那須の山だより

那須高原の新緑、紅葉、雪情報 & 百名山への挑戦〜

那須岳・夏〜登山レポ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

  昨日、台風が来る前に那須・南月山に登って来ました。紅葉シーズンに備え登山道の
整備をしながら、リンドウの様子も見てきました。 那須のリンドウはまだまだ楽しめそうで
すね〜。


秋山レポ   那須・南月山
    
                   *登山道の整備は行政の許可を得て行っています。


登山日   平成28年9月6日(火)

 天気   晴れ   19℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 牛ヶ首  − 南月山


イメージ 1

     峠の茶屋P   今日も県外からの学校登山で賑わっていました。


イメージ 2

     中の茶屋までのリンドウは咲き始めです。


イメージ 3

    中の茶屋跡。   秋モードになってきました〜。


イメージ 4

   ここのリンドウは、咲き始め〜終盤まで様々。


イメージ 5

    葉が少しずつ色付いてきています。


イメージ 6

    中の茶屋跡から先のリンドウも、


イメージ 7

     咲き始めから終盤でした。


イメージ 8

    牛ヶ首へ。  いつものように浮石をどかしながら歩きます。


イメージ 9

     トラバース道の一部が先日の大雨で崩れ、通りにくくなっています。

 ここをバールで補修します。


イメージ 10

    補修後、少し道が広がりましたが、途中に大岩があるので素人ではここまで。

  足元に注意して通行すれば、今のところ通過可能です。


イメージ 11
                                           ↑茶臼岳方面
     作業を終えると、自分のパトロール腕章を見た方から、

   「先月、この上から熊が下ってくるのを見ました! ビックリしました〜。
 
      と話がありました。 自分もここで熊の目撃情報を聞くのは初めて! しかも、
     午後1時ころというからさらに驚きです。 注意が必要ですね〜。


イメージ 12
 姥ヶ平方面に目をやると、 
   おや〜? 一部の木々が色づき始めているぞ〜! やはり今年の紅葉は早いのか!?


イメージ 13
   無間地獄の噴煙は4か月間少ないままです。


イメージ 14
      牛ヶ首着。


イメージ 15
    この先は、前回剪定できなかった小枝を剪定していきます。


イメージ 16
    途中、トリカブトがまだ咲いていました。


イメージ 17
 おお〜、稜線の木々も秋色になってきている!


イメージ 18
    小枝はあっという間に伸びるんですね〜。
           CTの2倍かけて剪定していき、登山道の見通しをよくします。


イメージ 19
    ここも秋色〜。   
           笹は6月に行政が刈り取っていてくれて、歩きやすくなっています。


イメージ 20
    南月山が見えてきました。


イメージ 21
    ここにイワインチンがたくさん!


イメージ 22
    ここは登山道の半分をハイマツが塞いでいたので、


イメージ 23
     キレイ剪定します。  足元が見えないと転倒しやすいですからね〜。


イメージ 24
  南月山着。   
           午後は雷注意報が出ていたので、急ぎ足で戻りました〜。


次回は、南ア北部のアサヨ峰 です。

この記事に

  週末は、南アの鋸岳とアサヨ峰に登ってきたのですが、その前に昨日の那須岳リンドウ
情報をレポします。合わせて登山道の整備も行ってきました。


秋山レポ    那須・茶臼岳方面
                  リンドウ情報


登山日   平成28年9月5日(月)

 天気   曇り一時晴れ  19℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 茶臼分岐 − RW駅


    環境省事務所と救助隊長宅に寄り、今日の整備を申告して、
イメージ 1

     峠の茶屋Pへ。   学校登山のバスが7台もありました〜。


イメージ 2

     山の神のリンドウ。      手前はピーク           奥は終盤。


イメージ 3

      少し秋めいてきた登山道。


イメージ 4

    登山道のリンドウはあちこちで開花が始まっています。


イメージ 5

   中の茶屋付近では、


イメージ 6

            ピークと終盤のリンドウが混在です。


イメージ 7

    ときどき青空。   さすがに朝日岳の紅葉はまだです。


イメージ 8

     峰の茶屋手前。    ここまで1時間かけて浮石除去。


イメージ 9

     ここのリンドウは、咲き始めとピークと終盤が混在。
                          なので、もうしばらくリンドウは楽しめそうです。


イメージ 10

    峰の茶屋避難小屋。
       土台が先月の大雨で削られていたので、県の関係機関に連絡しておきました。


イメージ 11

     剣ヶ峰に行ってみます。


イメージ 12

     こちらのリンドウは、ピーク〜終盤ですね〜。


イメージ 13

    茶臼岳に向かいます。


イメージ 14

     この斜面に、


イメージ 15

    少しだけリンドウが咲いています。


イメージ 16

     ここも浮石が多いので、少しずつ除去。


イメージ 17

    茶臼付近はガス。    今日は山頂へは行かず、


イメージ 18

     RW駅に向かいます。


イメージ 19

     昨年は茶臼岳周辺で転倒事故が相次いだため、
                       今年は救助隊や山岳会でも重点的に整備をしています。


イメージ 20

     今日の作業現場に到着。            ↑ 標柱が立っていますが、あちらは
                            登山道ではありません。そこにロープが無いので、


イメージ 21

           ロープを設置します。                       登山道↑

      ガスの時、道迷いを防止するのはロープが一番ですね〜。


イメージ 22

    帰りはRWでラクをします。
                    最近は足に負担をかけないよう配慮しているんですよ〜。


次回は、手ごわかった南ア・鋸岳  です。

この記事に

  昨日、台風の影響の確認等のため、那須・姥ヶ平に行ってきました。 登山道の大きな
被害はなかったものの、至る所で登山道が水流で削られていました。ただ、歩行にはほと
んど支障ありません。
 
 那須のリンドウは蕾&盛りとなっていました。 リンドウの咲き始めは早かったですが、もう
しばらく楽しめそうです。


夏山レポ   那須・姥ヶ平
                         *登山道の整備は環境省の許可を得ています。


登山日   平成28年8月31日(水)

 天気   晴れ   17℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 姥ヶ平


イメージ 1

    台風一過の昨日、山では乾いた秋の風が吹いていました。


イメージ 2

     山の神のリンドウはそろそろピーク。


イメージ 3

    登山道にもリンドウがチラホラ。


イメージ 4

     浮石を取り除きながら歩きますので、
                                CTは標準の2倍かかります。


イメージ 5

     ここのリンドウも立派に育っています!


イメージ 6

     中の茶屋跡。  リンドウが咲き始め、登山者も増えている気がします。


イメージ 7

     この辺りにもリンドウがたくさんさいていました。


イメージ 8

    昨日の落石を取り除きながら進んでいきます。


イメージ 9

    峰の茶屋手前のリンドウも開花が進んでいます。



イメージ 19

避難小屋手前のリンドウは盛りですね〜。 美しい!


イメージ 10

     牛ヶ首へトラバース。   噴煙は少な目です。


イメージ 11

     ここの崩れが心配でしたが、今のところ通過は可能です。

    ただ、足場が不安定なので、補修をしないと崩れてしまうかもしれません。


イメージ 12

   あとの登山道は、牛ヶ首までは大丈夫でした。
                                  途中、浮石などを取り除きました。


イメージ 13

     姥ヶ平に下りて行きます。
                  最初の部分では登山道が水で流れ、不明瞭になっていました。


イメージ 14

    あらら、6月に行政が下草刈りや枝切りの整備を行ってくれましたが、
                              あちこちで枝が伸びていました。


イメージ 15

    リンドウは蕾でしたが、思ったほど数は多くありませんでした。


イメージ 16

      ここは浮石が多く、転倒しやすくなっていたので、浮石を取り除いていきます。
   昨年も、ここで転倒骨折事故がありました。


イメージ 17

     姥ヶ平着
          今は静かな姥ヶ平ですが、あと3週間もすると紅葉が始まり、
                                         大賑わいになると思います。
 
         今年も鮮やかの紅葉が見られるといいですね〜。


イメージ 18

     帰りも登山道の整備をしていきます。

        昨年の那須の事故の多くは転倒によるものなので、
                                   登山道の整備は大切だと思います。


次回は、未定です。


この記事に

  8月後半に予定していた北海道遠征を延期したため、8月は那須に登ることが多くなりま
した。この日はあいにくの雨でしたが、オオハンゴンソウ駆除活動と剣ヶ峰までリンドウを見
に行ってきました〜。


夏山レポ   那須・剣ヶ峰
                 リンドウ情報
                                
                 *手ぬぐい撮影はありません。
   

登山日   平成28年8月27日(土)

 天気   小雨   18℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 剣ヶ峰


イメージ 1

     この日は、サッポロビール那須工場さん主催の「オオハンゴンソウ駆除活動」

  まずは、環境省やボランティアから外来生物やオオハンゴンソウなどについて
 1時間ほど説明。 自分も用意した3つの質問のうち1つを質問します。


イメージ 2

     その後、小雨の中、八幡園地でオオハンゴンソウの駆除を行います。

 一番張り切っていたのは、子どもたちかも!?


イメージ 3
 八幡の園地は、7月に那須高校生のボランティアと有志が8000本ほど駆除しましたが、
それでも、まだたくさんの花を咲かせています。


イメージ 4
   今日は雨なので、根こそぎの駆除は無理。 種子の拡散を防ぐため、花だけを摘みます。
  自分は1時間で200個ほど摘みました〜。


イメージ 5
   サッポロビールの従業員とその家族、環境省、
                   ボランティアなど総勢20名ほどでこれだけ駆除。

 那須岳の外来生物駆除は始まったばかりなので、これからが勝負ですね〜。




 りんどう茶屋で山菜そばを食べた後、
イメージ 6
    13:20  峠の茶屋Pへ。
                        さすがに車は少ないです。


イメージ 7
     霧雨の中、登山道の浮石を少しずつ除去しながら登って行きます。
            これだけの石をいっぺんに除去するのはとても無理だし、
                 あまり取り除きすぎると、水流で登山道がえぐれてしまいます。


イメージ 8
  この辺りでもリンドウが咲き始めています!


イメージ 9
  中の茶屋跡。


ここでも、
イメージ 10
   リンドウがどんどん開花しています!


イメージ 11
     登山道が次第に整備されていくと、嬉しくなりますね〜。


イメージ 12
   峰の茶屋避難小屋手前でも、


イメージ 13
     リンドウの蕾〜。


イメージ 14
  お花は、雨の日の方が生き生きしてますね〜!


イメージ 15
     剣ヶ峰のトラバースに向かいます。


イメージ 16
 おっ、 素晴らしい!
               色鮮やかなリンドウがたくさん咲いていました〜!


イメージ 17
     そして、昨年、自分が水溜りに置いた石が適切かどうかを確認します。
                   こういう確認は雨の日にしか出来ないですからね〜。


イメージ 18
   その先のリンドウも鮮やかです!


イメージ 19
   今日はここまで。

  雨の日の登山は苦じゃないけれど、下山後の後始末が大変なのが難点なんです。
 それでも、遠方に遠征した時は雨でも登りますが〜。


次回は、また那須かな?

この記事に

  8月の後半は、東日本から北日本にかけて天気が不安定で。長期の遠征が出来ません
でした。その分、那須に登ることが多く、登山道の整備がだいぶ進みました〜。 今回は、
久しぶりの南月山。ただ、南月山方面のリンドウは草刈りが行われたためか、ほとんど見ら
れませんでした〜。


夏山レポ   那須・南月山
                 リンドウ情報etc


山日   平成28年8月26日(金)

 天気   晴れ  21℃

コース   峠の茶屋P − 峰の茶屋 − 牛ヶ首 − 南月山手前


イメージ 1

     峠の茶屋P
             晴れの時は、直射日光を避けられるここがベスト駐車スペース!


イメージ 2

    山の神のリンドウ。


イメージ 3

     この辺りの浮石もだいぶ減りました〜。


イメージ 4

    ここのリンドウは蕾。


イメージ 5

   中の茶屋から先はリンドウが咲き始めています!


イメージ 6

    いい感じですね〜。


イメージ 7

    登山道にある大きな石で移動可能なものは、


イメージ 8

     少しずつ移動していきます。 穴は砂利で埋めます。 
                   こうすることで、多くの場所で対面通行が可能になります。       


イメージ 9

  峰の茶屋避難小屋手前のリンドウは見頃〜!


イメージ 10

    浮石を除去しながら牛ヶ首方面に向かいます。


イメージ 11

     浮石は、少しずつですが減ってます。


イメージ 12

    先日の雨で崩れたた箇所。
           環境省が簡易補修をしてくれていました。自分もさらに追加補修します。


イメージ 13

    無間地獄の噴煙は100mほどで、相変わらず少ないです。


イメージ 14

     心配した箇所は崩れていなくてホッとしました〜。


 牛ヶ首から姥ヶ平に向かおうとしましたが、
イメージ 15

     南月山方面の登山道で、枝の張り出しが見つかり、



イメージ 16

   剪定していきます。
                 体や顔に枝が引っ掛かり、ストレスになるんんですよね〜。


イメージ 17

  振り返ると茶臼岳が素晴らしい。


イメージ 18

    ロープ場では枝が邪魔して登りにくくなっていました。


イメージ 19

     しばらく剪定をしていなかったので、枝がだいぶ登山道にかかっています。


イメージ 20

    トリカブトは終盤でしたが、まだかなりの数が咲いていましたョ!


イメージ 21

    いや〜、今日の剪定は時間がかかる〜。


イメージ 22

   通常、牛ヶ首から日の出平までは20分ほどですが、今日は1時間半かかりました。


イメージ 23

     その先も、枝がかなり伸びていました〜。
         やはり、視界の確保は安全には大切ですので剪定を進めます。


イメージ 24

    そうそう、登山道の笹は行政がキレイに刈ってくれていました。
          そのためか、例年、登山道に咲くリンドウは見られませんでした。
               これは仕方ないですね〜。


イメージ 25

   途中で写真撮影。
        
      後で知ったのですが、このとき皇太子殿下御一行が、朝日岳方面に登山をされて
    いたようです。自分は方面が反対だったためお会いできませんでした〜。
         
      でも、昨日甥っ子と整備した登山道をご一行が通られたとのことで、一般登山者の
     安全とともにご一行の安全にお役にたてたなら幸いです。


イメージ 26

   さて、その先はかなりの枝が張り出していたので、


イメージ 27

    30分かけて剪定しました〜。

         結局、この日は登山7時間のうち4時間は登山道の整備に使いました〜。


イメージ 28

 あと、200mで南月山ですが、雨が降りそうなのでここで引き返します。


イメージ 29

     イワインチンが綺麗に咲いていましたョ!


次回は、遠征の続き、 飛騨の三百名山・川上岳 です。

この記事に

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事