極・PT道

PTを世の中に広める

全体表示

[ リスト ]

たまには勉強

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

みなさん、こんにちは。

最近は、勉強会の告知や報告ばかりでしたので、今回は少し臨床の参考になるものを書きたいと思います。

写真のexは、トレーニングの世界では「ヒップリフト」と呼ばれ、ピラティスでは「ショルダーブリッジ」と呼ばれているものです。(各業界や各団体で呼び名が変わってくるので、なかなかこの辺は分かりにくいですね。)

さてこのexは、リハビリやトレーニングとしても多用されているもので、腰痛や膝OAの人にも臨床で使っているものではないでしょうか?

しかしながら、このexを行っている人で、ex後に痛みを訴えてくる人はいないでしょうか?

私も、患者さんやクライアントから「このexをやった後は、少し腰が痛いんですよ」と言われることがあります。

これには、相手の動きの質や、その人の姿勢と言いますか、骨盤帯のalignmentに原因があります。

まずは、動きの質についてですが、このexのポイントは、exにおいての主動作筋である大殿筋およびHamstringsにしっかりと収縮が入ることです。もう少し話をしますと、股関節が動きの中心(stability jointというわけです)となり、体幹筋群はいわゆる固定筋(stability jointというわけです)として機能しなければなりません。
さて前置きが長くなりましたが、動き方としては、当然のことながら股関節伸展という動きになるわけですが、ここで体幹筋群があまり固定筋として安定することのできない人は、骨盤を持ち上げるのではなく、腹部を突き出すように動いてきます。つまり動きとしては、腰椎伸展の動きをしてしまうのです。

そうなると、Sway Backタイプなどで下位腰椎の過伸展が腰痛の原因としてあるのであれば、運動の原則としては「関節の動きは、もっとも弱い関節から動く」ので、この下位腰椎が運動をおこしてしまい疼痛に繋がります。
ですので、この様なタイプの場合は、しっかりと骨盤底筋群を効かせるように、“ケツ締め”(YOGAではバンダを締めるでしょうか。)を行い、骨盤帯を通して腰椎の過伸展を抑制させながら、股関節伸展を誘導できるようにしなければなりません。

ところがこれでも、痛みを出してしまう症例があります。
それは、Flat Backに代表されるようなヘルニア系の腰痛で、腰椎が相対的に屈曲の状態になっているタイプです。
このタイプでは、腰椎の生理的前彎が減少し、後方へ髄核を押し出していることが予想されるので、骨盤を後傾させるように行ってしまうと、より髄核を後方へ押し出すことになるので、さらなる痛みにつながることがあります。

これらの事を考えると、やはり「腰痛にはこのexがよい」、というようなものではなく、キチンとその人の痛みの原因をしっかりと評価を行い考えてから、exを処方しなくてはなりません。

その内に、「関節運動を考える会」でも、今まで出回っているexをしっかりと運動学的に分類して、そのexの持つ意味を再認識するようなものを考えています。

それでは本日も読んで頂き、ありがとうございます。

この記事に

開く コメント(6) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事