北本市いじめ自殺裁判

北本市いじめ自殺裁判、中野相続裁判、最高裁裏金裁判など東京地方裁判所民事第31部(舘内比佐志裁判長)の問題

北本市いじめ裁判と中野相続裁判

北本市いじめ裁判や中野相続裁判はショッキングである。いじめは社会問題である。学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて廃人同様になった生徒もいる。イジメが原因で精神病になったり、ひきこもりになったりした生徒も何人もいる。暴力やいじめがあっても見て見ぬふりの教師がいる。イジメに加担する教師すらいる。生徒がイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメはなかった」と言って逃げてしまう。

中野相続裁判において長男夫婦のしたことは陰惨としか言いようがない。点滴の速度操作や酸素吸入拒否が問題ないと主張するならば、その苦痛がいかなるものか身を持って知るべきである。人間はそこまで醜くなれるものか。長女は語る。

「どれほど苦しかっただろうか。母の変わり果てた顔を思い出すたびに私は胸が張り裂けそうになる。だがそれ以上に母は辛かったに違いない。苦痛、怒り、哀しみ。どれほどの絶望が母をとらえたか。無念、無念だっただろう。生きている自分でさえ悔しかった。死んだ母はどれほど悔しかったか。今でも夢に見るときが有る、起きた時は冷たい汗をびっしょりとかいている」

長女の言葉には重みがある。その重みを、余韻を確認するかのように沈黙が部屋を支配した。悔しかったろう、悲しかったろう。無念だったに違いない。長男夫婦は同じ人間とは思えない。人ではない何か、別の何かである。

北本市いじめ裁判や中野相続裁判を担当した東京地方裁判所民事第31部判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)は批判されている。北本市いじめ裁判は同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなどの事実がありながら、「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」として自殺生徒遺族の訴えを退けた。

北本市いじめ裁判や中野相続裁判は裁判所の良心を試している。舘内裁判長らは良心の試験台を通過することができなかった。その結果、無数の事実誤認を犯した。舘内裁判長らは不当である。舘内裁判長らは乱暴である。舘内裁判長らは他者の痛みを理解できず、社会常識さえ忘れてしまった。舘内裁判長らは思い上がって気位ばかり高くなり、非常識のつけいる隙を与えてしまった。

頬を震わせ甲高い声で自分の意見を押し通そうとする。正しさではなく権威で相手を押さえつけようとする。とんでもない暴君が裁判官になっている。裁判官の質が低下している。慨嘆に堪えない。あまりにも多くの国民が失望し、挫折し、苦痛の中に生活している。当事者や支援者の訴えは火が熱を放つように怒りと正義の思いを放っている。

その他の最新記事

すべて表示

北本市いじめ裁判と中野相続裁判

2014/3/28(金) 午後 10:54

北本市いじめ裁判や中野相続裁判はショッキングである。いじめは社会問題である。学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて廃人同様になった生徒もいる。イジメが原因で精神病になったり、ひきこもりになったりした生徒も何人もいる。暴力やいじめがあっても見て見ぬふりの教師がいる。イジメに加担する教師すらいる。生徒がイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメはなかった ...すべて表示すべて表示

桐生市いじめ自殺裁判の前橋地裁判決は北本市いじめ裁判の東京地裁判決の非常識さを際立たせる。桐生市いじめ自殺事件は群馬県桐生市で当時小学6年だった上村明子さん(当時12歳)が2010年に自殺した事件である。両親は学校側がいじめを放置したとして市と県を相手取り計3200万円の損害賠償を求めた。 前橋地裁の原道子裁判長は2014年3月14日、原告の請求を ...すべて表示すべて表示

AKB48ドン・キホーテ裁判と北本...

2014/3/25(火) 午後 11:01

北本市いじめ裁判や中野相続裁判を担当した東京地方裁判所民事第31部がAKB48ドン・キホーテ裁判(平成26年(ワ)2189号事件)を担当する。東京地方裁判所民事第31部(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)は北本いじめ自殺裁判や中野相続裁判、最高裁裏金裁判で批判されている。 AKB48ドン・キホーテ裁判はドン・キホーテが、グループの運 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事