那須の山だより

那須高原の新緑、紅葉、雪情報 & 百名山への挑戦〜

那須岳・夏〜登山レポ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

那須岳登山口整備&トレーニング登山

  3連休の初日、那須山岳救助隊のボランティア活動として、那須のメイン登山口、
峠の茶屋園地の整備をしてきました。もちろんここを管理する栃木県の了解を得ています。
朝の9時から午後2時半まで作業をしましたが、いや〜、大変でした!山を30km歩く方が
楽かも?
 
 
  那須岳登山口整備 & トレーニング登山
 
 
作業 & 登山日    平成26年7月19日(土)
 
        天気    雨
 
整備箇所&コース    峠の茶屋園地     P ー 峰の茶屋(往復)
 
 
 
8:40  3連休初日の峠の茶屋駐車場
イメージ 1
    天気が良ければ7時前には満車ですが、この日はあいにくの雨でガラガラ〜。
  
  自分は作業は中止かなと思ってたら、副隊長に、
      「akiさん、今日は炎天下じゃないから作業日和なんだぞ〜!」
               
   と言うわけで、8名の隊員で、
イメージ 2
    登山指導センター周辺の草を刈ったり、
 
 
イメージ 3
    登山口に向かう遊歩道周辺の草を刈ったりします。
 
 
イメージ 4
      草を放置しておくと、せっかくの園地が草ボウボウになってしまいます。
 
         一時、土砂降りの雨になりましたが、みなさん作業を中断することなく
                サラ〜と草刈りをしています。
 
 
イメージ 5
     80歳半ばになる救助隊長も自ら草刈り!
                たぶん、日本一高齢の救助隊長じゃないかな?
 
 
イメージ 6
   草ボウボウで使いにくかったあずま屋やベンチなどが使いやすくなりました〜。
 
   あっ、自分は記録係も任されています〜。
 
 
イメージ 7
    草を刈ってサッパリ!
                  ベンチ周辺が草ボウボウだったら、使いたくないモンね〜。
       ここは登山者だけでなく、観光客も使います。
 
 
イメージ 8
     80歳半ばの隊長は、側溝にたまった土砂もかき出します!
                        いや〜、お元気! って言うか、頭が下がります。
   
   1時間の休憩を挟んで、2時半まで作業は続きました〜。
                   まだ一部終わっていませんが、かなりキレイになりました。
 
   自然保護と草刈りは相反しますが、登山口が草ボウボウで放置状態だと、登山者も
  不安になり、気持ちよく登れません。 自分は節度を持った整備は必要だと思っています。
 
 
 
イメージ 9
     登山口周辺もキレイになり、見通しが良くなりました!
 
    これにて本日の作業は終了〜。 
  登山者が、気持ちよく安全に歩くことが出来ればイイなと思っています。
 
 
それじゃ〜、せっかくなので山に行きますかぁ〜!?
イメージ 10
    雨だけど、やっぱり山を歩くって楽しい!
 
 
イメージ 11
       茶臼岳方面も少しだけ見えました〜。
 
 
イメージ 12
     花期がなが〜いマルバシモツケと朝日岳。
 
 
イメージ 13
    こちらも花期がなが〜いウラジロタデと茶臼岳方面。
 
 
イメージ 14
    雨が止んで、ガスの中に峰の茶屋が見えてきました〜。
 
 
イメージ 15
     峰の茶屋避難小屋に到着。
             戸締まりなどを確認して、今日はここで下山。
               天気が悪いからじゃなく、4日前に40.3kmの周回をやっているので、
                 筋肉をクールダウンしないとイケナイからです。
 
 
   途中、自分のブログを見てくださっている方と談笑し、
イメージ 16
    峠の茶屋駐車場に戻って来ました。
 
                 連休の2日目と3日目は、満車だったようです。
 
   コメント欄は都合により閉じました〜。
 
 
次回は、珍しく未定で〜す

開く トラックバック(0)

那須連峰・日帰り40.3kmに挑戦!…完結編

  自分で言うのも何ですが、体力・筋力は年齢を重ねても鍛えられるものですね〜。(^_^)
だって、3年前の自分は、往復16kmでもヘロヘロで、帰りの車の運転がかなり危なかったんです。
そんな自分が3歳年をとったら、徒歩で31,3km・自転車で9kmを日帰りできるようになるとは
思いもしませんでした。 しかも、帰りに1時間運転しても全然大丈夫!
 
  過信は禁物ですが、自分は年だから〜と諦めるようになったとたん老化が始まるというのは、
本当ですね〜(^_^;)
 
 
夏山レポ   那須連峰周回・40,3km
                     完結編
 
 
登山日   平成26年7月15日(火)
 
 
  牛ヶ首を通過して、
イメージ 1
    日の出平も通過します。
                      もう登山者は誰もいません。
 
 
                   ↓南月山                    白笹山↓
イメージ 2
     まずは、南月山を目指します。
 
 
               三本槍岳↓          ↓茶臼岳
イメージ 3
     南月山着  ここで記念撮影〜、と思ったら、本人が写ってない!
                     全ピークで撮影する予定だったけど、ここだけ忘れた〜!
 
     よって、疲労度6・思考判断力5・脚力6に落ちました〜。
 
 
 
イメージ 4
            パン1個を食べてエネルギーチャージ!
   
    この日はこれが最後の食事。40.3kmでパン3個、約1100kcalで済みました〜。
 
 
イメージ 5
           水はまだ1.2リットル残っていますが、最後に喉が渇くので、ギリギリかな?
 
 
   10分休憩して、歩き始めます。
イメージ 6
     少し下って鞍部にくると、最後のピーク・白笹山が見えてきました!
 
 
イメージ 7
      白笹山(1719m)では、ちゃ〜んと記念撮影。
 
    さてさて、ここからが大変なんだよね〜。
                     沼原まで2.5km、約350mの急斜面を下るんです
 
   ロングコースでは、急斜面の下りで足を痛め体力も奪うので、ゆっくり下りましょ〜。 
 
 
イメージ 8
      10分下りましたが、沼原はまだあんなに下〜
 
 
イメージ 9
    16:45  沼原湿原駐車場着
 
    ゆっくり下りたので、足を痛めることもなく、疲れもそれほどありませんでした〜。
 
   ここでトイレを済ませ、沼原湿原に向かいます。
 
 
イメージ 10
          10分ほど下ると、
 
 
イメージ 11
     そこは、沼原湿原。
         あれ〜? ニッコウキスゲで一面黄色かと思ったけど、もう終盤みたい!
       200mほど道草〜
  
 
          戻る道↓                        ↓違う道
イメージ 12
      17:00   分岐に来て、ふと思った。
                     予定では徒歩29.3km、自転車合わせて38.3km。
 
       右の道は3年間歩いていないので状況を確認しておいてもいいな〜
 
       そうすると、往復2kmなので、徒歩は30km、総距離は40kmを越える。
     数字的にイイ感じ  日もまだ高いし〜。
 
 
 と言うわけで、
イメージ 13
     1km先の分岐まで往復し、
 
 
イメージ 14
   17:30   また分岐に戻って来ました〜。
              
          皆さんお気づきかも知れませんが、これは完全な判断ミス!
       だって、時間はもう17:30。 まだ、歩きのコースタイムで1時間15分、
       自転車で4.5km残っているんです。 しかも、この先は熊の住み家〜
 
         ここは、安全に戻ることを最優先しないと行けない場面でした〜。
 
 
     思い返すと、このとき、疲労度7・思考判断力3・脚力5に落ちていました〜
 
       やっぱり、山での思考判断力の低下は致命傷につながるよね〜!
 
 
イメージ 15
    日も傾き始めました。
          ただ、このルート(麦飯坂)は、昔の街道なので比較的緩やかなんです
 
     ここは少しスピードアップが出来ます。  
 
 
 
   でも、スピードアップすると喉が渇く。
イメージ 16
         ここには地図にない水場があり、冷たくて美味い!
                              実際は写真よりキレイな水ですよ〜。
 
        300cc飲んで、500ccペットボトルに補給しました〜。
 
        ただ、北海道では、エキノコックスの関係でそのまま飲めないんです〜。
       水はもう少し持って行くべきだな〜
 
 
 
イメージ 17
     ここの道は良く整備されています。  ただ熊の出没が多いので、鈴だけじゃなく
   笛も吹きます。 特に、ここは沢の音で熊鈴が聞こえにくい場所なので。
 
 
イメージ 18
       今回は熊スプレーも携行しました〜。 
      通常那須では持って行きませんが、北海道を想定して全く同じ装備で臨んでいます。
       けっこう重いんですよ〜
 
  スプレーの効果のほどは分かりません。って言うか、分からないまま帰ってきたい〜
 
 
イメージ 19
     湯川に架かる橋は、頑丈なものに付け替えられていました!  これなら安心〜。
 
   実は、ここで徒渉訓練をしようとしていましたが、この流れじゃ〜危険過ぎるでしょ〜!
  しかも単独で時間は18:10。
 
  この時は迷わず徒渉訓練却下〜。  
          冷たい沢水を充分飲んだせいか、判断力が正常になっていました〜
 
 
   このとき、疲労度5・思考判断力7・脚力6に回復していたようです。
                      ロングコースの時、終盤の水分補給は大切なんだよね〜。
 
 
イメージ 20
       林道分岐に戻り、
 
 
イメージ 21
      自転車デポ地点まで歩きます。
               31.3kmの登山道を歩くことが出来ました〜!  
 
    そして、歩きながらイイことを思いついた。 水は3リットルじゃ足りなそうだけど
  それ以上だと重くなる。 それなら、自転車に金属のボックスをつけ、その中に
  水をデポしておけばイインじゃね!?  金属ボックスはヒグマ対策。食料は
  絶対にデポ出来ません。 そして、行きの自転車でペットボトルの水を500cc
  飲んで水分補給しておく!  ん〜、自転車は一石二鳥だぁ〜
 
 
   その後は自転車で下りなので、らくちん〜♪
イメージ 22
     ただ、砂利道はゆっくりしか進めませんが〜。
 
 
イメージ 23
    舗装道路に入ると風を切って、疾走できますよ〜
                      スキーもそうだけど、自転車も下りの機動力は凄い!
 
 
イメージ 24
    19:05  まだ明るいうちに帰ってくることが出来ました〜!
             自転車じゃなかったら、明るいうちに帰ってくることは絶対無理!
 
 
     ここまでの総距離=40.3km(徒歩31.3km、自転車9km)
   所要時間14時間15分(徒渉訓練時間30分を除く)
 
     飲んだ水=3,8リットル   燃費にすると10.6km/L (意味あるのかな?
 
 
   そして、最後の関門、帰りの運転では、眠くなることなく1時間順調に運転できました〜。
  車の中で、自分の好きなFM東京:ユキ・ラインハートのAORを聞きながらリラックスし、
  その後は、FM栃木でトーク番組を聴いて、笑う余裕あり。
 
    ロングコースでは、疲れて帰りの車の運転が危険なことがあるから、
   帰りの車の運転が安全に出来るかのチェックも大切なんです。
    (自分は3年前に疲労で眠気が襲い、危ない思いをしたこと3回あり!
  
   
イメージ 25
      残った食料は非常食を含めてこれだけあります。
               自分的には、これで2〜3日はなんとかなります。
 
   レベルの高い山に挑戦するとき、模擬訓練しておくことはとても大切だと感じました。
  やってみると改善点や課題がたくさん見つかります。改善点は小さなことですが、
  それも数が多くなると、安全面に大きく影響します。
 
    幌尻岳チロロ林道コースは往復27km。  距離的には何とかなりそうですが、
   天候・体調・コース状況などあらゆる条件が良くないと、日帰りは難しそうです。
   でも、もちろんチャレンジしてきま〜す!
 
 
次回は、那須・登山口整備&トレーニング登山 です。

開く コメント(34)

開く トラックバック(0)

那須連峰・日帰り40.3kmに挑戦!…

  レポが停滞しています。 昨日はときおり激しい雨の降る中、那須岳登山口休憩所の草刈
り&整備を1日がかりでしてきました。休憩所が草ボウボウじゃ〜、利用できないモンね〜。
作業は那須山岳救助隊でおこないましたが、推定平均年齢68歳なのに皆さんパワフル! 
それに反して自分はヘロヘロ〜
 
  と言うわけで、レポが停滞しました〜(^_^;)  那須岳周回40.3kmの続きです。
 
 
夏山レポ   那須岳周回40.3km…④
 
 
登山日   平成26年7月15日(火)
 
 
 1900m峰を出発。
イメージ 1
     朝日岳、茶臼岳を目指します。
 
 
イメージ 2
   熊見曽根にくると、避暑でトンボがたくさん飛来中〜
 
        実際この日、下界は相当暑かったみたい!  那須の稜線でも20℃でした〜。
 
 
 
  振り返ると、
イメージ 3
    1900m峰がキレイ!
 
 
イメージ 4
    朝日岳の肩に到着
                   
                   
    ノンストップで登り、
イメージ 5
      12:50  朝日岳到着
 
            ここまではいいペース。
                     疲労度3・思考判断力9・脚力8 でした〜
 
        でも、体は正直。
イメージ 6
       ザックの重さは出発時9.5kg。
    水が1.5リットル減ったからこの時は8kgなんだけど、だんだん重く感じてきた〜
 
 
     まだ60%の行程なので、先を急ぎましょ〜。
イメージ 7
     朝日の肩に戻りますが、途中で自分の腕章を見たご夫婦が、
               「山の名前教えてください!」
                         とお願いしてきたので、喜んでご案内しました〜
 
     まだ、思考力と気持ちの余裕は大丈夫だぞ〜。
                       こういう時イライラしたらその時点でエスケープ〜。
 
 
イメージ 8
     鎖場を通過。
                  ここは滑落と落石に注意です。
 
 
イメージ 9
    岩場を越え、剣ヶ峰をトラバースして、正面の茶臼岳に向かいます。
 
 
  途中で振り返ると、
イメージ 10
    朝日岳がカッコイイ!
 
 
イメージ 11
     茶臼岳を見ながら剣ヶ峰をトラバース。
                 さすがに花を撮るゆとりは無し〜
 
 
イメージ 12
    峰の茶屋避難小屋は通過します。
         
           茶臼岳までは標高差約200m。 普段ならサク〜ですが、
 
 
イメージ 13
     流石にきつくなってきた〜
 
                       ウラジロタデを撮りながら、プチ休憩〜
 
 
   振り返ると、
イメージ 14
      学校登山の小学生でいっぱい!    この日は当たりだったね〜
 
 
イメージ 15
    ペースは普段の6割くらい。
                足がつらないように、こまめに水分補給をします。
 
 
イメージ 16
    もうすぐ山頂〜!
 
 
イメージ 17
   13:55  茶臼岳(1915m)着
 
         表情はゆとりあるように見えますが、気温が20℃近くあり、結構バテてます
 
      このとき、疲労度5・思考判断力7・脚力6に落ちました〜。
 
 
イメージ 18
    ここから200mほど下りますが、これがキツイ!
 
 
イメージ 19
    ゆっくり下りますが、疲れているときは、この急斜面は足にくるんだよね〜
 
  この下で、登山道を大きく外れて高山植物地帯の中に入り休息&花の写真撮影をして
 いる若者グループがいたので、速やかに戻るよう丁寧にお願いしました。 若者たちは、
 「ハイ、わかりました〜。」 と素直に 言ってくれましたが、10分後に振り返ったら、そこに
 寝そべったまま  自分が疲れていたので、説得力がなかったのかな?
 
   まあ、凡人の自分が言うのも何だけど、
  人のマナーというのは年齢や世代に関係なく、個人個人の資質なんだよね〜。
 
 
イメージ 20
    茶臼岳をトラバースしていきます。
 
 
イメージ 22
     自分はここから見る茶臼岳が好きなんです
           
              このとき、自分では少し疲れているかな〜くらいの気持ちでしたが、
 
 
イメージ 21
     途中すれ違った登山道整備の方々に、
 
     aki 「自分は救助隊の者です。
            登山道の整備、ごきゅろ〜&%#す〜。」
     
         あちゃ〜、カミカミでろれつが回ってない〜  思った以上に疲れている〜!
 
     このとき、疲労度6・思考判断力6・脚力6に落ちていたようです。
 
 
イメージ 23
   そんなとき、癒やしてくれるのが美しい茶臼岳の溶岩ドーム!
                          山の景色に元気もらうって、ホントだね〜
 
 
イメージ 24
      牛ヶ首に到着。
 
          ここは休憩せず進みましたが、疲労回復のため小休止すべきでした。
 
 
             ↓南月山
イメージ 25
     だって、アップダウンは少ないとは言え、南月山まで登らないとイケナイんです。
 
   このとき14:40。   姥ヶ平からエスケープするルートもありますが、
            天気も安定していて体力も残っていたので、南月山に向かいますョ〜
 
 
  登っていくと、
イメージ 26
 こんなキレイな茶臼岳が撮影できました〜。  百名山の貫禄充分だよね〜。
 
   さあ〜、茶臼岳から力もらったぞ〜。 進むべし〜
 
 
次回は、那須岳周回…⑤ です。

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

那須連峰・日帰り40.3kmに挑戦!…

  那須のお花畑といえば流石山が有名ですが、実は隠れた花の名所が三本槍岳にあるんで
す! 那須ツウの方には有名ですが、意外に来る人が少ない、そんな隠れたお花畑を紹介しな
がらレポを進めます。
 
 
夏山レポ  那須連峰周回 40.3km…③
 
 
登山日   平成26年7月15日(火)
 
 
 さてさて、休憩は充分なので流石山から下山しましょう〜。
イメージ 1
   標高差350mを、普段の8割のペースで下ります。
        下りでスピードを出すと、後半足に来るので、ここは隠忍自重
 
 
   下る途中、流石山に向かう若い男女が、自分の腕章を見て、
 
            「ガスは晴れますか〜?」    と聞いてきたので、
 
          aki  「今、一生けんめい山の神様にお祈りしているところなので、
                もうしばらくお待ちください。」  と答えたところ、
 
           若い男女は、「アハハハ〜、、ありがとうございます〜。」
 
                と言って、元気にに登っていきました〜
 
          ガスが晴れるかなんてわかんないよ〜、と答えたって、当たり前すぎて
        気分が明るくならないからね〜 
 
 
イメージ 2
     この斜面、冬は雪がたっぷりで、2年前はスキーで滑りました〜。
                      残雪が多いところには高山植物も多いんですよね〜
 
 
                          ↓三本槍岳
イメージ 3
  下りていくとガスが晴れ、 これから目指す三本槍岳が見えて、嬉しい!
                                   350m下りて450m登り返します!
 
 
イメージ 4
  オオ〜!  朝日岳、茶臼岳、南月山、白笹山、これから歩く山々が全部見えている!
 
 
イメージ 5
    大峠到着。
             昔はここを越えて会津に行ったというのだから、大変だっただろうな〜!
 
 
   登ってすぐにお花畑が始まります!
イメージ 6
      コメツツジ
 
 
イメージ 7
     ニッコウキスゲ
 
 
イメージ 8
     シモツケ
 
 
イメージ 9
     マルバシモツケ  その先にニッコウキスゲ
 
 
イメージ 10
    だいぶ登ったけど、三本槍岳はまだあんなに遠い!
 
 
イメージ 11
     ここの登山道はハッキリしていますが、通る人は多くないので、
                            笹がうるさいところが所々にあります。
 
 
イメージ 12
    ハクサンチドリ
 
 
イメージ 13
  那須のマッターホルンこと甲子旭岳と神秘の沼・鏡ヶ沼が見えてきました!
 
 
イメージ 14
  三本槍はもうすぐですが、6時間近く歩いているので、さすがにペースは上がりません。
 
 
イメージ 15
     11:30  三本槍岳着(1917m)
                             バックは流石山で、さっき登ってきた山です。
 
         大峠から三本槍まで最速55分で登ってきたことがありますが、今回は75分
       かかりました〜。 4:20から歩いていたらMAXのスピード出せないよね〜
 
   出発から7時間10分。この時の自分の状態は、疲労度3・思考判断力8・脚力7でした〜。
 
 
イメージ 16
       天気が良かったので、山頂にはどんどん人が上がってきます。
 
 
     ここでもエネルギーをチャージ!
イメージ 17
         つぶれたドーナッツ1個と、
 
 
イメージ 18
          水分補給〜。   水の残量はまだ2.2リットルあります。
 
 
      朝日岳           茶臼岳      南月山
イメージ 19
  これから歩く那須の主稜線が見えています。
 
         幌尻岳もアップダウンがたくさんあるので、この稜線歩きはイイ訓練になるはず。
 
  でわ、下りましょ〜、とそのとき、1人の女性が 
 
               「ブログ見てますよ〜」 と声をかけてくれたんです!
 
    いや〜、たくさんお話ししたかったけど、今日は時間に余裕がないので、
   少しの会話で山頂をあとにしました。 また会ったら声をかけてくださいね〜
 
 
イメージ 20
      三本槍岳を下ると正面にスダレ山。
 
 
イメージ 21
    さらに進むと清水平。
                   ここから1900m峰まで登り返します。
 
 
   振り返ると、
イメージ 22
 三本槍岳がキレイ!
 
         おお、そうだ、山の神様に晴れるようにお祈りしたのが通じたみたい!
 
 
イメージ 23
    1900m峰が近づきましが、この頃から気温が上がり、喉が渇く〜
 
 
イメージ 24
       1900m峰着    ここ那須で3番目に高いんだけど、なぜか無名〜。
 
      さすがに疲れが出てきたぞ〜。
 
             疲労度3・思考判断力8・脚力7に落ちました〜。
 
 
  
イメージ 26
                   そんなときは、こまめな休憩と水分補給が大切!
                            普段以上に休憩と水分補給を入れます。
 
 
 
   さらに、日焼け止めも塗り直し〜。 自分はスキーで焼けるからこれは必須なんです 
イメージ 25
     さてさて、日焼け止めも塗ったから、正面の朝日岳に向かいますかぁ〜!
 
 
   長編レポなので、今回のコメント欄は閉じてありますm(_ _)m。
 
 
次回は、その④ です。

開く トラックバック(0)

那須連峰・日帰り40.3kmに挑戦!…

  幌尻岳登頂に向け徒渉訓練をおこなったあとは、なが〜い那須連峰周回ルートを歩きます。
長丁場のため、登りでは通常の9割の速さで、下りでは8割の速さで歩くようにしました〜。
 
  これだと、明るいうちに帰って来れないかも知れないので、何かで時間を短縮しないといけま
せん。短縮できるのは、写真撮影だけ。今回は、訓練なので花の写真は撮らないと決めていま
したが…。
 
 
夏山レポ  那須連峰・日帰り周回 
 
 
登山日  平成26年7月15日(火)
 
 
イメージ 1
    三斗小屋温泉まで登山道はよく整備されていて、歩きやすいです
 
 
イメージ 2
     7:10  三斗小屋の分岐着
 
            奥に少しだけ三斗小屋温泉の建物が見えています。
          自分は左に進みます。
 
 
イメージ 3
     ここの登山道は通る人は少ないです。 もちろん熊鈴等は必携!
 
          多少歩きにくいところもありますが、ハッキリした道で、迷うことはありません。
 
 
 
イメージ 4
    大峠が見えましたが、まだまだ先です
 
 
イメージ 5
     倒木もありますが、さほど難儀せず越えていけます。
 
 
    しばらくトラバースすると、
イメージ 6
    赤岩沢の徒渉
         思ったより水量が少なく簡単に徒渉できましたが、増水時は渡れないかも!?
 
 
イメージ 7
    その先に岩場があります。
             登りは大丈夫ですが、下りはやや危険です。
 
 
    しばらく歩くと、
イメージ 8
    中ノ沢の徒渉
       
        ここは水の勢いがあったので、慎重に渡りました。
 
      岩が不安定なところは躊躇せず靴を水の中に〜。 
                              足首くらいの深さなら水は入ってきません。
 
 
イメージ 9
     地図にない分岐に到着。
 
           ここ左に行くと三斗小屋宿跡に行きますが、
                      少しレベルの高い徒渉が数回あるので、経験者向けです。
 
 
イメージ 10
    そして、最後に峠沢の徒渉です 
              ここは石の上を渡れましたが、増水時は危険ですね〜。
 
   自分が行く幌尻岳のチロロ林道からのルートは、いろいろ調べると、今回渡った沢と同じ
 ような徒渉が6回くらいあるようです。問題は当日の水量なんだよね〜。今から幌尻岳周辺の
 降水量を調べているけど、行ってみないと分からないよね〜
 
 
イメージ 11
   熊鈴を鳴らしながら笹の間の道を上っていくと、
 
 
イメージ 12
    大峠に到着〜
 
      スタートからここまで、登山者には1人も会わず〜。 ここから先は、たくさんの人!
 
 
   さあ、ここから流石山まで標高差360mを一気に登るぞ〜!
イメージ 13
    が、しかし、お花畑があまりににキレイなので、たびたび止まっては写真撮影〜
  ニッコウキスゲは8分咲きかな〜?
 
 
イメージ 14
      シモツケだと思います。
 
 
イメージ 15
      ニッコウキスゲの奥に自分が歩いて来た山が見えています
 
 
イメージ 16
     ハクサンフウロもたくさん!
 
 
イメージ 17
    大峠山の斜面は、今年も見事なお花畑〜
                       ここがミニ飯豊と言われるゆえんです。
 
    大峠林道が復旧したので、平日にもかかわらずたくさんの登山者が来ていました〜。
 
  今度の3連休、お花畑はピークになりそうなので、たぶん大峠林道の駐車場は早々に
  満車になると思います
 
 
 
イメージ 18
      ウサギギクも可憐に咲いていますョ
 
 
イメージ 19
    カラマツソウ?  ハクサンフウロ、ニッコウキスゲ、
                                     まるでお花の宝石箱〜!
 
    これ以外にも、シャクナゲ、ウスユキソウ、コメツツジ、タカネニガナなど
   色とりどりの花が咲いていました〜
 
    あらら〜、花の写真は今回封印したはずなのに、気がつくとここの花の写真だけで
  40枚以上〜!  幌尻岳では花の写真を封印しないと日帰りできないぞ〜!
 
    
イメージ 20
      大峠山を越えると、流石山へ向かう稜線が少しだけ見えました〜。
 
 
イメージ 21
      9:20  流石山(1812m)着   ながれいしやま
 
           三斗小屋宿跡から標高差800mを登ってきたので、
          疲労度2・思考判断力9・脚力8 に落ちていました〜。
 
          ただ、コースタイム4時間25分のところを3時間で登ってきたので
        ペース的にはまずまずです
 
 
 
   さすがにここでは15分のロング休憩〜
イメージ 22イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
                       そして水分補給〜。これ2本目〜。
まずは軽めに栄養補給〜。パン1個。              まだ、2.5リットル残ってます。
今回も食べ終わるころ記録写真に気づく〜          今までの経験から、後半に多く  
                                      残しておかないと、ひどい目に遭う!
 
 
この休憩で、疲労度1・思考判断力10・筋力9に回復したので、
            那須連峰の最高峰・三本槍に向かいましょう〜
 
 
次回は、その③です。
 
    コースが長いのでレポも長くなりますが、お許しを〜

開く コメント(30)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者105172651
ブログリンク015
コメント013221
トラックバック097

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事