ここから本文です

書庫全体表示

貴重な時間を使ってこれだけの資格をとって、死ぬ時に資格によって幸せな人生を過ごせたと感じられるのですか?
これは筆者のブログ過去記事のコメント欄にある方から実際に寄せられた質問です。
既にコメントを返信済みですが、示唆に富む内容ですので記事本文で改めて述べたいと思います。

ご質問を分析して見ます
ご質問の趣旨を以下の通りに分解させていただきます。
①筆者の終えん時点で幸せな人生であったかどうか
②資格をいくら取っても筆者は幸せにはなれないのではないか
③幸せになれない事をするのは、筆者の人生の無駄ではないのか

以上につき順番に説明させていただきます。

人生の終焉での幸せとは
あたりまえのことですが、何に重きを置くかによって答えは変わってくると思います。
筆者の場合、家族や仕事より資格取得が優先することはないと思っています。
仮に家族と仕事を捨て去って、自分を向上させる事のみを幸せと見なした場合には、資格取得が意味を持つ可能性があると思います。
但し、筆者は向上することが自分の幸せとは現状断言できません。

たくさん資格を取れば幸せですか
資格を取ることは、物の見方が紙一重変わるだけのことと筆者は思っています。

紙一重の積み重ねを何枚かしても、それで幸せにはなれる訳ではない思います。
ものの見方が変わっても、それが筆者のレベルアップになっているのかさえ確信が持てません。
何も実利を生まないカラ資格を重ねても、あたかも外見は幸せを求めて迷うばかりのようです。
たくさん資格を取っても幸せとは無関係かと思われます。

迷いながらも紙一重の努力を重ねるのが人生
お金を貯めるのが幸せならば、お金を貯め、
出世が幸せなら、出世の為に、
友人の多さが幸せなら、友人の為に時間を使うのが妥当でしょう。

筆者は、自身の修行のために資格取得をしているようなものです。
但し、資格が自身の向上に有効かすら保証されません。
迷いながらも幸せと無関係に努力を重ねるのも人生です。

なので、「こんなに資格を取って、幸せな人生でしたか?」の問いには、
幸せかどうか分かりませんが、これが筆者の人生でしたという答えになります。

イメージ 1

この記事に

  • こんばんは。伯父とかもたくさん資格をとっていました。
    資格は使うかどうかは、状況次第です。
    とっておいて損をする資格はないと思いますが。

    [ テンちゃん ]

    2017/3/16(木) 午後 8:41

    返信する
  • 顔アイコン

    面白い質問される方がいらっしゃるんですね〜。
    「好きでやってる」ってそれだけで良い気がするんですが。(笑)
    私もipn*015さんも、たぶん、「負けず嫌い」で、何かに勝負を挑んでいたいタイプの人間なんじゃないかな?って思ってますが、いかがですか?

    バニラサンド

    2017/3/16(木) 午後 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > テンちゃんさん
    こんばんは。おっしゃる通り、マイナスになることはないですね。
    資格が役立つ時があれば、ラッキーです。

    [ ipn*015 ]

    2017/3/16(木) 午後 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > バニラサンドさん
    コメントありがとうございます。
    好きになってないと資格取得は続かないですね。

    ご指摘の点は当たっているかもしれません。思わずうっと息を呑みました。

    一度不合格になった試験は再び受ける気は無くなりますね。

    [ ipn*015 ]

    2017/3/16(木) 午後 9:02

    返信する
  • 資格を取るって、「生き甲斐」の一つと思えばいいと思います。
    確かに人生、様々な過ごし方がありますが、資格を持っている人がモノを言うのと、ど素人がモノを言うのとでは、相手の聴く姿勢が変わると信じています。

    幸せの感じ方は人それぞれですし、むしろ批判、叱責される筋合いはないと思いますよ。
    逆にその方には、「あなたにとっての”幸せ”の定義は何ですか。」と伺いたいです。

    [ ant_dipole ]

    2017/3/17(金) 午前 4:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    言われる通り、私が資格を持っていて相手と話すと、仕事の上でも相手の聴く姿勢が全く違った経験が私にもあります。
    例えば宅建士を持って不動産業界の方と話した時とか、無線従事者資格を取って通信業界の方と話した時などです。
    しかもその道を極めた相手の方ほど、資格を評価してくれる気がします。

    幸せについては人それぞれですし、今自分が幸せと感じているか否かによって意見が変わってくると思います。

    [ ipn*015 ]

    2017/3/17(金) 午前 7:24

    返信する
  • 顔アイコン

    詳細を省きますが、私の仕事仲間でも”我々の仕事には資格などいらない”と頭から否定する輩がいますが、そんな認識を持つ労働者を雇う側はどう思うのか?居場所がなくなるような気がします。私は次の様に考えます。仕事をする以上、つまり給料を貰う以上は更なる知識の習得は組織に所属する者の義務だであって、形を求めた結果として資格証があり、それが増えただけです。幸せかどうかではなく生き残るために努力しなければならないという単純な話だと思うが・・・つたない文章ですいません。

    [ 甑だいごろう ]

    2017/3/23(木) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > 甑だいごろうさん
    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り、一労働者として常に知識の向上が求められると私も思います。
    知識を向上させる努力をすれば、仕事も深まるし、組織も向上するのではないかと思っています。
    組織に所属する者の義務というのは、全く同感です。
    資格者証というものは、私にとって知識を求めた過程を思い出す手掛かりのように思えます。

    [ ipn*015 ]

    2017/3/23(木) 午後 10:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事