ここから本文です

書庫全体表示

 
 
インドネシア、クラカタウ製鉄所”2度の大爆発”
 
昨年末の高炉決壊に続き大爆発に現場は騒然、操業再開は未知数へ
 
 
イメージ 2[スラバヤ通りのミーナ] 事故は土曜日(22/2)の朝、PTクラカタウポスコに再び起こる。 浦項製鉄会社(ポスコ)韓国とのクラカタウ製鉄(KS)との間に工場生産地合弁会社(SMP)製鋼の火災が続く大爆発。
実際には、爆発が2回、すなわち、およそ午後12時30時と午後3時までに発生しました。
 
 
イメージ 1
 
▲爆発を見守るインドネシア軍、周囲は再爆発の懸念から軍部隊によって統制された(ロイター)
 
事件は、ほとんどの人小区域Ciwandanを衝撃的だった。 Bustomik、委員II DPRDチレゴンのメンバーは、爆発音が巨大であることを述べた。
実際には、彼の声は、彼の家を振動させる。 「私は、爆発を聞いて本当にびっくりしました。 びっくり、私は最終的に爆発音が、「浸水環境、村Kubangsari、地区Ciwandanに住んでいた人Bustomik言ったかを把握するために家を出た。
爆発音だけでなく、他の人々の数家のうち、一回目の爆発音の後に。 その瞬間、BustomikはPTでクラカタウポスコエリアから立ち昇る火炎を見ました。
 「このような高い炎を見て、私はすぐに工場での事故があった知っていた。 したがって、このように爆発していないが、製鉄所の生産は、また、事故だった最後の1月に開始する、 "と彼は言った。
Syihabudin、また地区Ciwandanに住んでいた委員会III DPRDチレゴンのメンバーは、指紋照合を言われています。 彼は、PTクラカタウポスコの爆発から大きな音を聞いたとき、彼は仰天するまで、入院。 「当時、私の携帯電話は、直接には、ここを確認する。 どうやら、爆発、作業事故1月1日に発生した生産地から来た、「シハブは言った。
彼の家の前から火を見てしばらくすると、シハブは休むために戻っ家に入った。 しかし、爆発は再びそれが戻って目を覚まし作るのに約03.00午前に発生します。 私は目が覚めたまで「時間03.00午前、工場が再び爆発した。 それは、工場で何、本当に奇妙だ。 その後、私はPTクラカタウポスコの管理のための評議会の議長を呼ぶことを提案するだろう "とシハブは言った。
事件はすぐに労働局(マンパワー)チレゴンによって応答されました。 直接現場にチレゴンケトルドラム監督官Rahmatullah雇用ディス調査を実施する。 「午前中は私も氏Kadis(チーフマンパワーチレゴンアーウィンHarahap、赤)フィールドにすぐに調査を行うように頼まれ、人々の多くを報告することができます "と彼は言った。
目撃者の数から調査及び要求情報を行った後、爆発がシェル高炉(鉄の溶解炉、赤)から来たと結論付けた。 前の銑鉄流出や原因、事故、1月1日。 「それは、原因が同じツールであることが判明し、「Rahmatullahは言った。 彼は、PTクラカタウポスコが修理をしていた時に爆発が発生したことを説明した。
プロセスでは、技術者は清掃が困難である高炉シェルの鉄の塊の数を発見した。 エンジニアは、高炉を加熱して鉄の塊シェルを溶融することを決めた理由です。
残念ながら、技術者は停滞水シェルがあることを知りません。 「炉内に水が存在し、高炉シェルが爆発した原因と、水の存在は、「Rahmatullahは言った。
説明Rahmatullahはチレゴン警察署長非常勤シニアコミッショナーDonimando Defrianを正当化した。 彼は、PTクラカタウポスコSulistiadiのサイトマネージャーからの情報に基づいて、生産スペースの爆発が故障した機器からのものではない、と述べた。 「溶融鉄が水を満たすためにためにです、爆発するでしょう。 しかし、ではないため、機器の故障やその他の "と彼は言った。
別のセクションでは、PTのクラカタウポスコChristiawaty Ferania Kesegerのコーポレート·セクレタリーは、事件を認めていない人が死亡またはlukaluka。 「エンジンは結局、それが普通の爆風だ、大丈夫です。 そこには死者がなかった怪我もあった "と彼は言った。 (JPNN /クイ/デル/ BI)
 
 
 
(翻訳協力:2ちゃん番長)
 


 
イメージ 4
 
▲約20000tの備蓄してあったコークスに引火して原料炭粉砕工場が全焼
 
よくわかりませんが固まった高炉の鉄を溶かすために再点火したところ夜中の1時と3時に2回に分けて大爆発が起こったというみたいですね
しかも今回の爆発は大規模で鎮火したのが32時間後のようですから工場は全焼かもしれません。
昨年12月23日に火入れ式をおこなったクラカタウポスコ製鉄所は操業初日に高炉の耐熱レンガが決壊し韓国人技術者ら専門チーム40人が現地で復旧作業を行なっていました。
 
 
 
 
 
そしてお馴染みの韓国型弁明はこんなかんじ
 
クラカタウポスコの法務·コーポレート·セクレタリーは、確認されたようにクリスティは爆発事故や損傷したツールの存在ではなかったと主張した。合弁会社Indonesiai韓国における製造工程の一部であった大爆発による。これは、日曜日(23/2)昨日のショートメッセージ(SMS)を介してバンテンPOSにクリスティを確認した。
atensinyaしていただきありがとうございます。我々はすべての事件だけでは死傷者や被害を聞かせて存在しないと言うことができます。製造工程の一部であった大きな爆発音を聞いた。また、明らかにいくつかのメディア、クリスティへの私たちの明確化されています。
彼は、PT KPは、国内の鉄鋼需要を満たすために、生産の過程にあり、追加された。生産工程では、同社はまた、2013年12月にKubangsari Kubangsari、最後の小区域のCiwandanに出席した地域社会の人々に社会化されています。
社会では製造工程が偏っ実行されることを説明し、ほこりが大爆発の煙のような生産地から高まで上昇し、大きな音や振動を聞いた。
床が湿気としてそこに閉じ込められた水を送信送信床に保持された液体鉄の小さな部分から来ているので、音は非常に騒々しいです大声。爆風は水が高温の油と混合したときと同じだった、と彼は説明した。
精錬溶銑のプロセスであり、任意の火災やガス漏れを引き起こさないシリコンと酸素ガスとの間にある製鋼工程での反応を、停止するので、大きな音の他の原因は、彼によると、ある。
さらにクリスティがアサート、同社は、常に工場と工場運営を取り巻く地域社会の安全·安心の原則に付着している。クラカタウポスコ工場が正常に動作しているので、彼は、それについてあまりにも心配していない人々に訴えた。
すべて正常に動作して。我々は彼が言った、心配しない人々を強くお勧めします。(IGO)
 
 
 
 
あれまぁ
 
 
 
イメージ 3
 
 
 嘘だ

この記事に

開くトラックバック(2)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事