迷途覚路夢中行

ますます訳の分からない世界になってまいりました

全体表示

[ リスト ]

Windows XP の延命措置私案


なんか、ツイッターなんぞで Windows XP がどうしたこうしたと、
ヤケに騒がしいと思ったら、これかい。


http://mtm.jumble.asia/archives/93771?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter



たしかに、サポートが終了したあと、システムファイルが壊れたりして、
インストールし直しなんてことになっても、
たとえば例の「ライセンス認証」も無くなってるだろうし、どうしようもないな。


そこで、秘伝を伝授つかまつる。


まずテキトーなマシン(できることなら、CPUコアは4個以上、メモリは16ギガは欲しいよね)に Linux OS をインストールする。
(初心者は Ubuntu Linux がいいんじゃね)

つぎに、仮想化ソフトをインストールする。
(VMWare Player とか VirtualBox とか、どれも無料、タダ)

そしたら、そこに仮想 Windows XP を構築し、
普段使ってるアプリが動環境を整える。
ライセンス認証とかサービスパック3の適用とかも忘れずに

まっ、こんな感じですね。


(これは吾輩の Gentoo Linux + VirtualBox の上で WIndows XP を動かしているところ。)


でもって、このピュアな Windows XP システムが入っている仮想ディスク、つまりは Linux OS から見れば、ただのファイルにすぎないが、これをテキトーな記憶デバイス(ハードディスクとかUSBメモリなど)にバックアップしておく。


んで、もしも普段使っている仮想 Windows XP がぶっ壊れたり、ウィルスにやられたり、エロサイトで変な “病気” を移されたりしたら、躊躇することなくばっさり消去して、かわりにバックアップ・コピーをもってくればよろし。

これで、サポートが打ち切られようが、あるいは黒い魔ソフトが倒産しようが、愛しい XP を
未来永劫使い続けることができる。


ま、ここまでする必要があるのかどうか、大いに疑問だが、
どうしても Windows XP を延命させたいなら、こういう手もあるかも、ということで。。。



この記事に

閉じる コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

顔アイコン

こんばんは。
これ、XPをインストールした環境をそのままバックアップしておけばどうなんでしょう?

2013/4/7(日) 午後 11:27 [ ザキ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

おっ、お久しぶりです。


システム(つまりハードディスク)の丸ごとバックアップは、奥の深い問題です。

特に壊滅的な障害を蒙った場合のリカバリまで考えると、何らかの(非Windows系の)システムが別途必要ですが、それって結局Linuxを使うことになりますよね。


というわけで、要はLinuxをコッソリ布教したわけです(爆

2013/4/8(月) 午前 0:18 fusion <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事