インターカルト日本語学校 スタッフブログ

東京秋葉原にある日本語学校のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

電話と日本語

こんにちは。インターカルトの米山です。

 

最近の電話と日本語についていくつか考えてみました。


① 「ストラップ」は死語?


イメージ 1

カタカナの授業で、教科書に「ストラップ」が出てきた。

「皆さんが携帯につけているのが、ストラップです」と意味を説明したが、学生は「?」

学生の携帯はみんなスマホで、誰もストラップをつけていない。

時代の変化に今さら気づき、しばし呆然。

確かに電車の中でもスマホにストラップをつけている人は見かけない。

気になってネットで検索してみると、こんな書き込みがあった。

 

「ストラップを付ける事自体が慎重な日本人特有な文化ですから、海外スマホだと付けいてる=ダサいというイメージがあるので、あまり付けている方は居ませんよ。」

 

なるほど。だとすると日本文化としての「ストラップ」のルーツを考えると根付に遡ることになり、土産物屋でストラップが定番なのも納得がいく


② 敬語が使えなくなっているのは携帯電話のせい?
イメージ 2
こんな記事を見かけた。

「固定電話の時代は、電話に出た友人の家族など一度は誰か別の人を通さないと友人と話すことができませんでした。相手によって言葉遣いを変え、敬語を使う機会が多かったのです。しかし、現代では携帯電話で話したい友人と直接話すことができるため、敬語を使う必要がありません。」(筑紫女学園大学日本文学科中村萬里教授)

 

確かに昔は女の子に電話すると必ずお父さんが出てきて、緊張しながら敬語を使わざるを得なかった。そして電話口の声は威厳のある昭和の父親だった。

 
③「友達」の意味も変わる?


イメージ 3

今の電話の使用方法は通話より、メールやSNSでのコミュニケーションのほうが多いかもしれない。

でもFacebookで会ったことのない人から突然リクエストが来る。「はじめまして」も「よろしくお願いします」の挨拶もなく、「友達」になる。

 

「友達は実際に会って話したり、けんかしたり、仲直りしたり、相手の気持ちを考える関係だと思う。」(NHK「今夜も生でさだまさし」)

 

時代によって「いいね!」の評価も変わるのかもしれませんね。

この記事に

開く コメント(0)

学期末 校外授業へ!

 

こんにちは。

 

佐々木です。

 
 

 

今日は、校外授業ということで、


クラスの学生さんたちとお台場へ行ってまいりました。



 

しかし!


今日はあいにくの雨。 というか大雨…でした。

 
 

自分たちで行き先を考えて決めましたが、

 

「えー、やだー」「面倒くさい」ってならないといいなと心配。

 

移動中、先生方からは「雷が鳴っているよ」「大丈夫?」などと,


心配の声もいただきました。

 
 
 
  


しかしながら、

 

皆さん、雨なんか気にせずに、

 

大雨の中にあるレインボーブリッジに見とれたり、

 

「雨にぬれちゃダメゲーム」なんかを考え、

 
 


 
イメージ 1

 
 

しっかり雨とお台場を楽しんでいました。

 
 



 

奇跡的に(?)雨が止み、太陽も顔を出し、

 

最後はお約束のようにガンダムの前で。

 
 
イメージ 2

 

皆さんの明るさに、またエネルギーをいただいちゃいました。


進級する人、今学期で修了する人といろいろいますが、


また皆さんとこんな感じでどこかに出かけられたらいいなと思っています。

 
 
 
 
 
 
 

以上、2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL 目が離せない 佐々木でした。

− 明日朝500“サムライブルー”日本VS“ロスカフェテロス”コロンビア戦を前に −




この記事に

開く コメント(1)

Webサーバー移転に伴い、スタッフブログも引越ししました。

新しいブログはこちらです

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

年末カウントダウン



2013年、あっという間に年末カウントダウン。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。


今年はいろいろいろいろありました。
振り返ってみてプラスかマイナスかと考えると、
プラスだったんじゃないかなと思います。

 
学校では毎年年間を通していろいろな行事があります。
もちつき、豆まき、日帰り旅行、一泊旅行、スピーチ大会、大忘年会、
交流会やクッキングパーティなどなど。
どれもわいわい賑わいます。

でも毎年の行事の一つに、
実はあまり知られていないのがあるんです。


それがこちらです。


イメージ 1












「大掃除」です。


この1年間いろいろな方にお世話になっています。
そして学校にあるものにも感謝しないといけませんね。
机、椅子、ホワイトボード、ペン、ドア、窓、教科書、パソコン、階段、
教室、時計、電気、テープ、CD、テレビ、DVDプレーヤー、トイレ、などなど。
 

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


















 
イメージ 5


イメージ 6


教職員全員で掃除してピカピカに磨きます。
「1年間ありがとう」
「そしてこれからもよろしくね」と。


皆さんの今年1年間はいかがでしたでしょうか。
きっとプラスだったのではないかなと思います。



それではそろそろ掃除に戻ります。

皆さん良いお年を!


佐々木

この記事に

開く コメント(0)

ハンサムな先生

T:米山先生は、学校で一番・・・形容詞で
S:「きびしい先生です!」
T:「米山先生は、学校で一番・・・な形容詞で」
S:「ハンサムな先生です!」


イメージ 2
 
新しいクラスに入ったとき、あいさつ代わりに学生に必ずコーラスさせています。
これで初級の形容詞が定着?します。
 
ところで、な形容詞の代表「ハンサムな」に対して、実際に使っているかしら、という疑問を持っている方も多いのではないのでしょうか。
 
それに代わる類語を調べてみました。
・美男子/美男 : 正統派の美しい男をいうが、ややものものしい。
・二枚目 : 歌舞伎の色男の役の意から、美しい男を指すようになった語
・色男 : 女性に好かれ、女性を引きつける魅力のある男
・ハンサム : 形容動詞として使われる (なるほど、な形容詞は、「ハンサム」だけなんですね)
(類語例解辞典)
・イケ面 : 容姿がすぐれている男性。 若者語。「いけてるかっこいい」の略に「面」あるいは「メンmen」をつけたものといわれる
(大辞林 第三版)
 
でも、どれもぴんときません。
というより、何かが足りないように思えます。
 
そこで語源をで調べてみました。
英語「handsome」からの外来語で、つまり手を意味する「hand」といくつかを意味する「someただしこの場合のサムは〜しやすいという意味の二つの単語から成り立つ言葉である。そしてその意味は「手で扱いやすい」となる。つまり、顔立ちが良いと女性を手で扱うことも容易であることから、「ハンサム」と呼ばれるようになった。
(語源由来辞典)
 
顔立ちが良いと女性を手で扱うことも容易???

もしかすると、「ハンサム」はhandsomeよりもっと日本的な意味に使われているのかもしれません。
 
そんな折、先日終了したNHK大河ドラマ「八重の桜」でこの言葉を見つけました。
 
「彼女(妻の新島八重)は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。私にはそれで十分です。」(新島襄)


イメージ 1

 
そうか、ハンサムは見た目だけじゃなくて、生き方だったんだ。

これからは外見だけでなく、生き方も磨かなければ。

ハンサムな先生の米山でした。

この記事に

開く コメント(0)

全58ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事