ここから本文です
いるま模型同好会のブログ
目指せ5月13日静岡ホビーショー!

3月定例会

早いもので、今年ももう3月です。暖かな今日12日に定例会を開きました。
今回もみんなの持ち寄った作品を囲んでワイワイ模型談義しました。
今月は飛行機一色となりましたが、3月定例会の作品をご覧ください。

まずは私、OTBの作品から並べたいと思います。
イメージ 1

イメージ 2
キネティック1/72 F−16Iスーファです。武装をたくさんぶら下げて迫力満点です。
イメージ 3

イメージ 4
1/72 ハセガワ F−2B 航空自衛隊50周年記念塗装(松島)なのですが、とんでもないミスをやらかしています。実機は垂直尾翼の伊達政宗を目立たせるために、濃いブルーの迷彩はされていなかったのですが、うっかり普通に塗ってしまい、せっかくの記念マークがまったく目立たないという致命的ミス。しかしデカールを貼ってから気づいたので、後の祭り。そのまま完成させました。トホホ。

イメージ 5

イメージ 6
こちらは1/72ハセガワF−2A改造のF−2スーパー改です。こちらも武装をてんこ盛りにしてみました。コンフォーマルタンクをハセガワのF−16Dから、エンジンノズルをタミヤのF−16から拝借したところ、とてもかっこよくなりました。以上OTBの作品でした。

ここからは吉田さんの作品群です。今月はカットラス大会ですよ。
イメージ 7

イメージ 8
1/72 フジミ製F7U-3 VF−124です。とても不思議な格好の飛行機です。2枚の垂直尾翼、水平尾翼は持たず、飛び出ているコックピットととても個性的です。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

同じく1/72 フジミ製 F7U−3M VA−116。

イメージ 13

イメージ 14
1/72 フジミ製 F7U−3M VX−4です。大きなアメリカ国籍マークが懐かしさを醸し出します。アメリカ海軍のカラーリングは模型映えします。こうやってたくさん並べるのにとても向いていると思います。

イメージ 15

イメージ 16
吉田さんのカットラス無双、最後の作品はF7U−3P。1/72フジミ製です。銀塗装に機首のカメラ、ド派手な黄色のライン。ウルトラマンに登場しそうですが、こういった珍しい機体をキット化してくれたフジミ模型さんに感謝です。フジミさんの飛行機シリーズはバリエーションが豊富で、揃えて並べるのにとても向いていると思います。しかし最近はなかなか店頭でお目にかかれないので、これから作りたいと思ってもなかなか難しいのです。吉田さんは豊富な在庫で次々と完成させて毎月我々に披露してくださいます。毎月私の頭の中で大昔のガンプラのコマーシャルでのナレーション、「ジオン脅威のメカニズム」が流れています。今月もありがとうございました。

次はTOSHIさんの作品です。
イメージ 17

イメージ 18

1/48 テスター製 ジービーR1です。今年の秋定例展示会テーマ作品をもう完成させてしまいました。なんといってもこの樽のような飛行機、たまごひこーきかと思ってしまいますが、スピードを追い求めての結果この形にたどり着いたレーサー機です。赤と白のカラーリングが光沢で美しく仕上げられています。

次もTOSHIさんの作品です。
イメージ 19

イメージ 20

1/72 モノグラム製 グラマンF8Fベアキャットです。ネイビーブルーも美しく、主翼の折りたたみを再現しているなど、さすがの出来栄えです。

今月のトリはYSさんです。
イメージ 21

イメージ 22

1/48 マニア製 九七式戦闘機です。リベット大好きYSさん絶賛のキットです。今回の作品の中では一番大きなものでした。機首の有機的な曲面が独特です。赤いラインといい個性の強い作品です。

と、今月はここまで。このほかにも製作中のものもありましたが、撮影はしませんでした。エッシーのファントムIIとかハセガワのF−35Aなど、来月以降の完成が楽しみです。いいよ5月は静岡ホビーショーなので、次の4月定例会はその打ち合わせもしたいと思います。4月定例会は9日(日)を予定します。その次の5月はホビーショーに行くため定例会は実施しない予定です。

それではみなさま、静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展の準備もよろしくお願いします。できれば次回定例会に持ち込む作品名などのデーターをお持ちいただければ助かります。では、また来月。

この記事に

開くトラックバック(0)

2月定例会その2

それでは後半戦行きます。
TOSHIさんの1/72作品群です。今月も素晴らしい出来です。

イメージ 1

イメージ 2
エアフィックス製 グロスターグラディエーター。


イメージ 3

イメージ 4
レベル製1/72 RAF S.E.5a。本当に小さくて、手のひらに乗り切ってしまう大きさなのに、そうは思えない精密さです。


イメージ 5

イメージ 6
同じくRAF S.E.5aです。


イメージ 7

イメージ 8
こちらはローデン製 1/72 フォッカーD.VII。この模様がすごいです。デカールだそうですが、これを貼るのも大変ではないかと思います。


イメージ 9

イメージ 10
同じくフォッカーD.VIIベルトホルト機。翼の下側からの写真を撮っていないのですが、上のフォッカーと同じ模様で、そのコントラストが面白いです。
今月もため息の出る作品をありがとうございました。

ここからE.MIZUMURAさんの作品。
イメージ 11

イメージ 12
バンダイ製 1/144 FGガンダムです。意外とがっしりしたプロポーションで、テレビアニメのイメージではないんですね。私は組み立てたものは初めて見たかもしれません。

そしてこれまた初めてお目にかかりました。
イメージ 13

イメージ 14
フジミ製 プラエボルタくん。スケール表記が1/1です。関節の動きが滑らかで、いい感じでポーズが付けられます。電池を本物と取り替えてあります。反則ですね。残念ながら電動で登ったりしませんが、1/1なので、電池はぴったりはまります。

最後は戦車で。
イメージ 15

イメージ 16
1/35 プラッツの超重戦車マウスです。大きい。YSさんの中戦車チハが砲塔とほぼ同じ大きさでした。乗り降りするのにハシゴは不可欠でしょうね。

ということで、2月定例会を終わります。写真こそ撮らなかったものの、組み立て中の作品もたくさん持ち寄っていろいろ作品作りについておしゃべりしました。来月以降の作品も楽しみです。
そして静岡ホビーショーまであとわずか。3ヶ月ほどです。そちらの準備にも注力してくださいね。
次回の定例会は3/12ですかね。前期の会費を集めようと思いますので、同好会員の皆様、よろしくお願いします。

この記事に

開くトラックバック(0)

2月定例会その1

2月12日日曜日、いつものポムドテールさんで2月定例会を開きました。
今回も作品を持ち寄りワイワイ楽しくおしゃべりしました。

今月も吉田さんから参りましょう。
フジミのホーネット祭りの開催です。

イメージ 1

イメージ 2
フジミ1/72 F/A−18C VFA−94マイティシュライクスです。派手なカラーリングをデカールで再現しています。

イメージ 3

イメージ 4
フジミ F/A−18C VFA−192ゴールデンドラゴンズ。

イメージ 5

イメージ 6
フジミ1/72 F/A−18B VMFAT−101 シャープシューターズ。複座型のホーネットです。

イメージ 7

イメージ 8
フジミ1/72 F/A−18A VFA−97ウォーホークス。

イメージ 9

イメージ 10
フジミ1/72 F/A−18C VFA−195 ダムバスターズ。

こちらだけレベルの1/72、F/A−18Fです。
イメージ 11

イメージ 12
みんな大好きジョリーロジャース F/A−18F VFA−103です。こうして並べてみるとレガシーホーネットとスーパーホーネットの違いがよくわかります。まさに模型の醍醐味です。

ここからはYSさんの作品です。
イメージ 13

イメージ 14
中島 天山攻撃機12型 ハセガワの1/48です。YSさんは雷撃が大好物だそうで、魚雷が入っていたらぶら下げずにいられないのだそうです。なので、次の作品も魚雷がぶら下がっています。

イメージ 15

イメージ 16
タミヤ1/48 ボーファイター。そんなわけで2本目の魚雷です。大きくて迫力があります。

次はモデルグラフィックスのマガジンキット三菱九試単座戦闘機です。
イメージ 17

イメージ 18
1/72なので手のひらにすっぽり収まる大きさです。綺麗に銀塗装されております。

イメージ 19

イメージ 20
YSさんの最後は1/35 タミヤ 九七式中戦車チハです。丁寧に塗り分けられた3色の迷彩塗装と黄色のラインが鮮やかです。飛行機も戦車もこなすマルチぶりです。

毎月定例会に作品が並び、いろんな話でワイワイやる第2日曜日が本当に楽しくて仕方ありません。それでは、今晩はこれまで、また明日。

この記事に

開くトラックバック(0)

1月定例会その2

それでは続きです。
TOSHIさんの作品から
Fw190A−6 白の11 1/72ハセガワです。本当に1/72なのかと我が目を疑います。

イメージ 1

イメージ 2

それではマイナーなところ始めますよ。TOSHIさんはホビコムでの投稿をしており、そちらで詳細を知ることができるため、スケール、キット名などをそちらからそのままコピペさせていただいております。ありがとうございます。

POTEZ63−11 1/72エレール 同好会をやっていると、自分の知らないもの、特に古いプラモデルを見ることがあり、これが一つの楽しみになります。エレールは国内流通はあるものの、模型屋さんが少なくなった昨今なかなか出会うことはありません。古くなればなおさらです。
 そういうものの完成品に出会えるのはまさに同好会にいればこそです。それが一堂に会する静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展には奇跡と夢が詰まっているのですよ。もう、今から楽しみ。
イメージ 3

BREGUET693 1/72 エレールですが、これが二つ続きますよ。
イメージ 4

イメージ 5

TOSHIさんと吉田さん、YSさんは定例会に相当数の完成品を持ち込んでいただき、みんなの話題の中心です。数年前は定例会に作品を持ち込む方は少なく、なんとなくおしゃべりするだけでしたが、完成品を中心に技法やマテリアルなどの模型を作るための知識や経験の共有だけでなく、実機や背景に関する薀蓄、ひいては人生経験の話などが聞けて話せる定例会がとても楽しいです。やはり、模型は作って、完成してナンボだなぁとしみじみ思います。
 もちろん、いろいろと事情があるので、完成品をお持ちいただけない方もいらっしゃいますし、私もどちらかといえば完成品まで漕ぎ着けたものを持ち込む方が少ないのですが、それでも次回はなんとかして完成させて持って行きたいというモチベーションアップにつながっています。
 とは言え、難しいことは考えず、楽しくおしゃべりしに来てもいいという、緩めの活動がいるま模型同好会のカラーとして今後も続けていきたいというのが今年の抱負ですかね。

閑話休題。TOSHIさんのトリはBREGUET693ビシー政権機です。エレール1/72。
イメージ 6

イメージ 7

迷彩なのに識別のために派手派手なのって、人間のすることって面白いですよね。

さて、1月定例会のトリはE.MIZUMURAさんのF−86Fで飾りたいと思います。
1/48ハセガワ製で電飾が施されています。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

雲のうえに乗せることで飛行姿勢を表現する大胆な手法です。
E.MIZUMURAさんは若いのに最近の新しい飛行機よりも2次大戦の旧日本軍機やジェット黎明期の飛行機がお好みです。

さあ、来月の定例会は2月12日日曜日が予定ですよ、お願いします。
そして静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展まで4ヶ月ほどですので、そちらの用意もお願いしますね。
それではまた!

この記事に

開くトラックバック(0)

11月は入間市産業文化センターでの展示会、12月は忘年会で定例会はお休みでしたので、2ヶ月ぶりの定例会です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

早速、今月の作品たちを紹介します。
今回も吉田さん無双です。今月はセイバードッグとファイティングファルコン祭りですよ。
ハセガワの1/72F−86Dです。
イメージ 2


イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ハセガワの1/72F−16Bです。ここからも吉田さんです。
イメージ 12

イメージ 13

同じくハセガワ1/72F−16Cです。
イメージ 14

イメージ 15

ハセガワ1/72F−16CJです。
イメージ 16

イメージ 17

ハセガワ1/72F−16Bフライトテストセンターです。
イメージ 18

イメージ 19

お疲れ様でした。来月は何が飛び出すのか、とても楽しみです。

ここからはYSさんの作品です。まずは飛行機から
エデュアルドの1/48 F6F−3ヘルキャットです。
イメージ 20

イメージ 21

続きまして、IL−2シュトゥルモヴィク1/72。メーカー名は聞き忘れてしまいました。
イメージ 22

イメージ 23

こちらもYSさんの1/72零戦52型だと思うのですが、メーカー名を聞き忘れたどころか前からの撮影もし忘れてしまうという失態をしてしまいました。
イメージ 24

次もYSさんです。
イメージ 25

イメージ 26

1/72メッサーシュミットBf109E−7ですかね。今回も色々メモし忘れてきてしまい、特にメーカーは一つも聞いてこなかったですね。すいませんです。


メッサーシュミットBf109G−6ですね。1/72です。これもメーカー名聞き忘れました。
イメージ 27

イメージ 28

戦車もありますよ。これはものすごく久しぶりに作った戦車模型だそうです。
YSさんの1/48 III号戦車N型です。
イメージ 29

イメージ 30

今日の締めはYSさんの作品で。1/35II号戦車G型です。
イメージ 31

イメージ 32

YSさんも飛行機、戦車、艦船と守備範囲が広いです。素晴らしいです。

あとTOSHIさんの作品とE.MIZUMURAさんの作品がありますが、また明日ということで、本日は中断させていただきます。
次の定例会は2月第2日曜日の12日を予定します。
そして、5月は静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展が控えています。5月13、14日はもうすぐにやってきますので、精一杯楽しみましょう。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事