えつけます。
イメージ 4
 
露地でもプランターでも同じ要領でやりますが、何故こんなやり方をするのは永田農法関連の記事をネットで調べてください。
 
ここで私が説明するより、その方が良いと思いますので・・・
 
定植後しばらくは「クタビレモード」になりますが、大丈夫です。
イメージ 5
 
 
やがて復活して、生き生きと成長を始めます。
 
昨年も書きましたが、私はこのやり方で過去にもう数百本は定植して1本も枯らしていません。
 
もしそれでも不安な方は、永田農法に手を出さない方が良いと思います。
 
1週間ほど前に定植したワイルドチェリー(ミニトマト原種)ですが、野生児のようにたくましく育っています。
イメージ 6
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事