特撮 プロップス 倉庫

懐かしんでくださいましねぇ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

作品を見た当時の男の子は皆欲しがった物の1つですよね。

1966年「ウルトラマン」の科学特捜隊の隊員が胸につけてる
隊員章かつ通信機の流星バッチです。
今更の物で・・ごめんなさい。

物はピンズと同じ作り方で、スチールエッチング加工で出来ています。

これは今年初頭に、H氏からもらった物です。
たぶんM1号製の販売バージョンか、後期に作られた
非売品バージョンのどれかだと思います。
ですからオリジナルプロップでは無いですけど・・・
まぁ、それに近い物だと思ってくださいましぃ(笑)

って言うか・・これがどんな意図で作られた物か
私はまったく知らないんです・・ごめんなさい。
以前のネットオークションでは恐ろしく高額で
落札されていたのには驚きました。
そんな訳で、プロップレプリカもどきでしたぁ。

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

本当に当時は欲しかったです!こんなにキレイなバッチが当時もあったのですか?
昔は何かのオマケ?だったと思うのですが、プラスチック製で手のひらに入る大きさで(裏に安全ピンが立てに付いている)服に付けて遊んでいました。確か柔らかい材質のアンテナ(本体に収納される長さの分だけ伸びました)が伸び縮みして近所の友達と科特隊ゴッコをしていたことを思い出しました。

2007/8/14(火) 午前 9:31 たかぼん 返信する

アバター

そうそう、これ受信すると音が出てアンテナの周りに光が回るんでしたよね。
俺はウルトラ警備隊の使ってた、テレビ電話式の腕時計型無線機が欲しかった(笑
今の技術なら有機液晶を使えばコストはかかりますが、作れますよね。

2007/8/14(火) 午後 5:12 こりん星人 返信する

こんばんは、private_takabonさん。懐かしいですねぇ〜。プラスチックのありましたよねぇ。私の頃は駄菓子屋のクジかなんかで当たるオモチャの1つで、それを友達が持っていて、超貧乏だった私には高嶺の花でしたぁ(笑)今見ると何でこんなの・・って物なんですけども、思いっきり夢をもらいましたねぇ。

2007/8/15(水) 午前 1:37 [ imaginer ] 返信する

こんばんは、こりん星人さん。そうそうアンテナの先っぽがスパークするんですよねぇ。でもどうやってアンテナ引っ張って話すだけのレシーバーに、相手を判別送信出来るのかが不思議ですぅ。ウルトラ警備隊のビデオレシーバー・・現代テクノロジーで出来るかと言えば・・もう確か20年以上前にSEIKO社が腕時計型テレビを販売したんですよ。当時はオォ〜SFが現実になったぁ〜と思いましたねぇ。でもそれはチューナーは腕輪とは別で、コンパクトカセットプレーヤー・サイズの箱をポケットかベルト、または腕に固定する必要があって、まったく実用品と認知されなかったんですよ。今でこそ携帯電話で地デジが簡単に見れる事も、モバイル時代の必要性がやっとビデオシーバーに追いついて来たからだとも思いますぅ。

2007/8/15(水) 午前 1:51 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

あ、これ同じのを持ってます。僕はウルトラグッズを買ったときのおまけでもらったのですけど、そうですか、そんな高額なんですか。とても精巧にできてますものね。わかるような気がします。

2007/8/15(水) 午後 5:45 aiyou00 返信する

こんばんは、阿部さん。そうですかぁオマケに付いていた物なんですねぇ?そのオークションでの値段はゼロが4つありましたよ。誰かのページだったかと思うんですけど、このM1号製ピンズは商品用と、そのオマケ用とは柄の線太さが違うんだとか・・。私の場合はある人から頂いた物なので、どちらの物か知りませんが・・別にどっちでも良いです(笑)

2007/8/15(水) 午後 6:53 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

最初のころはゲームボーイアドバンスかなんかの
ゲームのウルトラ警備隊の初回限定で大量つけて
作ったみたいです。その後東急ハンズなんかで
5000以上ウルトラグッズを買うとおまけに
してました。
ゲームの中古屋けっこうたたき売ってるんですが。 削除

2007/8/15(水) 午後 8:35 [ 通行人 ] 返信する

こんばんは、通行人さん。途中立ち寄って頂きありがとうございます。そうだったんですか、ゲームの初回特典とかだったんですね?商業流通の観点では在庫一掃処分的考え方も仕方ないのかも知れませんが、本来この特典目当てにゲームを購入した方、もしくはそれに近い方達にとっては許せない話ですよねぇ。企画開発と流通実績データとの相違がはっきり逆に出た悪い結果なのかも知れませんねぇ・・って偉そうな事書いて申し訳ございませんでした。

2007/8/16(木) 午前 0:32 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、通りすがりの風来坊と申します。
表題の流星バッジですが、これはゲームボーイアドバンス版で、M1号版はアンテナ先端の球の部分が金色で、一目で判別できます。また、管理人さまが仰る柄の太さ云々ですが…実はM1号製の物はマークのVerが二種類あり(厳密に言うとマークの表現方法の違い)それが二個一組で専用のケースに入れて発売され、その片方の図柄はゲームボーイ版と全く同じで、明らかな違いはアンテナの先端部でした。実は両方持っておりまして、M1号版が、かつて一万五千円もしたもので(二個入り、ケース・付録付でしたが)、ゲームボーイ版が物凄く安く思えて、とても驚いたものです。まあ、前述の違いはあるのですけど(笑)
それにしても、スーツにつけてもあまり違和感ありませんし、今にして思うとなかなか洒落たアイテムですよね。 削除

2007/8/16(木) 午前 3:58 [ 風来坊 ] 返信する

こんばんは、風来坊さん。そぉ〜だったんですか、大変良く分かりましたぁ。要は、素人目に違いの分からないバッチが3種類もあると言うことなんですね?いやぁ〜ビックリですぅ。ありがとうございましたぁ。

2007/8/16(木) 午後 7:44 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

遅まきですが、私も科学特捜隊とウルトラ警備隊のタイピンとバッチ(七宝焼製です)を持っています。20年前に、原宿の某ショップで購入しました。確か1,500円ぐらいだったと記憶しています。
夏時の半袖シャツにネクタイの場合、上のタイピンをつける時もあります。極めつけは紺のブレザーを着用時には、お遊びで襟に科学特捜隊のバッチをつける時があります。以前、これを見た人が「お宅の会社はどちらですか?」と聞かれたことがあります(笑)。
今は冬場なので大切に保管しています。
あとMATのタイピンも持っています。 削除

2008/2/10(日) 午後 2:26 [ けらら ] 返信する

こんにちは、けららさん。
そんなにタイピンが販売されていたんですね?
全然知りませんでした。
「お宅の会社はどちらですか?」アハハハ・・いたって一般的社会人の質問で何かホッとしますよ(笑)
私もディズニーの仕事している時はアメリカ人デザイナー達と一緒に、ディズニーキャラのピンズをジャケットの襟に付けてた時期を思い出しましたよぉ(笑)

2008/2/10(日) 午後 3:01 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

確かタイピン&バッチのメーカーは、ゼネラルプロダクツ(現・海洋堂)でした。当時は他にはウルトラガン(バキュームフォーム製?)とかスーパーガン(同)も出しておりました。 削除

2008/2/13(水) 午後 11:01 [ けらら ] 返信する

こんばんは、けららさん。
ゼネプロ・・懐かしいですねぇ〜。
私が高校生だった頃、特撮大好きマニア→ダイコンフィルム→ゼネプロ・・そんな時代の経緯が頭よぎりますぅ(笑)

2008/2/14(木) 午前 2:17 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

大変お久しぶりでございます。…ゼネプロ製品ですが、当時、タイピンとバッジが七宝焼で出ていました。なお、ステッカーがゼネプロの物が、後に海洋堂に権利が移管して発売されましたが、ウルトラガンはバキュームフォームの物がゼネプロからのみで、スーパーガンは海洋堂からのみ、キャスト製で実物を型どり修正した物が出ていました。…当時、自主制作ビデオに使う為、数丁をキャストで複製しましたので間違いありません。ちなみに先端の銃身は伸びたままでした。
老婆心ながらお知らせさせて頂きます。 削除

2008/2/29(金) 午後 3:25 [ 風来坊 ] 返信する

お久しぶりです、風来坊さん。
ゼネプロからそんな物まで出していたんですねぇ。
バキュームのウルトラガンありましたねぇ〜。
スーパーガンも売ってましたよねぇ〜。
そう言えば両ガンともヒルマさんだったか・・アイアンキャスト製で高額なの出していませんでしたっか?・・ってかなりいい加減な記憶なんですけどね(笑)

2008/2/29(金) 午後 7:16 [ imaginer ] 返信する

顔アイコン

こちらにも失礼致します。丁寧なレス、ありがとうございます。金属製ガンはバイスという会社から発売されていました。スーパーガン、ウルトラガン、マットシュートもあり、昨年夏に倒産したホビットというショップには、まだマットシュートがありましたっけ。ヒルマさんからはマルス133と警備隊のパラライザーですね。ちなみに銃身が伸縮するスーパーガンはキャスト製で一度だけ、エステルという会社から出ていました。後は銃身が固定か着脱式です。…初期のウルトラのプロップはとても好きだったので、色々探し回ったものでした(笑)余談ですが、スパイターショットの樹脂製キットや、プロップと同じビデオシーバーも二度発売されていましたっけ。 削除

2008/3/1(土) 午前 7:10 [ 風来坊 ] 返信する

こんにちは、風来坊さん。
そんなに沢山のスーパーガンが出ていたんですねぇ。特にスパイダーショットは初耳でした・・欲しいかも(笑)
ある関係者の方が、以前「ひし美さんの誕生日にビデオシーバーをプレゼントする・・」って言ってたの思い出しました。彼が持っていたのはオリジナルか、その商品化か?・・とにかくオリジナルを持っていてもおかしくない人なもので・・(笑)

2008/3/1(土) 午後 0:50 [ imaginer ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事