ザ・真正護憲論(新無効論)<大日本帝国憲法は現存しています!>

「日本国憲法」は憲法として無効ですが帝国憲法の下位規範(講和条約)として有効です。ツ→@inosisi650

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1




この記事に

閉じる コメント(12)

いのししサン、こんばんわ。こちらも転記させてください。よろしくお願いします。

2008/12/20(土) 午後 9:04 [ ++アイサイ ] 返信する

どうぞどうぞ、ありがとうございます。

2008/12/23(火) 午前 10:46 いのしし 返信する

おもしろいから、ここにも谷田川氏の文面リンクしとこw
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/mukouronkasetu.htm

2012/1/7(土) 午前 1:29 いのしし 返信する

帝国憲法に規定のない参議院設置がなぜ有効なのかこれ読んだら?
http://kokutaigoji.com/books/kokutaigojisouron_4/4-4-3-13_kenpotekijoyaku.html
参議院(新設の技術的規定等)は講和行為(講和大権)の産物として帝国憲法に矛盾しませんね。批判対象を読んでない者による批判は真正護憲論の理論精度とはまったく無関係だというよい例です。
無効論ではなく改正論でなぜいけないのかというと、改正論や自主憲法制定論が、その実質が原状回復を否定する究極の正統憲法破棄論だからです。法よりも意思を上位におく国民主権主義者でないと出来ない芸当です。意思を上位においている無法者の典型が改正論(有効論)でも無効論(無効論)でもどちらでもよいといいはる遵法心ゼロの「本来無効論」者です。

2012/1/7(土) 午前 2:13 いのしし 返信する

帝国憲法は外国人による憲法改正への介入を許容していません。マッカーサーが発案したという1点だけでも75条(発議大権の天皇一身専属規定)違反です。
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/18302246.html
それに対し戦時中に外国人が関与して合意成立するのは講和条件(講和条約)です。

2012/1/7(土) 午前 2:26 いのしし 返信する

日本の悠久の歴史が醸成した立体構造の祖先の叡智(→規範国体)を発見し平面に投影された成文憲法を、それも天皇によって確認的に発布されたものを、自分(谷田川氏)が考える目的が達成できるなら「改正論でも無効論でもどちらでもよい」などとないがしろにできる設計主義のエセ尊皇家で「法を守るか守らないかはオレさまが決める」などという国民主権主義の人物を、よくもチャンネル桜は採用しているな〜?日本馬鹿チャンネル桜か?社長しっかりしろよ。左翼がすこし勉強したら保守もどきのおじさんおばさんが喜ぶ保守風味の言動をして工作するくらい朝飯まえでしょ。表面的な知識にだまされてるな。

2012/1/7(土) 午前 9:38 いのしし 返信する

この谷田川氏が「国体が守られたのだから」というときには「天皇の身体が維持されたのだから」という程度の意味しかなく、規範国体(法)が維持されたのか、破壊されなかったか、現在破壊されつづけているのではないか、などは完全に議論の外部に置かれている。あれだけ皇統の議論でやかましかった「法の支配」日本でいう「規範国体の支配」はまったく無視されるダブルスタンダードである。われわれは祖先が残した遺産(叡智)の中で生かされている遺体だという認識があれば祭祀国家の法(規範国体)を無視し「どれを継承するかはオレさま(生きている人間)が決める」などとは絶対にいえないはずです。

2012/1/7(土) 午前 9:39 いのしし 返信する

冴えわたる詭弁w↓意図してやってないなら本物の馬鹿だ。
解っててやってるのなら工作員決定!
−−−−−
‐犠柯謹論に対して、無効な法的行為は、例え天皇であっても有効とすることはできないという意見もあります。承詔必謹論は天皇主体説だと批判する。△靴し、その無効な法的行為というのを、75条の類推適用における“天皇不在”を根拠としているのが皮肉といえる。
−−−−−
,賄然の内容。△話田川氏のすり替え。天皇不在を根拠としているのではなく、天皇不在の改正は(明文化されるほどに)禁止され、断行しても効なしだという法(祖先の叡智)の存在を根拠としています。なにか問題があることを真正護憲論者が主張しているような書き方がされていますが、騙されないように。いずれも生身の一天皇の意思や言動の効果は、それよりも上位にある規範国体に支配されているという単純なことから導かれる結論なんですけどね。

2012/1/7(土) 午前 10:11 いのしし 返信する

顔アイコン

あけましておめでとうございます。昨年初めてこのブログに出会って大変勉強させていただきました。今年もよろしくお願いします。
チャンネル桜掲示板で谷田川氏は、南出先生と議論するとか約束しておきながら、ただ逃げ回って自分のブログで負け犬の遠吠えしてるようですね。
いのししさんにチャンネル桜掲示板まで出張していただき、コテンパにのしていただきたいところです。 削除

2012/1/7(土) 午前 10:16 [ naokoyan ] 返信する

顔アイコン

いのしし様。
上記のURLを開けたら、なんだヤタちゃんでしたか(笑)で、とりあえず謹んでざっと拝読いたしましたら、もう、目眩がしてくるほどの素晴らしさ!腹筋がひきつりました。いわゆる承詔必謹論や法的安定性に関わるくだりには、正直シビレマシタ!参った(笑)まあ、各論はどうあれ、この人、國體と天皇、憲法(典範)との相関する意味と意義を弁えておられぬ事が全体から臭ってきます。クサいです。あげく、天皇と国民は國の難局をのりこえるために受け入れたのだから我々も・・等云々・・・結局感情論ですか?私はこの人から聞きたい。そもそも國體とは、天皇とは何か。その御存在の意義は何かを。・・・しかし、イイですこれ、何がいいって想定問答用の絶好の「ネタ」になります。謹んで活用させていただきます。
あと、一部で話題の人、倉山君はどうなったんでしょうかね。御本人ヤル気満々とお見受けいたしましたが。この際純粋な”学術論争”として南出先生と直接対論していただきたいと思うのですが。倉山君、期待してますよ(笑)。 削除

2012/1/7(土) 午前 11:51 [ こゆるぎ@相模國 ] 返信する

naokoyanさん あけましておめでとうございます。谷田川氏と南出先生の議論、約束されてるのなら実現されるでしょう。楽しみです。もしも対談の収録など必要な場合協力させていただきます。それにしても、あれだけたくさんの無効原因のうちの、たった一つに難癖つけただけで無効論は仮説だっていいはる神経はどうなっているんでしょうね。論よりも人間を疑いますよ。ほんと。この方の本、いちおう買ってあったのですけど読む気なくなりましたわ。

2012/1/7(土) 午後 9:32 いのしし 返信する

こゆるぎ@相模國さん こんばんは。やっぱりそうですよね。おかしな論文ですよね。私が改正論や自主憲法制定論の立場だったとしても、あんな恥かしい無理すじの理由づけの文章しか書けないとしたら表に出さないと思いますよ。逆効果ですから。しかしそれもわからないくらいの頭のレベルなんでしょうか。おなかが痛いですよね。倉山氏のほうも私も楽しみで期待してます。どうなるでしょうね。

2012/1/7(土) 午後 9:41 いのしし 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事