極・PT道

PTを世の中に広める

全体表示

[ リスト ]

たまには勉強

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

みなさん、こんにちは。

最近は、勉強会の告知や報告ばかりでしたので、今回は少し臨床の参考になるものを書きたいと思います。

写真のexは、トレーニングの世界では「ヒップリフト」と呼ばれ、ピラティスでは「ショルダーブリッジ」と呼ばれているものです。(各業界や各団体で呼び名が変わってくるので、なかなかこの辺は分かりにくいですね。)

さてこのexは、リハビリやトレーニングとしても多用されているもので、腰痛や膝OAの人にも臨床で使っているものではないでしょうか?

しかしながら、このexを行っている人で、ex後に痛みを訴えてくる人はいないでしょうか?

私も、患者さんやクライアントから「このexをやった後は、少し腰が痛いんですよ」と言われることがあります。

これには、相手の動きの質や、その人の姿勢と言いますか、骨盤帯のalignmentに原因があります。

まずは、動きの質についてですが、このexのポイントは、exにおいての主動作筋である大殿筋およびHamstringsにしっかりと収縮が入ることです。もう少し話をしますと、股関節が動きの中心(stability jointというわけです)となり、体幹筋群はいわゆる固定筋(stability jointというわけです)として機能しなければなりません。
さて前置きが長くなりましたが、動き方としては、当然のことながら股関節伸展という動きになるわけですが、ここで体幹筋群があまり固定筋として安定することのできない人は、骨盤を持ち上げるのではなく、腹部を突き出すように動いてきます。つまり動きとしては、腰椎伸展の動きをしてしまうのです。

そうなると、Sway Backタイプなどで下位腰椎の過伸展が腰痛の原因としてあるのであれば、運動の原則としては「関節の動きは、もっとも弱い関節から動く」ので、この下位腰椎が運動をおこしてしまい疼痛に繋がります。
ですので、この様なタイプの場合は、しっかりと骨盤底筋群を効かせるように、“ケツ締め”(YOGAではバンダを締めるでしょうか。)を行い、骨盤帯を通して腰椎の過伸展を抑制させながら、股関節伸展を誘導できるようにしなければなりません。

ところがこれでも、痛みを出してしまう症例があります。
それは、Flat Backに代表されるようなヘルニア系の腰痛で、腰椎が相対的に屈曲の状態になっているタイプです。
このタイプでは、腰椎の生理的前彎が減少し、後方へ髄核を押し出していることが予想されるので、骨盤を後傾させるように行ってしまうと、より髄核を後方へ押し出すことになるので、さらなる痛みにつながることがあります。

これらの事を考えると、やはり「腰痛にはこのexがよい」、というようなものではなく、キチンとその人の痛みの原因をしっかりと評価を行い考えてから、exを処方しなくてはなりません。

その内に、「関節運動を考える会」でも、今まで出回っているexをしっかりと運動学的に分類して、そのexの持つ意味を再認識するようなものを考えています。

それでは本日も読んで頂き、ありがとうございます。

「無題」書庫の記事一覧

閉じる コメント(6)

いつもお世話になってます。山田です。 ヒップリフトでの体験は非常に参考になりました。 僕の場合Sway Backなので、骨盤底筋群を使うと嘘のように腰の痛みがなく、殿筋とハムに収縮が入りました! 宮澤先生の「ウンコ漏れないようにしろ!」という指示はマジ効きましたよ!骨盤底筋群を促通するには他に何かいい方法ありますか?正直 若い女性には言うのためらってしまいます。 また、腰椎の安定化というと、まず腹横筋など考えてしまうのですが、なぜ骨盤底筋群なのでしょうか?(人によって優先順位は違うのでしょうが…)

2009/9/26(土) 午後 10:43 [ 山龍 ]

顔アイコン

山田先生

コメントに対する、回答が長くてコメント欄からはみ出るので、
本文に回答を載せておきますので、ご参照を。

2009/9/27(日) 午後 9:12 [ hyp*rsh*n*uke ]

顔アイコン

宮澤先生、

はじめまして、突然のコメント失礼いたします。
Yogayomuで、先生の記事の隣に掲載をいただきました伊藤と申します。先生の記事がとても参考になり、こちらのブログを拝見しました。これからもどうか、勉強させて下さい。

2009/10/1(木) 午前 11:30 [ tom*kol*na ]

顔アイコン

伊藤様

わざわざコメントありがとうございます。
YOGAYOMUの記事が参考になっていれば、幸いです。
理学療法士(PT)という仕事柄、身体の機能面に捉われがちですが、実際に現場にでてみると、ケガをしていてもプレーをすることを求めている選手やケガをキッカケに少し休みを求めている選手と様々です。

YOGAは、心身のケアにも繋がっているので面白いと思っているのですが、選手にもっとゆっくりとした時間があれば、その様なケアも行えます。が、なかなかそこまでの時間がないのでジレンマに陥ることもあります。

私のブログが何かの参考になれば嬉しく思います。
またこれからも、宜しくお願いします。

2009/10/2(金) 午後 1:17 [ hyp*rsh*n*uke ]

顔アイコン

私も10年間、ラグビー部のマネージャーをしていました。
最後の三年間(会社)は、どっちが選手か分からないぐらい、大切にしてもらいましたが・・

選手の方々に余裕が無い現実というのは、本当におっしゃる通りだと思います。Tarzanなどにリストラティブヨガを紹介していますが、読んで下さっている男性の方々が「そんな時間ない」と思われているのだろうな、というところにふがいなさを感じながら挑戦し続けています。

先生の説明はとても分かりやすく、素晴らしいと思います。
私は先生のブログでこれからも勉強していきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。

2009/10/2(金) 午後 9:23 [ tom*kol*na ]

顔アイコン

いえいえ、そんなことはないですよ。

モチベーションの高い選手や、トレーニングやストレッチの重要性をしっかりと分かっている選手は自主的に自分のやるべき事をやっていますよ。

そういった選手は、キチンと自分のやらなければならない事を聞いてきます。
もちろん、こちらも完全に受け身ではなく、事あるごとに必要なことをアドバイスしております。

今度、Tarzanもチェックしてみます。

2009/10/4(日) 午後 6:03 [ hyp*rsh*n*uke ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

飲食店カテゴリの関連記事

※「練習用」カテゴリが登録されている場合は「飲食店」カテゴリを表示しています

もっと見る
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者29133026
ブログリンク013
コメント0345
トラックバック01
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

標準グループ

登録されていません

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事