全体表示

[ リスト ]

 以前、このブログで紹介した、青島先生の医学気功により中度自閉症から回復し、平成20年3月の検査結果でIQ80、「障害非該当」となった男の子と話をする機会があった。

 彼に会った私は、近況を聞こうと「最近、何か楽しいことはありましたか?」と質問すると、「学校のグラウンドで遊びました。それから、講堂でも遊びました」と応えた。
 「では講堂では何をして遊んだの?」と尋ねると、「鬼ごっこをしました」と、きちんと、そして、とても自然に彼は応答した。
 以前から、彼が日々進歩し続けていることは、十分理解していたつもりだったが、今回のやりとりがあまりに的確で、スムーズだったので、私は非常に驚いた。一緒にいた父親に「以前は、こんなことはなかったですよね。すごいですね。彼は本当に進歩しましたね」と自分の感動を伝えた。少なくとも以前私が話をした時の彼は、まだ自分本位で不自然な応答も多かった。
 最初は話す言葉を持たなかった彼が、いつの間にか人と自然な会話ができるようになっていたのだ。

 青島先生の適切な指導のもと、現在小学2年生の彼は、2学年上の勉強でも普通にこなせるほど、学業の面でも大きな発達を遂げている。

 われわれは、安易に既成の常識にとらわれてはいけないことがわかる。

 生まれついての“障害”とされ、 “個性”としてその“障害”と一生つきあっていかなければならないという「自閉症」の子どもが、医学気功で病気自体を克服することで、十分以上の知的発達を遂げている。

 私は、このような自分が感動した出来事をこれからもできるだけ多くの人たちに伝えていきたいと思う。


 ☆男の子の父親が大明気功院に届けた手記。

 『3年前に中度自閉症で話すことができなかった息子が、現在、IQ80まで改善しました』
  http://www.daimeikikou.com/taikendan14.html

 ☆前回のブログ:『自閉症は一生治らない“障害”ではなく、医学気功で改善できる“病気”である』
  http://blogs.yahoo.co.jp/igakukikou/10347666.html




 [http://www.bloog.jp/ bloogランキング]

 [http://www.bloog.jp/search/rank.cgi?mode=r_link&id=○○ bloogランキング]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事