脱線日記

EXILE/SECONDに関するブログと、時々バラエティ番組に関するブログを書いてます。

全体表示

[ リスト ]

自分探しの旅

テレビを見ていると時々聞く『自分探しの旅』という言葉。

これだけはあまり共感できない。

なんてったって日本一のヘタレ人間を自認しているこの私。

今の生活を捨てて、何かを探しにはるばる海外まで…なんて考えただけで空恐ろしい。

そんな私が言葉も通じない、病院もない辺鄙(へんぴ)な国に自分探しの旅に出ることにした。

…という夢を見た。

学ぶのはマイナーな言語。テキストを見ると、ローマ字ではない、ミミズがはったような字。

教えてくれる現地人は肌が真っ黒な人種。

一応各国から来た留学生が集まっている。

語学を学ぶ場所は、なぜか靴を脱いで上がる、日本式の寺子屋みたいなボロ集会所。

脱がれた靴はどれもボロボロで悪臭を放っている。

そこで耳にしたこともない言葉を覚える。

4〜5人の小グループに分かれ、机もないところで車座になって先生の言うことを聞き、一人一人順番に発音練習なんかしている。

隣のグループの先生の声の方が大きくて、私はそっちに気を取られたりしていた。

そこで、2〜3人の日本人を見つけたので、うれしさのあまり話しかけてみる。

日本にいたら絶対話しかけない、意志の疎通もとれないタイプの人間だったけど、見知らぬ国で
自分と同じ言葉を話す人というだけで仲良くすることにした。

授業が終わり帰ろうとしたら、私たち日本人のきれいな靴は盗まれてなくなっていた。

こんな劣悪な環境に夢の中の私は1〜2年いるらしい。

日本の生活を捨てて啖呵をきって出てきてるから、意地でも帰国は出来ないようだ。

そしてその期間をまっとうして日本に帰国したら、待っているのはこの年で職探しから始めるという
生活。

それでも自分探しの旅だから奮闘しているという、聞いているだけで気が遠くなる夢だった。

よほどこの夢がこたえたらしく、起きたら汗びっしょりだった。

だんだん時間がたって今のは夢だったとわかり、急に安ど感に包まれた。

夢だったんだ〜。良かった〜。

そして今の環境がいかに恵まれているかがわかった。

この国にいるだけで、たいていの人とは言葉が通じるし、生活も成り立つ。

見ず知らずの人と、何の苦労もなくいきなり会話が成立するってすごい!

できれば顔も合わせたくない、嫌いだと思ってた人たち。

夢の中の、見知らぬ国で言葉が通じると言う理由だけで仲良くすることにした、あの訳の分からん
人たちより断然いいじゃないの!

めっちゃいい奴だったじゃん!

冷たくしてごめんね…。

と、数時間目をつぶっただけで、一大決心をして自分探しの旅に出て帰ってきたような気になった。

『井の中の蛙大海を知らず』と言うけれど、大海に出たところで結局気付くのは、今の自分の環境が
さほど悪くないということかも知れない。

BGM :THIS IS Flower THIS IS BEST


イメージ 1












この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ikeiketarutaruさん、こんにちは。
私は、できる限り車を使って旅するよう心がけています。 削除

2017/3/16(木) 午前 11:24 [ ミネツウ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事