ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全125ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新年早々・・・

こんにちは

新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

Yahoo!ブログに呟く機能がなくなったので、ここに書きますが・・・
そういえば、全公開で書くのも何年振りだろう?(笑)

新年早々、VorTechが逝ってしまいました
初期型のブルーのコントロラーなタイプのです^^;
分解してみたんですが、ドライサイド内部にあるベアリングがダメなようです。
近くにホムセンでもあれば、ベアリングとプラー買ってきて修理できるのになぁ
こんな離島にホムセンなどあるわけもなく(苦笑)

どこかにVorTech MP10のドライサイド落ちてないかなぁ〜
不要になったの丸ごとでも良いんだけどね(笑)
吉報!お待ちしております

ではでは

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
 
イメージ 2イメージ 4イメージ 5イメージ 3 
 
 
 
お気に入り登録、お友達登録頂ける方はゲスブまでご一報お願いします!
ご挨拶に伺わせて頂きますので、よろしくお願いします^^
 
お声掛け無しの登録は削除拒否させて頂きます。
イメージ 6

この記事に

生後一週間

こんにちは
 
 
 
昨日、一昨日と大荒れ だった礼文島です
 
ちなみに今日もフェリーが欠航しておりますので・・・
今日で欠航も3日目となり、お店から生鮮野菜と牛乳が消えました(爆マジ)
 
新聞は来ないし、通販している荷物も届かない・・・
離島住みを恨みますね(苦笑)
 
 
さてさて!
タイトルの生後一週間!
何が一週間って・・・
前回お知らせしたカクレクマノミの稚魚
 
 
イメージ 1
 
まだ1cmに満たない魚体なもんで、写真撮るのに大変大変
 
 
イメージ 2
 
どこに居るのか分かりやすいように、マーク入れてみました(笑)
写ってるだけで9匹いましたね^^
 
1週間経って、落ちる子もいなくなり・・・
現在20匹のちびクマ達が元気にしております
 
 
昔々も書きましたが・・・
今回の稚魚飼育の設備と、ここ1週間の世話の状況をまとめておきたいと思います。
少し楽させてもらおうと思い、少し経費をかけてみました!
ってか、手抜き???
 
孵化する前に用意しなければいけないのが、稚魚の餌となるワムシ
これは孵化した当日から飼育ケースに放たなければいけないものなので、最低でも1週間前から用意します。
 
 
イメージ 3
 
先ずは一次培養ケース
 
これはワムシを培養(増やす)為のケースです。
毎日ワムシの餌となるクロレラを与えるのですが、このクロレラが曲者でして・・・
臭いがウ○コ臭いんです
その○ンコ臭いクロレラの容器を冷蔵庫で保管しなければいけないのですよ
食品の入ってる冷蔵庫にウン○臭いものが入った容器を保管するなんて、考えたらできないので考えない
ようにしてます(爆)
だらけですね(爆笑)
 
1週間〜2週間程度で一次培養ケースがワムシでい〜っぱいになります
これを稚魚達に与えるためのストック用ケースに移します。
今回はコック付きの培養ケースを用意したので楽ちん楽ちん
コックを開けてワムシネットで濾しとるだけ〜
 
移し終わったら一次培養ケースを綺麗に洗い、再セットします。
ストック水槽に移したワムシは稚魚の餌として与え続けるのでそのうち無くなってしまいます。
そこでストックケースから少しだけワムシをもらい、一次培養の再開です
するとストックケースのワムシが無くなる前に、ワムシが培養されて餌(ワムシ)を切らす事無く稚魚達に与え
続けることが出来るというわけです
 
これがワムシの一次培養ですね
注意点としては、培養液、ストックケース液は共に濃度低めの塩水(人工海水を溶かしたもの)を使う事
それと、ワムシは水温が低いと増えないので培養液、ストック液を25〜30℃にしてあげましょう
我が家では、比重は1.015
培養水、ストック水はケース下に温度固定式のパネルヒーターを敷き、温度管理しております
 
これでカクレクマノミの稚魚達に与える餌の準備ができました!
次は生まれてから1週間、私が稚魚達の生存の為に手助けしてきた事柄をまとめます。。。
 
1日の流れとしては・・・
 
孵化した日は、取りあえずワムシを流し込み寝ます
 
朝起きたら飼育ケースの換水なのですが、これは朝に限らず出来るだけ小まめにする方が良いと思います!
ただ、生まれたばかりの稚魚達はとても小さく弱いので、注意が必要です!
私はお子ちゃま用のプラカップで上澄みを掬い捨ててるのですが、寝ぼけながらやるとコップに稚魚が入っ
ちゃうんですよ(笑)
底の掃除をするときは、ストローにエアチューブ繋いで吸いだしてるんですが、この時も注意しなきゃ稚魚が
吸いこまれてしまいます(汗
掃除が終わったら人工飼料をミニすり鉢で粉状になるまで擦って与えます
 
お昼休憩に帰宅した時も同じように換水
換水が終わったらワムシを与えます。
これはストックケースから、ワムシネットで二掬い程度のワムシを栄養強化したものになります
 
 
イメージ 4
 
栄養強化剤を入れ、12時間置いてます。
3〜12時間で栄養満点のワムシになるそうですので、12時間置いたものの方が栄養価が高いでしょう(笑)
 
二次培養したワムシをお昼に与えたら、またワムシを二次培養しておきます。
この時も培養液の比重は1.015です
 
夕方、会社から帰ってきて換水
今度は人工飼料を粉状まで擦ったものを投与します。
 
そして0時頃に換水をして、お昼に強化しておいたワムシを与え、またワムシを二次培養しておきます。
 
これを毎日毎日繰り返します
稚魚達の状態を見て、完全人工飼料に切り替えるまでは・・・
 
 
あ!
試しに購入してみた冷凍食品(バイタルコペ)なのですが、カクレクマノミの稚魚には大きすぎましたので、もう
少し成長してきたら与えてみたいと思います(笑)
 
ワムシ、ケース、栄養強化剤など、稚魚飼育に関するもの一式、以前もお世話になりましたが・・・
日海センターさんにお世話になってます⇒ http://nikkai-web.com/
送料が、もう少しなんとかなればなぁ。。。
 
また何か変化があったら書き留めておこうと思います
 
 
 
ではでは

この記事に

奇跡の3泊4日

こんばんは
 
 
いつもは内緒記事しか書いてないんだけど、今日は特別
私の海水魚飼育生活のなかでも、いちにを争うくらいの出来事がありましたのでオープン記事で(笑)
 
もうこれで『内緒さん』とは呼ばせない(爆)
 
 
最近、とあるショップさんが気になっていたんです。
Yブログ海水SPS部門(そんなのあったっけ?)ではナンバーワンと思われる方がオススメされていたショップ
さん!
 
そのショップさんはYブログにも可愛い可愛いミドリイシ達をアップされていますね
突然友達登録依頼があり、私も気になってたんで即行OKのお返事しました(笑)
 
ホームページも拝見しましたが、どれもこれも惹かれる個体ばかり
我が家の水槽が900・・・1200あればなぁ って思うくらいイイ感じのミドリイシがたくさんです
 
Yオークションにも出品されてますね! ← 安すぎると思うのですが・・・
 
ある日のこちらのショップさんのYブログ記事で・・・
店長さん、我が家の30㎝SPS水槽にぜひ!!って言ってる?
俺の大好きなスギノキまで、ひでさんの30㎝水槽で飼われたい♪って言ってる?
 
なぁ〜んておバカな事を言ってる間に
 
ひで : まとめてお試しいっちゃいますか!
店長 : いっちゃいましょう!!
 
ハイ決定♪(笑)
お互いやる事が早い早い
 
早くても2泊3日!
最悪3泊4日!
サンゴ達には申し訳ないと思いながらも、こちらのショップさんの販売と保管、発送と管理のクオリティーの
高さを信じ、通販です
 
その結果、最悪の3泊4日の到着となってしまいました
 
が、なんとぉ
 
イメージ 1イメージ 2
 
共肉も痛むことなく、なんとか無事に3泊4日の旅をして我が家までやってきました
 
正直驚きましたねぇ
ミドリイシの活きの良さ!
嫌な臭い一つなく、とても4日掛かって届いたとは思えない状態でした!
それだけ生体の管理梱包愛情誠意がしっかりされている証拠ですよね^^
 
今はまだ長旅の疲れをいやして頂いてる状況なのですが、見ます?
ただ置いただけなんですが・・・
と言いながら、そのままの配置になると思いますがね(笑)
 
では、3泊4日の旅を終え、今日のお昼にご入海頂いたミドリイシ達です!
 
イメージ 4イメージ 5
イメージ 6イメージ 3
 
下段向かって右のオトメミドリイシ?の側に、なぜ箸が刺さっているかと申しますと・・・
仮置き状態なのでマガキガイさんがひっくり返したりするんで、支えです
なんて適当なんだろう
 
今日到着したばかりなので、まだまだ油断はできませんが・・・
この奇跡を起こしてくれたショップの皆さんとミドリイシ達の為にも・・・
今後は飼育者の私の管理一つですね!
って、自分にプレッシャーかけてみる(汗
 
最後にこの素晴らしいミドリイシ達を無事に届けてくれたショップさんのご紹介です
          
          
spice reefさん 

この記事に

金魚水槽サイズダウン

こんばんは
 
 
変更記録記事です^^
 
 
≪2012/3/27 タンクデータ≫
 
イメージ 1
 水槽:エーハイム EJ-30H(30×30×40)
 
 ろ過機:テトラ オートワンタッチフィルターAT-60
 
 ろ材:専用バイオバック
     Micro-X mini 金魚用
 
 照明:GEX フラットビーム オーロラ(可変色LED)
     テトラ ミニライト ML-13W WW
 
 照明制御:GEX アクアクロック デュアルタイマー
 
 ヒーター:GEX ICオートヒーター DS150
 
 底砂:№01 SpringWater(湧水の砂)プレミアム 3ℓ
 
 石組:深山石 & 流木
 
 エアストーン:いぶきセラミック 丸25φ #180 
 
 エアポンプ:水作 水心SSPP-3
 
 添加剤:バイオダイジェスト(月一回1アンプル)
 
※ガラス面に映ってる手やデジカメは無視して下さい(笑)           コンディショナー:Aqua-X 金魚用(換水毎)
 
 
 
 
イメージ 3
イメージ 2
≪飼育生体≫
 
・金魚(金魚掬いで掬ってきた子)
・コリドラス パンダ × 2匹
・サイヤミーズ フライングフォックス
・ミナミヌマエビ × 5匹
・バットマンスネール
・フネアマガイ × 3匹
・アヌビアス コンゲンシス(水草)
  
                         やっぱパンダはかわえぇ〜なぁ〜♪   照れ屋さんでチョイメタボなサイミー
 
 
 
水槽を入れ替えてみて・・・
金魚さんは、やっぱ背高水槽よりも横に長い水槽の方が良いね
 
 
ではでは

この記事に

全125ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事