1月20日

今日は、いよいよトランプ大統領の就任式。
昨晩は、たまたまTVでオバマ大統領の8年間の軌跡を観る事が出来て、
やっぱり人格的には、素晴らしい大統領だったな〜と。
何枚かの写真や映像を見ながら、本当に寂しい気持ちになりました。

威厳と言うか、良識も高く尊敬できる大統領。
世界情勢、国内情勢、経済、安保....その他数えきれないほどのファクター(要素:世界情勢・他国の影響・財政・経済・紛争)を加味・検討しながら、自分本位の意見や考え方とは違う事を進めなければならない場面、会社の経営以上に一般市民に口外できずに進めなければならない判断や決済。国内外からの圧力。
改めて、世界の、アメリカ大統領という立場は大変なんだろうな〜と。

もちろん、見方によっては、“ポリティカルコレクトネス”の強い理想主義という見方もあり、またクリミヤ半島への介入や南沙諸島への対応が、曖昧で悪かったという方々もいらっしゃるでしょう。

今回のアメリカの大統領選挙では、なんだかんだトランプがヒラリーさんに勝った訳で。
改めて、アメリカは発展している東海岸・西海岸だけではないんだ!
富裕層・知識人・エリート だけの国では無いんだ!
ということなんじゃないでしょうか。

日本にとっても、“国の防衛”“外交”を自主的に考える意味でも、いい機会になっているのではないかと個人的には思います。
自衛隊や国際協調、アメリカの支援なしで、自国の防衛が成り立っていると勘違いしている、“うらやましい平和主義の日本国民”も多くなってきている今、また、中国やロシアが強権的な国策を進めている中、国防を真面目に考えるいい機会かと。(戦争主義者ではありませんが)

トランプさんだって、オバマ大統領の2期目には出馬を検討していたぐらいですから、それから早や4年。 表面的な演出よりは、しっかり考えて練られた方針・施策があるのではないか?と。

“アメリカファースト”で関税をかけると言っても、国内で消費(物価)は、高くなってしまう訳で、また、ドル安では、輸出は良くても、輸入資材は高騰し、一般国民からすれば生活費の高騰も。
金利・金融・為替も含め、バランスが必要ですからね〜。
途中でいろいろと修正してくる事も多いでしょう。

激動で楽しみな1年になりそうです。

この記事に

新年、明けまして、おめでとうございます!
酉年の2017年。
昨年にも増して、激動の予感がいたします。
弊社、お客様・業界関係者の皆様、私、スタッフ一同、本年も引き続きご愛顧賜れますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

20日からは、トランプ大統領が本格的に始動。
これにより、世界が動きを変える。
ユーロもこの1〜2年で崩壊へまっしぐらに進む様相。

毎年、加速度的に事業環境(経済環境)が変化する中、私的な面でも、誘惑・詐欺・犯罪・事故などをうまくかわしながら生きていかなくてはならない時代に。
安全・健康管理は、自分次第。
ましてや、長寿化している中、家族の事柄もかかわってくる。

業界でも、約7,000社残った(4万社以上あった)同業者が、毎年600〜650社平均で廃業が進む時代に。
とにかく、勝って勝って勝ち続けるしか、生き残れなくなってきました。
的確にユーザー様のご要望に変幻自在にお答えできるように日々努力・精進するのみでございます。

今年もまた1年、忌憚のないご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます!!!




この記事に

開く コメント(0)

年の瀬

暫く、間が空いてしまいました。
年の瀬ということもあり、ほぼ毎日、年末のご挨拶でご来社いただく日々が続いております。
無論、年末の駆け込み需要もございますので、私も、納品のヘルプをしながら、ご挨拶まわりを。
前期8月の決算でも、たかがしれていますが、目標の105%以上の売上結果でしたので、このような経済環境の中では、本当にスタッフを褒めたいし、感謝もしています。

最近は、12月にしては比較的暖かい日も多く、また、10年前、20年前よりは、文化・風習面で“年の瀬感”“年末・年始感”がだいぶ薄まってきているように感じます。
バブル以降の不景気というのもありますが、昔はたくさんいただいていた年賀のギフト商品(タオル・カレンダー含む)の取り扱いが、極端に無くなりました。(弊社だけではないと思いますが。)
また、デジタル化や印刷技術の工場に伴い、年賀状印刷も激減。
会社・自宅などのお飾り(車のグリルなんか)も減り、親族で集まる行事も減り....と、近年は文化・風習面で寂しい気がします。

そんな中、先週、業界大手の社長様にご来社いただきました際にも、同じようなお話が上がりました。
私も毎年、2週間ぐらい毎日朝礼でスタッフに注意をするのですが、“せめて、年末・年始のご挨拶の時だけは、しっかりやってこい!”と。
“年配者は、慣れでいい加減にするな!”
“若手は、お客様の部課長様のデスクにも名刺を置かせてもらえ!”って。
(日頃の感謝をお伝えするためにも)

やはり、日本文化は、武道(剣道・柔道・空手)に代表されるように、“礼に始まって、礼に終わる”んだと。
“親しき仲にも礼儀あり” “挨拶1つ、満足に丁寧に気持ちを込めて、精一杯、感謝をお伝えする” 事さえできない人間は、何もできないし、誰からも評価されない、相手にされない!

最近、年をとったせいか、なんかそういう事にうるさくなった気がします。
自社のスタッフの指導・教育を棚に上げ、何を言いたいか、というと....
ご来社いただく関係者の営業マンや担当者でも、“気持ちが、敬意が無い挨拶というのは、本当にいやなものです。”
本心から言えば、みっともない挨拶をするなら、やらない方が、まだ、印象がいいのに!と。
ご来社いただいた社長様も“共感するし、耳が痛い”と、おっしゃられていました。

ま〜、自分の事を考えても、先人(日本人)が作り上げてきた文化・風習・伝統を簡素化・形骸化していないか?と、問われれば、甚だ恥ずかしい限りですが、全てが、時代の変化・グローバル化・効率化のために無くなって行くのは、やはり寂しい気がします。

業界的にも、毎年ギリギリ28日まで納品業務をしているので、担当者にとっても全てのユーザーにご挨拶が出来ない場合もございます。
プレーイングマネージャーとしての幹部も、部下の全てのユーザーにご挨拶に同行するのも、限られたスタッフでは限界が。
それでも、年末・年始のどこかのタイミングで、“今年(昨年)も大変お世話になりました。また来年(今年)も引き続きご愛顧・お引き立て賜りますよう宜しくお願いいたします!” っていう仕切りは、絶対に不可欠。
コンプライアンス上、会社間のお中元・お歳暮まで控えるようになった今、ご挨拶が堂々とできるチャンスは、本当に少ない。

我が業界自体、昨今のオフィス作りの流れに伴い、エントランスにパーティションを建て、巡回営業をやりづらくしている(自分で首を絞めている)事も考えると、外交員のスタッフが本当に“お客様を理解し、お客様のために活動が出来ているか?!”ということが大変気になります。

携帯・スマホ・デジタル化・メール・ネット....と、社会は、便利になっていく一方なのに、本来それを使いこなさなければいけない人間自体が、コミュニケーションスキルを奪われ、空洞化(幼稚化)していっている気がします。(自分でも思い当たる事柄は、たくさんありますが)

せ・め・て・ .....、年末・年始のご挨拶だけは、チャンとやってこい!
と、朝礼と会議で言い続けたのですが...どれだけ理解してもらえたか...。
偉そうな事を言っても、若い時にそんなに考えて出来てたか?と言われると、返す言葉がありませんが、小さいながら会社を率いる上では、責任を感じずにはいられないし、できるだけでも、そういう“うるさい指導”は、続けていかなければ.....と。

オリンピックを契機にインバウンドが4千万人になる時代。
グローバル化に飲み込まれずに、独自の文化やおもてなしの発信をして行く上で、自分の国の文化の教育・継承というものをもう一度、家庭でも教育現場でも考えてもらいたい。
留学経験上、自分の国の事(文化・風習・経済・伝統)について、ほとんど説明できなかった苦い経験した者として.....
ダンスや英語、受験勉強も必要だけど、本当に知らなきゃいけない事(自分の国の事)をしっかりと勉強・習得して、自分なりに考え、意見できるようになり、訪日外国人の方々とコミュニケーションが出来る人間作りが必要だと思います。

お客様をはじめ、ご関係者の皆様、本年も弊社をお引き立ていただき、誠にありがとうございました!!!
ご挨拶に伺えなかったお客様には、失礼してしまいましたが、是非、来年も弊社“とら屋事務株式会社”をお引き立て、またご指導賜れますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
良い年越し、新年をお迎え下さい。

追記:宝くじが当たりますように! wwwwwwwww

この記事に

12月8日

先週末、金曜日〜日曜日まで、大分県中津市まで父親を連れ、墓参りに行ってまいりました。
墓参りと言っても、私のひいじいさん・ばあさんが入っている墓と仏壇のお参り。
私は東京生まれですが、半分の血は母親方の岩手県北上市。
山口県下関市のクォーター。(父方のばあさんの竹林家)
大分県中津市のクォーター、ということに。(父方の爺さんの故郷)

両親の不用品の断捨離をしている中で、爺さん方の資料や写真が出てきまして... 、 ま〜、親父も最後になるだろうと、決断して行ってきました。
まず羽田空港で親父が驚いたのは、バーコードでの自動発券機。
イメージ 2
バーコードをかざし、名前の確認。
座席の変更など。 →チケットが発行される。
次に、横にある自動手荷物機へ。
イメージ 3
搭乗券をかざし、搭乗する便の確認。
機内へ預ける荷物をセット。
すると.....、シャッターが閉まり、荷物が自動的に飛行機へ。
これには、親父もビックリ。
“もう、飛行機にも乗れないな〜”って。wwwwwwwwww
羽田空港→大分空港へ

イメージ 1
大分空港からレンタカーで約1時間。
有料道路、高速道路を3本走り、中津市へ。
本家へ行き、仏壇を拝ませていただき、その足で目先の墓地へ。
最初で最後になるかもしれない、ひいじいさん・ひいばあさんのお墓をお参りを済ませ、ひと段落。
夕食は、フルコース。田舎の野菜にお刺身。鱧のお鍋にたくさんのお酒。
田舎を知っている方なら、ご想像のとおりです。
翌日、親戚と朝食を済ませ、一路、中津城へ。
イメージ 4
イメージ 5
記念撮影などをしながら30分ほど、散策。
予定もなかったので、急遽、耶馬渓の紅葉を見に行くことに。
イメージ 6
イメージ 7
景色を見ながら、約40分で耶馬渓ダムへ。
イメージ 8
またまた、30分ほどぶらぶらしてから、中津駅前のスーパーホテルへ。
大浴場でゆっくりしてから、夕食のお迎えが。
新鮮な河豚のコースに特上のお酒。
あっという間に、4時間が過ぎ、解散。
翌日は、ホテルで朝食をとり、大分空港へ。
よいお墓参りが出来たと思います。

5日はには、コクヨさんがご来社いただき、表彰のご挨拶をいただきました。 
午後は、富士ゼロックスさんのフェアに東京フォーラムへ。
凄い機能満載の新機種が勢ぞろい!
なのに....価格が驚くほど安い!
販社としては、あまり喜べませんね〜。
安いというのは、消費者にとっては便利ですが、売上が上がらない。
新しいインク(上位機種からの流用)も素晴らしい。

ただ、今のオフィスは、“ペーパーレス化”がうたわれている時代。
ゼロックスさんも出力しないで、ファイルやデータ管理が出来る機能やソフトだらけ。
本体が安くなり、出力枚数も減り、
複合機ビジネスは、今後、どうなるのでしょうか?!

この記事に

11月27日

27日の日曜日の午後、八芳園に行き紅葉を見てきました。
写真は、友人が行った2週間前のもの。
イメージ 1
綺麗ですね〜。
イメージ 2

ま〜、感じはそっくりそのまま写真通り。
小さい庭園ですが、コンパクトでとても綺麗でした。
私たちは、カフェで軽食&ドリンク。
クロワッサンが美味しかった〜〜〜!
施設自体は、結婚式で大賑わい!
何組、式を挙げているのだろう?というぐらい来賓の方々も多かった。
皆さんも、来年、チャンスがあれば、是非、足を運んでみて下さい。

28日月曜日は、板橋区観光協会40周年の式典に参加。
下村博文は、欠席。

夜は、“エコール・レディース・ディナー”。
母・妻・スタッフ2名を渋谷の
セルリアンタワー東急ホテルへの送迎。
食事が今までで最高だった〜! と、大喜び!
4人とも景品をいただいて、帰ってまいりました。









この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事