全体表示

[ リスト ]

工程
まずはすべての土台になる床下地作りから。
壁も天井もすべてこの床の上に施工されていくため、マンション躯体に振動を伝えないというのがもっとも設計上重要なポイントになります。

制振材を敷きその上に12个離灰鵐僖(合板)を敷いて床の下地を作ります。
イメージ 1

最重要ポイントは制振材以外では既存の部屋面と接しないことです。
壁から10伉度隙間を空けて施工します。
イメージ 2


コンセント等は引き出した後音漏れしないようにシールします。
イメージ 14


床の下地の上にやはり壁から隙間を空けて間柱を組んでいきます。
イメージ 3


間柱の柱間にグラスウールを入れ込みます。
柱の奥行きが40个琶匹箸侶箚屬10个嚢膩廝毅悪个紡个靴藤沓記亳のグラスウールを入れます。
イメージ 4


有孔ボードを貼っていきます。
イメージ 5


梁などの床から柱を立てられないところは組み上げた有孔ボードから壁に接触しないように枠組みを作ります。これも同様にグラスウールを入れて、有孔ボードで壁面を作成します。
イメージ 6


すべての柱は壁や天井に当たらないように寸止めしているので、有孔ボードを貼る前はぐらぐらです。
イメージ 7


天井も有孔ボードの上から梁を渡して枠組みを作って有孔ボードで仕上げます。
天井の梁を付けるとすべての壁面ががっちり固定されます。
イメージ 8


メッシュテープで有孔ボードの境目をつないで、目止め処理をすることで、壁紙を貼ってもつなぎ目が目立たなくなります。また、巾木や廻り縁を付けて仕上げます。
イメージ 9


防音扉を取り付けます。
イメージ 12


防音扉の隙間は特に音漏れのないように十分にシールします。
イメージ 13


床材を貼ります。
貼った後養生シートで保護します。
イメージ 11


室内サッシを取り付けます。床と天井の防音処理分外側のサッシより小さくなります。
今回は前の部屋の意匠を残すため、既設の障子の内側にサッシを作りました。
また、内サッシと障子の間にカーテンをつるしてさらに吸音処理をします。
イメージ 10


壁紙をはると俄然部屋らしくなります。
家具搬入のため、扉をはずしました。
イメージ 15



有孔ボードに壁紙を貼ると間違いなく効果は減少しますが、意匠性を優先して壁紙仕上げにしました。
塗装仕上げも選べましたがここは雰囲気優先です。

これで工事は終了です。
ゆくゆく性能を確認して、この書庫も完結としたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(32)

顔アイコン

わがまま聞いて頂き、ありがとうございます。
それにしても、コピー紙とは驚きです。
ピアノ、いや、音楽のための最高の環境ですね
なんだか、自分のことのようにウレシイです 削除

2007/8/12(日) 午前 8:42 [ んばろ ] 返信する

顔アイコン

そうですよね。
明日からは猛暑のなか仕事が始まりますが、部屋で音楽を楽しむのを心の支えにがんばって来まーす。
ありがとうございました。

2007/8/12(日) 午後 4:23 |◎|TANNOY|◎| 返信する

防音性が十分確保できているようでよかったですね。
これで、気兼ねなく練習に専念できますね。教えていただきたいのですが、マットエースとかポリカットというグラスウールは袋は取らなくても性能がでる種類なんでしょうか?他社のなので、分からなくて。袋をとらなくてもいいなら、チクチクがなくなっていいなと思ったのです。

2007/8/12(日) 午後 6:57 [ 柳 さわ ] 返信する

顔アイコン

袋を取らないことを前提に作られてますね。
袋の表と裏で違う素材を使って表裏の表示がしてありました。透湿度が違うようです。ただ吸音性という点では袋がない方が良いのでしょうね。ただ、有孔ボードをはる前は誰でも感じるほどデッドな環境になりましたので、ちゃんと吸音はしていたようですよ。
でも有孔ボードを貼って、さらに壁紙を貼ったら相当ライブになりました。まだカーテンができてきませんが、もう少し部屋の中に吸音材があった方が良さそうです。
固体伝搬音は数値的評価が難しいです。
なにか良い方法があれば良いのですが・・・。
今のところ離れたコンクリート躯体に耳を付けて確認していますが、防音前とは全然違うので効果は出ているようです。
まだオーディオの配線も終わってませんので、全体的な様子がわかるにはもう少し時間がかかりそうです。

2007/8/12(日) 午後 7:12 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

やっと落ち着きましたね!吸音材の袋は取らなくても良い代りに裏と表が有るものが有ります。これを間違えると吸音効果が減りますよ。
袋の表と裏の材質が異なっていると思うのですが如何ですか?

2007/8/13(月) 午前 2:30 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

PS 固体伝搬音には鉛シートがかなり有効だと思うのですが?
昔、15インチのダブル・ウファーでマルチを組んだ時にエンクロージャーの振動を抑えるのに鉛シートとゴム・シートでかなり良い結果が出ましたよ!重いのが欠点です。

2007/8/13(月) 午前 2:39 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

おかげさまで防音はやっと区切りがつきました。
これからは音響調整です。なんか手強そうな予感がしています。
ご指摘のとおりグラスウールには表裏がありました。材質は確認しませんでしたが透湿度の違うフィルムを組み合わせているようでした。グラスウールむき出しの部屋はすごくデッドで不気味でしたが、ボードを貼って壁紙を貼ったのでライブになってしまいました。只今吸音処理頑張ってます。
それよりマリガンさんも防音必要では?

2007/8/13(月) 午後 1:09 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

あと鉛シートは通常は空気伝播の遮断に使用するのですが、重たいのでエンクロージャーの制震になったのかもしれませんね。
しかしマリガンさんいろいろ作ってますね〜〜〜〜〜〜〜。

2007/8/13(月) 午後 1:11 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

私はオーディオ一般で言われている事はまず疑っています。鉛シートは空気伝播の遮断に使用する物と一般的には思われていますが、気体と固体の振動伝達では異なります。空気は形が自由に変化しますので車のマフラーの原理で狭い所から広い所へ拡散する事でエネルギーを減少させる事ができますが、固体を伝わるエネルギーを減少させるのは有る程度の質量が不可欠です。ですからアナログ・プレイヤーのキャビネットを鉛と木の積層にしたりアームの受けに鉛を使用して振動を吸収させてりします。こう考えると鉛はどちらかと言えば空気伝播の遮断より固体伝導の遮断に向いていると思いエンクロージャーに使用したのですよ!それから今の私には防音する部屋が無いのです(悲しい〜!)

2007/8/14(火) 午後 6:34 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

固体伝搬音を減衰させるのは振動を熱に変える能力で、損失弾性率(粘性)という物性です。金属はある程度大きな応力がかかると分子がずれて大きな降伏して大きなエネルギーを消費しますが、振動の伝搬のような小さな変形では貯蔵弾性率(弾性)が高く、エネルギーの導体になってしまいます。おそらく鉛シートに固体伝搬の抑制効果があるとすれば、海島構造の海になっている樹脂の部分ではないでしょうか。ゴム質の高分子で、貯蔵弾性率が高いとスーパーボールのようにエネルギーの損失が少ない物質になり、損失弾性率が大きいといわゆる防振ゴムのような物性になります。シート状の物ではコシがあるのが貯蔵弾性が高い裏返しです。

2007/8/14(火) 午後 10:40 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

ただし、同じ振動でも質量に比例して伝えるエネルギーが変わりますので、重い物と軽い物を積層することで固体伝搬音は遮断できると思います。ただし、波長の長い低音になればなるほど波長に応じた積層体の厚みが必要になります。これは光の波長より小さな粒子が目に見えないのと同じ原理です。
キャビネットやアーム受けに鉛を使うときには鉛だけで受けることで積層構造になり、振動が遮断されると思います。
もとの振動体との比重に差があれば効果は顕著になるはずです。
ただ、他の材料でバイパス経路ができてしまっていると振動は伝わってしまいます。エンクロージャの振動ですが、スピーカーユニットからエンクロージャへの直接の振動については完全な固体伝搬ですので、おそらく防振ゴムのような損失弾性率の高い材料が必要ですが、実際のエンクロージャの振動はスピーカー内部の空気の振動を受けている割合が高いと思われますので、これには鉛シートが効いているように思います。いかがでしょうか?

2007/8/14(火) 午後 10:40 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

あとマフラーの件ですが、音の振動は空気の振動で流れではないので、有孔ボードの上に壁紙を貼っても相応の効果が出るかなと思いましたが、ここのところはいかがなものなのでしょうか?
有孔ボードに壁紙を貼るのは感覚的にはどうかと思ったのですが、だめな理由(壁紙の表面反射以外)もわからないのでとりあえず意匠優先で貼ってみました。実際のところはどうなのでしょうか?

ところでマリガンさん???部屋借りたのではないんですか?

2007/8/14(火) 午後 10:48 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

さすがに良く研究していますね!どんなものでも、そうだと思いますが理論値と実験値というものがありますね。それでは積層の厚みを大きくすれば良いのかと云う事になりますよね?でも実際に実験して診ますと、振動も電気ももの表面を伝達するのでやみくもに積層の厚みを大きくしてもそれ程効果が上がりません。コレは私の実験による経験ですが、「わざと振動し易い薄い物を作り、それを厚みの有るもので挟む」と云う考え方です。これを全て一緒の固体にしてしまうと1個としての固有振動が出来てしまいます。(振動させてー挟むー振動させてー挟む)を繰り返した方が効果は大きい様です。(私の経験より)壁紙の件ですがちょっと気になっていました!音・空気の粗密波が壁に当る訳ですから空気の振動と壁の振動の両方は発生すると思いますが?!何故エアー・チャンバー(緩衝空/壁の隙間)を作り有効ボードなのか?を考えれば解ると思います「タンノイ」さんの理論だと有効ボードの必要性が無いのでは?

2007/8/15(水) 午前 1:46 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

アパートがなかなか無いのですよ!やはり有る程度大きな音で音楽を聴くとなると「タンノイ王子」の様に部屋を改造しなくてはなりません。でもお金をかけても他人の家ですから出る時に、また元どおりに戻さなくてはならないのです。改造が自由と云う物件が無いのですよ!「タンノイ王子」の部屋に同居を考えています!どうですかアルテックとアキュフェーズの音も一緒に聞いて診ませんか?(笑)

2007/8/15(水) 午前 1:56 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

有孔ボードに壁紙はやはりだめですか・・・。
有孔ボードに壁紙は防音会社の標準の仕様なんですよ。一応壁紙貼っても効果があるのか聞いたのですが、経験上半減はするけれどあると言っておりました。まあとにかく防音はうまくいったようなので、これからは音響調整が大切です。

違った材質の積層は厚み方向の振動減衰には効果が大きいですね。
私の上のコメントの鉛の積層についてはまさにこの効果についてのコメントです。伝わらなかったかな?ただ、電気でなくて振動が表面を伝わっているように実験上見えるのはおそらくどこかに同素材の接合点などがありサウンドブリッジを形成しているのではないでしょうか?ご確認ください。電気が表面を流れるのはあるそうですね。こちらは専門外でよくわかりません。

2007/8/15(水) 午前 9:15 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

タンノイ/ラックス対アルテック/アキュフェーズの夢の試聴会実現ですか。すごい楽しそうですね。確かに大きなスピーカーは搬入するだけでマークされてしまいそう。私の音楽室もすでに倉庫状態ですが、大きな音を出せるのは幸せなことなんですね。
やはりアパートではなく分譲型の賃貸マンションでないときついでしょうか。
あれ、そういえばマリガンさんスタジオあるんじゃありませんでしたっけ?

2007/8/15(水) 午前 9:21 |◎|TANNOY|◎| 返信する

大きなスピーカーは見られてだけでまずいですね!スタジオはバンコクに有りますよ。そろそろ一度バンコクへ戻らないといけないかな?と思っています。有効ボードの件は穴が開いている方が良いとは思いますが、スタジオではなく生活の場ですからインテリアも大切だと思います。壁を2重構造にしているのでそちらの効果の方が大だと思います。スタジオの場合は音質や楽器や歌手の定位がハッキリと解らないとまずいので人の背丈から下はデッドで頭上から上をライヴに設計して有ります(スタジオによって異なる)響きに関しては「王子」の好みがありますから私には解りません。SPのサウンドブリッジは確かにその通りです。幾つか有りますが解決法が浮かびません、やはり部屋で聴くものですから外観も大切で一番外側の木製エンクロージャーもその一つです。

2007/8/15(水) 午後 0:49 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

そうでした。バンコクでしたね。
それではオーディオたちの座り場所が心配ですね。倉庫ではかわいそうです。
うちはヨークミンスターのあるオーディオルームとしては世界最小の座を獲得できたかもしれません。もうなんとか入れたという感じですが、デッドになった分音響的には破綻せずにがんばってます。
のんびり調整していきたいと思いまーす。

2007/8/15(水) 午後 4:28 |◎|TANNOY|◎| 返信する

顔アイコン

生活空間を防音しただけで贅沢な事です!後は楽しみながらやりましょうヨ!ピアノも頑張ってイヤ、楽しんで弾いて下さい♪

2007/8/15(水) 午後 10:58 [ 頑固 一徹 ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございまーす。
そうですね。気兼ねなく音楽を楽しめる贅沢を満喫しないともったいないですね。ピアノはまだまだ必死という感じですけどね・・・。

2007/8/16(木) 午前 5:24 |◎|TANNOY|◎| 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事