那須の山だより

那須高原の新緑、紅葉、雪情報 & 百名山への挑戦〜

那須岳・夏〜登山レポ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

  今日、4日ぶりに好天が望めそうだったので那須に登って来ました。 当初は流石山の
お花畑の様を見に行く予定でしたが、なんと林道が工事中で今日まで通行止め! 予定を
変更し、明日登山ガイドをする茶臼岳に登って来ました〜。


夏山レポ   那須・茶臼岳(1915m)


登山日   平成28年7月1日(金)

 天気   晴れ   20℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 茶臼岳


イメージ 1

   今日は風もなく穏やかの登山日和。 でも、湿気がすごく蒸し暑かったです。


最初に向かったのは、
イメージ 2

                            ↑流石山のお花畑でしたが、


イメージ 3

  観音沼の先の林道が、来週の開山祭に向け林道の補修中。 
                         今日で工事は終了し、明日から通行できるとのこと。

  林道補修は有難いですが、ここから登山口まで9km歩くのは無理〜。


迷わずに撤退〜。
イメージ 4

   那須・平成の森に寄り、


イメージ 5

    峠の茶屋Pに向かいます。
            明日、学校登山ガイドがあるので、その下見を兼ねて登りましょ〜。


イメージ 6

       登山口にはニガナ。 


イメージ 7

   ベニバナニシキウツギは花期が長い!


イメージ 8

   ウラジロヨウラクはそれ以上に長い!


イメージ 9

   もうすぐ中の茶屋跡。


イメージ 10

    コメツツジも開花中〜。


イメージ 11

     中の茶屋跡。   下界は曇りでしたが、那須の稜線は雲海の上でした〜。


イメージ 12

    マルバシモツケと朝日岳


イメージ 13

    その先にもたくさんマルバシモツケが咲いていました!


イメージ 14

   今、ここの主役はウラジロタデ。


イメージ 15

    ウラジロタデは地味ですが、アングルによってはなかなか映える花です。


イメージ 16

    茶臼岳に向かいます。  噴煙はかなり少なめ。


イメージ 17

    梅雨の合間の青空は素敵ですね〜。


イメージ 18

   那須小槍も健在!


イメージ 19

     茶臼岳のお釜に到着。


イメージ 20

 もうすぐ山頂。


イメージ 21

    茶臼岳着
                


イメージ 22

     周回して下山します。
                     50人以上に会ったかな?


イメージ 23

    下山後は、りんどう茶屋に寄ったり、


イメージ 24

  那須高原ビジターセンターや環境省の事務所に寄り、
                             情報交換などをして今日の山行は終了〜。


次回は、那須岳学校登山 ですが、天気が心配〜。

この記事に

  金曜日に朝日岳の鎖場補修に行ってきました。事前に環境省の事務所に寄って指示を
もらい、鎖場の安全確保をする予定で出かけましたが、現場は甘くはなく、またもや仮補修
になってしまいました。


夏山レポ   那須・朝日岳の鎖場補修

                              *手ぬぐい撮影はありません。
  

登山日   平成28年6月24日(金)

 天気   曇り  14℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋P  −  鎖場


イメージ 1

     峠の茶屋P   梅雨時はガスの時が多いですね〜。


イメージ 2

    登山口を出発。


イメージ 3

    山の神のあたりではニガナが満開。


イメージ 4

   ベニバナニシキウツギがまだ咲いていましたョ。


イメージ 5

   下のコメツツジも開花中〜。


イメージ 6

   マルバシモツケは満開中〜。


イメージ 7

   中の茶屋跡   ガスが晴れてきました。


イメージ 8

      ウラジロタデも生き生き!


イメージ 10
 雲海がキレイ!



イメージ 9

    剣ヶ峰のトラバースにはまだお花がいっぱい!


イメージ 11

    アカモノは終盤。


イメージ 12

    ベニサラサドウダンはピークを過ぎた模様。


イメージ 13

    ギンランは満開。


イメージ 14

   ウラジロヨウラクは終盤です。


イメージ 15

    振り返ると茶臼岳。   噴煙は少ない状態が続いています。


イメージ 16

   朝日岳に向かう途中には、


イメージ 17

    クロマメノキが開花していました〜。


イメージ 18

  裏那須も雲海。  山にいて良かったと感じる瞬間です!

            梅雨時は那須の稜線は雲海の上にあることが多いんです。


イメージ 19

    朝日岳の鎖場に向かいます。


イメージ 20

  あらら〜、抜けると危ないから外しておいたのに、誰かが元の位置に戻していました〜。

 これ、鎖を引っ張ると簡単に抜けるからかえって危ないんです。


イメージ 21

    こんな感じ〜。  勢いがつくと尖ったアンカーが飛んできます!


イメージ 22

     セルフビレイとヘルメット着用で補修にかかります。


イメージ 23

   アンカーを鎖から抜こうとしたのですが、途中の留め具が錆びていて、
 自分の工具じゃ歯が立たない!


イメージ 24

     ここも外せないので、結局アンカーは鎖から抜くことが出来ませんでした。


イメージ 25

   仕方なく、アンカーを鎖と針金で固定。


イメージ 26

     5回ほど全体重をかけて鎖の強度とアンカーが動かないか確認しました。
   両方とも安全であることを確認して、今日の作業は終了。

    帰りに環境省に寄り報告。 業者の補修が入るとのことでしたが、作業までには
  ある程度の日数がかかるとのことでした。

    土曜日の学校登山ガイドは悪天候で中止。  ん〜、残念!


次回は、朝日連峰の以東岳 かも?

この記事に

  週末、学校登山のガイドがあるため、那須・朝日岳に登って来ました。朝日岳の登山道
には鎖場があるので、学校登山では直前の下見が必要です。花情報とともにレポします。


夏山レポ   那須・朝日岳(1896m)
           
                     *手ぬぐい撮影はありません。



登山日   平成28年6月22日(水)

 天気   曇り   14℃

コース   峠の茶屋P  −  峰の茶屋  − 朝日岳



イメージ 1

    峠の茶屋P      午前中は曇りの予報だったので、それなりに車があります。


イメージ 2

   ベニサラサドウダンはまだ頑張っています。


イメージ 3

     ナナカマドの花は終盤。


イメージ 4

   マルバシモツケはピークになりつつあります。


イメージ 5

    コメツツジの開花が始まりました!


イメージ 6

    ウラジロヨウラクはまだまだ健在!


イメージ 7

   中の茶屋跡。  ガスでもこれだけ視界があれば充分です。


イメージ 8

   ここにもマルバシモツケ。


イメージ 9

   ウラジロタデもだいぶ咲きました〜。


イメージ 10

    朝日岳


イメージ 11

   峰の茶屋手前のウラジロヨウラク。


イメージ 12

   剣ヶ峰のトラバースには、まだ花がたくさんあります。


イメージ 13

   アカモノ


イメージ 14

     ベニサラサドウダン


イメージ 15

   ギンラン


イメージ 16

   イワカガミは残りわずか。


イメージ 17

   ウラジロヨウラクは、ホント花期が長いです。


イメージ 18

   ベニバナノツクバネウツギ


イメージ 19

   朝日岳に向かう登山道には、


イメージ 20

   可愛いクロマメノキが咲いていました〜。

                残念ながら、ヒメシャジンはまだでした〜。


イメージ 21

    鎖場着。  鎖の点検をします。


イメージ 22

    あらら〜、アンカーが1本抜けていました。 最近抜けた模様〜。
 
 先が尖っていて危ないので撤去しようとしましたが、
                     連結ボルトが硬くて外せなかったため撤去できず〜。
 とりあえず、鎖の強度には問題なさそうです。


イメージ 23

  朝日岳に向かいますが、ガスの時はご覧のように登山道がわかりにくくなります。


イメージ 24

   そんな時は、積み上げた石が目印になりますが、
 他の登山者に聞いたら、ペンキなどで矢印を書かないとわかりにくいと言っていました。


イメージ 25

   でも、こんな積み方だったら分かるかな?


イメージ 26

     もうすぐ山頂。


イメージ 27

   那須・朝日岳(1896m)着。

                 この時期は、雨じゃなきゃOKですね〜。


次回は、朝日岳の鎖場補修 です。

この記事に

那須・隠居倉の花情報

  日曜日に那須・隠居倉の花を見に行ってきました。 結論から言うと、隠居倉の花は開花
が始まっていました〜。ハクサンチドリなど貴重な高山植物がたくさん見られましたョ!


夏山レポ   那須・隠居倉(1819m)


登山日   平成28年6月19日(日)

 天気   晴れのち曇り   13℃

                         登り標高差=520m


                                 お花畑 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
イメージ 1

    隠居倉は地味なピークですが、この時期はお花の名所。
                                素敵な花々が咲いています。


イメージ 2

  この日も峠の茶屋Pは7:30には満車。
                             自分は下から登って来ました〜。


イメージ 3

   狛犬と環境省の入山者カウンターに挨拶をして、いざ出発〜。


イメージ 4

   今は、ナナカマドの可憐な白い花がキレイです!


イメージ 5

   マルバシモツケもかなり開花が進んでいます!


イメージ 6

   ウラジロヨウラクの花期は長いですね〜。


イメージ 7

    中の茶屋跡着。   ここでひと仕事。


イメージ 8

    2週間前の登山道整備のとき、ボロボロのロープが撤去されたままだったので、


イメージ 9

   中古のロープを30mほど持っていき、設置しました。

              左側の植生は、ロープのお蔭でかなり回復してきたそうです。


イメージ 10

  その先では、ウラジロタデが開花していました。


イメージ 11

   避難小屋前のウラジロタデも元気!


イメージ 12

   剣ヶ峰のトラバース道にもウラジロタデがたくさん!


  ここには、
イメージ 13

     アカモノ、


イメージ 14

    ベニサラサドウダン、


イメージ 15

    ベニバナノツクバネウツギ、



イメージ 16

    イワカガミなどたくさんの高山植物が咲いていました〜!


イメージ 17

   恵比寿大黒天の手前には、


イメージ 18

   シラタマノキがたくさん。


イメージ 19

     朝日岳への岩場も今日は人でいっぱいです。


イメージ 20

           ↑隠居倉

                       朝日の肩から隠居倉に向かいます。


イメージ 21

   熊見曽根から隠居倉まで距離800m、CT=40分です。


ここからは、途中に咲いていた花のみ紹介します。
イメージ 22

   白いイワカガミ。


イメージ 23

   ピンクのイワカガミ。


イメージ 24

   カラマツソウ。


イメージ 25

    ノビネチドリは何本も。


イメージ 26

    ウスユキソウはこれからですね〜。


イメージ 27

     ベニバナイチヤクソウはたくさん咲いていました!


イメージ 28

     そして、ハクサンチドリもたくさんありました〜。


  ニョホウチドリとテガタチドリは一生懸命探したけど、残念ながら見つからず〜。
 これからかな?

     


イメージ 29
    今季初なので、那須・隠居倉(1819m)でブロ友手ぬぐい撮影。
                         登り標高差=520m

                      那須・隠居倉のお花畑はもうしばらく楽しめそうですョ。



次回は、朳差岳…飯豊連峰の名山  です。         

この記事に

那須・三斗小屋温泉

  土曜日は那須山岳会で隠居倉を目指しましたが、前日以上の強風でコースを変更。
ホント、那須では北西の風になるときは侮れないです。 峠の茶屋〜三斗小屋方面の
花情報などを交えレポします。

            これは個人のレポで那須山岳会のレポではありません。


夏山レポ   那須・三斗小屋温泉


登山日   平成28年6月18日(土)

 天気   晴れ  強風(朝方は30m以上!)

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 三斗小屋温泉。


イメージ 1

    朝6:50  峠の茶屋P   

    朝日岳から雲が飛ぶように流れ、駐車場でも強い風が吹いていて、
  稜線まで行けず早々に下山してくる人もいます。 

   報では北西の風13mでしたが、実際には稜線では30m以上の爆風だったようです。
 那須では北西の風の時には要注意ですね〜。


    駐車場ですが7:30には満車。
  このところ平日が雨で土曜に晴れることが多いので、
                           早々に満車になってしまうんだと思います。


イメージ 2
            ↑天気の資料    ↑花の資料       ↑参考資料


     今日は講習会を兼ねた那須山岳会の山行。 講師は自分です。

    新会員が増えたこともあり、山の天気と那須の花の学習会を持ちました。
   山の天気は猪熊さんやヤマケイの本を11ページにまとめ、那須岳の天気の
   特徴などを加えて作成しました。猪熊さんの「山岳気象大全」は凄くいい本だと
   思います。 ただ、自分の能力では内容を理解するのに時間がかかりました〜。

    質問なども交え約90分の講義を終了。 みなさんとても熱心で、
  最後には拍手までして頂き、20時間かけて資料を作った甲斐がありました〜。


イメージ 3

     9:30  今度は花の学習に出発〜。  やや風が収まってきました。


イメージ 4

     ウラジロヨウラクまだまだ健在です。


イメージ 5

   ベニバナノツクバネウツギ


イメージ 6

    マルバシモツケが一気に咲き始めました〜!


イメージ 7

     中の茶屋跡に来ると、お決まりの強風〜。 雲が飛んでいきます。 
    風向きは北西で、ときどきゴゴ〜!!!と唸りをあげます。


イメージ 8

  那須では青空が見えていても、強風の時は登山日和とはならないので注意が必要です。
 特に北西の風の時です。  
 
 この日、会津駒に登った人の話では、会津駒の稜線は普通の風だったそうです。


イメージ 9

   風が強いので、ウラジロタデの写真もこれがやっと〜。


イメージ 10

     強風で有名な峰の茶屋鞍部。  朝方は通過不能だった模様。

    現在も強風で危険な状態です。 
  約30mの強風なので、安全を考えここを越えていく隠居倉は中止に。


                                       隠居倉↓
イメージ 11

    強風の鞍部を乗り越え、風の弱い下部まで来たところで、



イメージ 12

    花の講習会再開〜。   講師は自分ではなく、花に詳しいメンバーです。


イメージ 27

      花に詳しい人の話は、勉強になりますね〜。




イメージ 13

     たくさん咲いていたのがギンラン。


イメージ 14

     三斗小屋に向かう登山道はよく整備されています。


イメージ 15

    風も弱く、素敵な緑の道です。   ただし、熊目撃情報はけっこうあります!



イメージ 16

    花の名前について解説してもらうと、名前も覚えやすいです。

  でも、写真を撮り忘れて掲載できず〜。


イメージ 17

    ベニサラサドウダンも咲いていました。


イメージ 18

     そして三斗小屋温泉に到着。    
           ここは山小屋ではなく旅館のため、予約がないと泊まれません。


イメージ 20

     大倉山・流石山方面が展望できます。


      昼食後、
イメージ 19
     旅館のご主人に許可をいただき、
          ここに自生し始めた特定外来生物・オオハンゴンソウを駆除します。
             (事前に環境省にも連絡してあります。)


イメージ 21

    小屋の前にたくさん生えていました!
                          ヨモギと間違えやすいので注意が必要です。


イメージ 22

     那須山岳会のメンバーで15分ほど駆除すると、


イメージ 23

     約80本ほど駆除。  まだまだたくさんありましたが、時間の関係でここまで。


イメージ 24

     気持ちの良い緑の小径を戻ります。


イメージ 25

    避難小屋で撮影〜。


イメージ 26

    午後になり、風向きが変わったので風は弱まりました。
 
  2日連続で隠居倉に行けませんでしたが、那須で強風の時は無理をしないのが一番。
 強風による事故もたびたび起きているんですよね〜。


次回は、那須・隠居倉の花情報 です。

この記事に

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事