AURINKO PAISTAA

おつかれさま、おかえりなさい。

おひさしぶりに

大阪に引っ越して、半年が過ぎた。


どとうの半年。

その中で、でっかい出会いが一つ。生活が一変したような、変わらないような。
この半年を乗りこえられたのは、彼の存在のおかげです。(感謝)一人では心も身体も壊していたと思います。それもようやく切り抜けられそうです。


わたしの大好きな人。いつもいつも、ありがとう。
これからも、よろしく。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

月と花火

今日見た映画のゴールデンスランバーで花火のお話がありました。

違う場所から見ている誰かも同じ花火を見ていて、お互いのことを思い出す。そーゆーのは意外とシンクロしてたりするもんだ。というお話。


私は特に月を眺めていると、そう思います。

この、どこかで誰かが自分と同じものを見ているという感覚は、自分の感じる人との距離感に似ていて、誰かの頭の上にも、自分の頭の上にも、どこにいても同じものがあるということに深い安心を感じる。


離れていても、互いに思えばいつか会える。(はず)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

kinchaku no 1

母に習って初のパッチワークに挑戦 〜2011年ニート夏。

沈黙の夏…。ちくちくとパッチワークをしていました。母は長くパッチしてるんですが、実際にやってみるとつい夢中に。(母の指導はとても厳しい)形を決めて色合わせ、ちくちく縫って形成していく過程はとてもおもしろかったです。

マリーアントワネットのDVDを見ながら、お菓子みたいなのを作ってみました。いかがかしら? 

イメージ 1

上からの図(おきにいり)

イメージ 2

横からの図

母には安っぽい田舎の娼婦みたいと言われましたが、自分的にはアメリカの場末ガールのイメージだったのでアリかと。次のテーマは黒。デザインとか色合わせを考えるのはとっても楽しい。技術に伴わない妄想が膨らむ〜。

★☆オーダー承ります!(納期未定)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事