海外ファンドで資産を作ろう!

海外ファンドに限らず、私が日頃の仕事を通じて感じている投資や資産運用の考え方などを、幅広い経済的視野を通じてお伝えしていきます!

資産運用の極意

すべて表示

「日本の家計 エンゲル係数上昇!」

こんにちは!
さて、総務省の発表によると、2016年の家計調査速報で、
2人以上の世帯の「エンゲル係数」が、前年より0.8ポイント上昇し、
25.8になったとのことです。
これは、29年ぶりの高水準な値です。
 
エンゲル係数とは、家計の支出に占める食費の割合を示しています。
一般的に、経済が発展途上にある国はエンゲル係数が高くなり、
成熟経済になるにつれ、低下すると言われています。
 
日本も戦後は高かったものの、
1980年代後半からは、経済成長に合わせ、
食品以外の支出が伸びたため、
エンゲル係数は低下傾向にありました。
 
今回、エンゲル係数が上昇した要因として、
総務省は食品の物価上昇を挙げています。
 
そのことは、2016年の消費者物価指数(CPI)が、
0.1%低下しているにもかかわらず、
食料品は1.7%上昇していることにも表れています。
 
要因としては、円安の影響で、
原材料などの価格上昇が考えられます。
 
また、食料品の上昇以外にも、共働き世帯が増加したことで、
お弁当や総菜などの調理食品への支出増も、
エンゲル係数を引き上げているようです。
反面、世帯における家事用品や被服費は減少傾向にあります。
 
娯楽や“モノ”への消費の前に、
まずは「生きるための食事」、
そして「美味しいもので癒されたい」といった
欲求のほうが勝ってきているのかもしれません。
 
こうした実体経済をみていると、
このまま「物価上昇率2%」を目指すことが本当によいことなのか、
他の選択肢も、そろそろ考える必要があるかもしれませんね。
 
それでは今週末も、世界が平和でありますように!

その他の最新記事

すべて表示

「中東&北アフリカファンド」情報! さて、今回は今までとちょっと「毛色」の違ったファンドを ご紹介したいと思います(笑)。 最近上昇の気になる“商品市場”という意味合いにおいても、今後十分に上昇余地のある ...すべて表示すべて表示

こんばんは! 寒い日が続きますが、皆さん風邪などひいていませんか? ただ寒い日が続いているせいか、今年の花粉の飛散はまだ多くなっていないようです。 まぁ、世の中、上手くできているんですね。 「すべてが ...すべて表示すべて表示

さて、お待ちかね(!?)の「豪ドル建 元本確保型ヘッジファンド」 シリーズ3の募集開始の情報を入手しましたので、今回ご紹介したいと思います。 豪ドル建の「シリーズ」は、1997年8月に第一号が設定され、今回で31本目と ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事