移り往く季節の中で〜新館。

何時もご来訪有り難うございます。。。身近な花の季節の移ろいを写真で綴ります。。。旧ブログも再開しました。

弥生。

日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在では新暦3月の別名としても用いる。
弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって
「やよひ」となったという説が有力です。
他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、
桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。


イメージ 1
3月18日撮影、 庭にて。   ☆☆バージニアストック☆☆


3月03日。。。。。雛祭り。

3月05日。。。。。啓蟄。

3月12日。。。。。東大寺二月堂お水取り。

3月14日。。。。。ホワイトデー。

3月17日。。。。。彼岸の入り。

3月20日。。。。。春分の日・彼岸の中日。

3月23日。。。。。彼岸明け。




旧ブログ『移り往く季節の中で』も毎日更新してます。

.


みんなの更新記事