命ある限り

艱難辛苦、満身創痍の直腸がん闘病記

五里霧中

皆さん、「がん・ガン・癌スーパーリンク」というサイトの、今日の
アクセスランキングをご覧になりましたか?・・・ブログの更新は、皆さんの応援が力の素となります。今後とも皆さん応援よろしくお願いします。私は全国のがん患者と共に“命ある限り”歩んでいきたいと切望しております。

時間も無いので、結論だけ書きましょう。微熱の原因・・・わかりません。
ドレン管は今日、抜かれました。チューブから出る廃液は綺麗な薄ピンク色で量も少なく、これはもうすでに膿ではなく普通の体液です。ということはもうこれ以上ドレンを続ける意味は無く、言い方を変えれば「微熱の原因はここではない」と主治医が診断したからです。
結局、今日の診察で微熱の原因はわからず、五里霧中エリアへと突入しました。とりあえず・・・と言いますか、まあ現段階では気休めに過ぎないのですが、ナイキサンという薬を処方してもらいました。いやなに、ただの解熱剤ですよ。
それでは本日の講釈はこれにて。バイバイ、売買。

※今日初めて当ブログをご覧になったという方や、少し古い記事までは見てないという方にお願いします。過去の記事のうちから「ざっくり自己紹介」「最重要事項」本は必ずお読みください。いつも私がどのような思いで当ブログに携わっているのか・・・それをよくご理解していただければ幸いです。

.


みんなの更新記事