ここから本文です
まつじいのフォトぶろぐ。
日常の話題は、facebookの方に移行しました・・・。

書庫全体表示

イメージ 1

PS-1は日本の海上自衛隊が運用した対潜哨戒機、新明和工業によって製造された。国産の飛行艇。生産数は、23機

運用開始は、1970年

退役:1989/3/17

スペック。

 

乗員 - 12

全長 - 33 m

全幅 - 33 m

全高 - 10 m

重量 -

エンジン - GE/IHI T64-IHI-10ターボプロップ×4

出力 - 47 kW×42,850 ESHP×4

最大速度 - 545 km/h

航続距離 - 4,000 km以上

兵装:魚雷 最大4本(Mk44Mk4673式短魚雷)、対潜爆弾 最大6発、ロケット弾、

 

車輪はあるが、ランディング・ギヤではなく、専ら地上走行用のもので、滑走路への離着陸は出来ない。基地に隣接した水域で離着水し、基地内へはスロープを使って出入りする(車輪は海水内でも出し入れできる)。

 

哨戒機としての大量導入には至らなかったPS-1だが、新明和が計画したPS-1多用途化の一環として、救難機として利用することが決定した。対潜哨戒機能の代わりに救難機器を設置、さらに陸上離着陸のために、揚収用のビーチングギアに変えて、ランディングギヤが取り付けられた。白と灰色の機体には救難機を表すオレンジのアクセントが入り、名前もUS-1に変更されて、197535日より海上自衛隊に導入された。

イメージ 2

1981年製造機からはエンジンを転換して出力が増強されたUS-1Aとなり、21世紀にUS-2の登場に至っている。

イメージ 3
海上自衛隊岩国航空基地所属のPS−1・・・。
撮影(1978/05/05)

閉じるコメント(2)

  • 顔アイコン

    おはようございます。
    お〜っ、PS−1ですね〜。
    このビーチギヤの細さが堪りませんね〜。
    まぁ、US−1からのランディングギヤからすると構造が簡単なのでメンテナンス側からすると有益だったかも知れませんが・・・。
    でもPSは事故で結構死者が出ているんですよね〜。
    今で言うとV−22と同じですかね?
    ポチっ!

    kajibooh

    2012/6/24(日) 午前 7:48

  • 顔アイコン

    >kajiboohさん。:こんにちは〜。この機種の事故。多かったようですね・・・。
    岩国ならではの機種でしたが・・・。
    古い写真が出て来たので小分けにしてアップしてます・・・。
    ポチありがとうございます。

    まつじい

    2012/6/25(月) 午前 10:36

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事