しあわせの灯り〜移植腎とともに

2009年10月に姉をドナーとして「血液型不適合腎移植」を受けました。

全体表示

[ リスト ]

不適合腎移植-移植手術の体験を振り返って

この腎移植の体験記は、のんびりやの私には珍しく毎日更新をめざして、がんばってきました(^^;

(多少、余分なものも入ってしまいましたが・・。)


私は移植前にすごく不安があり、腎移植体験のブログを目を皿のようにして見ていました。

手術前に、色々な情報を得ることが出来、本当に良かったと思っています。

そんな経験から、移植を予定している人たちは、きっと早く見たいのではないかな・・・と

勝手に思って更新を続けてきました。


また、血液型不適合の体験記が少なく、未だに脾臓を摘出すると誤解している人も多く、

免疫抑制剤の副作用についても誤解が多いと思ったからです。


今は副作用の多発するステロイドに代わって、新しい免疫抑制剤が次々に開発されています。

それなので、ステロイドに頼っていた昔とは、副作用の出方も違っているように思います。

さらに、私と同室だった人が 透析施設を出る時に

「どうせ、5年しか持たないよ」とか「免疫抑制剤の副作用が半端ないよ」と言われて来たと

言っているのも気になりました。

もちろん、移植腎は一生ではありません。いずれ、透析に戻ることもあるでしょう。

それは、皆 言葉に出して言わなくても覚悟していることなのです。


1995-2000年の集計によると5年生着率は91.5%、

2002年に新しい免疫抑制剤を使った結果は更に良くなっていて、年々向上し続けています。

今は2009年、薬も技術も更に進化していることは間違いありません。

たしかに、5年生着も10年生着も100%ではありません。

けれど、それはこの世に生きる人たち、全てに言えることのようにも思います。

明日のことは誰にもわからないのです。

健康な身内の身体を傷つけて、臓器をもらうという「迷いや葛藤」を乗り越えてきた私たちは、

それでも10年、20年と生着している大勢の先輩の背中を見ながら、走って行こうと決めたのです。


まだ、術後によく現れるという尿路感染症(膀胱炎)へと再入院は続くわけなのですが、

いったん、腎移植手術の入院を振り返ってみたいと思います。


この腎移植での入院期間は17日間でした。

病院によっても、また同じ病院でも科によって、入院期間の差はあるかと思います。

また、個々の状態によっても、若干違いがあるのだとは思いますが、

私が移植手術を受けた病院の腎臓外科では、全国から患者さんが詰め掛けているので、

何も問題がない場合は、術後2週間程度で退院する場合が多いようです。

また、私は血液型不適合のため術前の入院期間が、適合の人に比べ2.3日長くなっています。


ここにたどり着くまでに、24年間の苦しい腎臓病との闘いがありました。

また、腎移植を決心するまでにも、苦しい葛藤がありました。

一度決心したものの、入院間際になると 心が不安定になり、

健康な姉の体を傷つけて、苦しい思いをさせて、本当に私の決断は間違っていなかったのか・・・と

最後の最後まで、ゆらゆら迷い考えてしまったことも事実です。


そんな不安定な心を救ってくれたのは、

術前に同じ病室だった、お兄さんに腎臓を提供したドナーのNさん。

「誰に感謝されなくともいい、お兄さんに元気になってもらいたい」との一心だったNさん。


私と同じように血液型不適合で移植手術を4ヶ月前にした隣のベッドのYちゃん。

いつも「私だってしたんだから、大丈夫だよ」と不安な私を励ましてくれました。


担当ナースのきめ細かい、やさしい看護。

何度もかわるがわる顔を出してくれた担当チームのドクターたち。


私は、たくさんの出会いと 周りの人に支えられ この手術を乗り越えることが出来ました。


手術直後は、多少 苦しいこと、痛いこと等はありましたが、

過ぎてしまえば、あっという間だったように思えます。


でも、ここがゴールではありません。ここが私の新たなスタート地点なのです。

移植腎を長く生着させていくための闘いが、始まったのだと思っています。


姉が自身のブログに書いてくれています。

「腎臓は半分になったけど、幸せは何倍にもなった」・・・・と。


私は、この「何倍にもなった幸せ」を 減らさないために、失くさないために、

自分に出来ることは、最大限の努力をし続けようと心に誓っています。




最後に

この体験記が、これから腎臓移植をする方の何かのお役に立てたのであれば幸いです。


ありがとうございましたm(_ _)m


つづく。





これから移植する人に役に少しは立つかなぁと思いランキングに参加してみました。
ちょっとは役に立ったなぁ・・と思ったら文字の方をクリックしてくださいね!

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ(文字をクリック)



姉が「ドナー側の気持ち」や「ドナー体験」についてブログを書いています。
これから移植を考えているドナーやレシピエントの方は、一度覗いてみてください!

しあわせ☆はんぶんこ

閉じる コメント(7)

まぁ確かに移植腎の寿命の事を考えると、ちょっと暗くなってしまうけど
今の年齢を少しでも制限少なく生きる事は、私の人生にとっても大切な
ことだと、私自身だけでなく、ドナーである母も思ってくれているので
移植を選択することは間違ってないと思ってます。

あおぞらさんはそれでも2、3日退院が遅い方だったんですね。
でも「早っ。」って感じでしたよ^^
私もあおぞらさんのブログで色々勉強させていただきました。
これからもよろしくお願いします^^
ぽち★

2009/12/10(木) 午後 5:53 ケイ

顔アイコン

あおぞらさま、こんばんは!

素晴らしい体験記でありました
お疲れさまでした
お姉さんのおおぞらさんともども、移植を見事に乗り切られて、自分のことのように、本当に嬉しく思います

あおぞらさんが移植手術を受けられた病院は、日本で最初に生体腎移植を行った病院であり、しかも、その第一号のレシピエントの方は、今も移植腎を維持されながら、ご健在!とお聞きしています

移植者の会報を読んでおりますと、移植年齢24歳!などという方も登場されています。

一年でも、一ヶ月でも、一日でも長く、移植腎が頑張ってくれることを祈りながら、一方で、たとえそれが5年でも3年でも、その時間はこれまでの苦しかった時間に比べれば、宝物になることでしょう

一緒に頑張りましょう!

2009/12/10(木) 午後 11:21 [ ]

アバター

これまでずっと続けて拝読させていただきました。

実は私は今、息子のドナーになるべく検査〜検査に追われているところです。「私がドナーに・・」と申し出たものの果たして、検査結果がどうなるのかと、とても心配していたのですが、ほぼクリアー出来ました。(後、4種の検査がありますが・・・)

お姉さまの記事も拝読させていただき、同じ立場での心構えや、入院から退院されるまでの経緯で、大体の流れを把握することも出来まして、未知への不安も和らぎました。

2月に移植手術の予定です。


あおぞらさんとお姉さまが、今の私の道標・・・
息子と私にも、もうすぐ明るい明日がやってくることを信じて、その日を待ちたいと思います。

今日はとても寒いですね。
どうぞ、お体ご自愛くださいね!

2009/12/11(金) 午前 10:57 pearl

ミス犬さん、

そうです。その決断は間違っていませんよ。むしろ正解です。
私は今移植をして、本当に良かったと思っていますよ。
移植友との合言葉は「この腎臓、一生持たせようね」です(笑)

あっ、それから退院が2.3日遅いんではなく、術前の入院期間が2.3日長かったです(^^;
ミス犬さんは、術前期間も少し短くて済みそうですね(^^)

2009/12/11(金) 午後 2:38 あおぞら

erfangbuさん、

ありがとうございます!
私も術前にerfangbuさんのブログで、ずいぶん勇気付けられました。

そうそう、今日外来だったんですが、
なんと偶然に移植21年の方とお話する機会があったんですよ。
今もとてもお元気でした。
また、そのことも記事にしますね。

2009/12/11(金) 午後 2:41 あおぞら

pearlさん、

お読みいただいて、ありがとうございました。

私も術前は色々と不安なことがありましたが、
どうにか姉と二人で手術を乗り越えることが出来ました。

pearlさんと息子さんに、明るい未来が待っていますように!
いえいえ、きっと来ますよ♪ピカピカした未来がね(^_^)

2009/12/11(金) 午後 2:45 あおぞら

顔アイコン

心温まるコメントを、ありがとうございました。
長〜い道のりですが、1歩1歩踏みしめて生きたいものです。
あおぞらさんとお姉さまに続けとばかりに、2人で乗り越えて行きたいと思います。

2009/12/11(金) 午後 2:56 pearl

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事