イソップ通信

世界は、広くて、深くて、面白い♪

全体表示

[ リスト ]

昨日は久しぶりに、今年初めての畑作業をしましたし、
地元の子育てグループによる「ほのぼのマルシェ」もあって、
ブログに書きたいことは、いろいろあったのですが、
東京電力の記者会見が、あまりにいい加減で不誠実なので、
今日はそのことを、どうしても書いておこうと思います。

以下、3月26日、千代田区内幸町の東電本店3階で行われた記者会見、最後の部分。
イメージ 1

新聞社の女性記者
「私が聞いたのは『津波が想定外だったかどうか』ではなくて、
 電源が失われる可能性について想定しなかったのはなぜなのか?
 ということをお聞きしたんですが」

武藤副社長
「今回の津波で、所内の電源は地震でもってなくなったわけですが、そのときに、
 ディーゼル発電機はしっかり起動しているわけです。したがいまして、
 地震によっては電源はなくなっていないわけです。が、そのあとの津波が発電所を
 襲ったところで発電所の電源を喪失しているということで、津波が今回の電源を
 なくした原因だというふうに言えようかと思います」

広報部の吉田部長
「あと、おひとかた」

別の男性記者
「二つ目の質問に答えてない。こういうやり方で議事を進めるのなら、
 ちゃんと質問に答えてください。二つ目の質問に答えてない。
 最悪の事態にどう対処するのかという2つ目の質問に答えていない」

武藤副社長
「電源につきましては、地震の後、確保できていたというふうに思っております。
 津波によって電源を失ったということだと思います」

新聞社の記者
「電源を失った場合を想定しなかったのはなぜなのかと聞いているんです」

武藤副社長
「電源をなくなった場合でも原子炉を冷やすことができるように設計はされています。
 ただ、これは一定の時間、バッテリーを使いながら、原子炉の中の蒸気をもって
 原子炉を冷やすというのが基本的な考え方でありまして、その時間を超えて電源が
 復旧できないような状況になるというのは、今回の津波がすべての電源設備を
 利用できないような状況にしたということがあるわけでありまして。
 ですから津波によって電源が喪失した、というふうに申し上げました」

広報部の吉田部長
「申し訳ありませんが、あと、おひとかたのみ、というようなことでお願いします」

新聞社の女性記者
「まだ答えてないでしょう、最悪の場合」

広報部の吉田部長
「申し訳ありませんが、あと、おひとかた」

別の男性記者
「答えてないじゃないですか、ちゃんと答えてください。
 私も聞きたいです。その回答を」

さらに別の男性記者
「最悪の場合というのはどういうことを想定されているのか」

〜数秒の沈黙〜

武藤副社長
「外部の電源がなくなった場合に・・・」

記者たち
「電源の話じゃない」

武藤副社長
「電源が確保されているということを前提にして、
 その電源が一時的にまったくなくなった状態で原子炉を冷やすということを想定して、
 原子炉は設計されているということです」

新聞社の女性記者
「今、最悪の場合をどういうふうに想定されているのかというのが私の2番目の質問です」

武藤副社長
「ですから、電源がない状態で原子炉の中に注水をするためにどういった手立てを
 考えておくのかということをアクシデントマネジメントとして手順を定めて準備をして
 きたということでありまして、今回も電源がない中で、まずは自分のとこで持っている
 蒸気でもって原子炉を冷やし、それが利用できなくなったところで外部からポンプを
 つないで原子炉の中に注水するということをやったということでございまして、
 これもアクシデントマネジメントの手順に従って、我々、手順を実施したということだ
 と思っています」

男性記者
「答えになっていない、日本語を分かってない!」

新聞社の女性記者
「最悪の状況をどのように想定いらっしゃるのか」

武藤副社長
「これはともかく現在の状況をできるだけ安定の状況にしなければいけないわけでして、
 原子炉をともかく冷やすということに尽きると思います。そのためには、原子炉の中に
 水を入れ続けるということが大事なわけでして、今は、原子炉への注入を引き続き続け
 ていくことに尽きると思います」

男性の記者
「ちゃんと答えてください」

別の記者
「逃げないできちんと答えたほうが東電さんのためですから」

武藤副社長
「原子炉の状態をともかく安定させるということだと思います」

吉田部長
「予定の時間が参りましたので、本日はこれにて終了させていただきたいと思います。
 どうもありがとうございました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜午後6時40分、記者会見打ち切り〜

これが、日本のトップ企業、東京電力のリーダーの見識と対応です。
企業利益の必要に応じて、日本語もわからないくらいでないと、
こうした企業は成り立たないのでしょう。
いったいいつまで、こうした企業倫理に日本を任せるのでしょうか?

さらに言えば、テレビを中心にした多くのマスコミが報道する記者会見で、
こうした紛糾する場面を見せないのは、いったいどうしてなのでしょうか?
こうした場面にこそ、僕らが本当に知りたいことと、
東電が隠したいことの本質が潜んでいると思うのですが・・・
 
最悪の事態は想定外だから考えなくていい!だなんて、
この国のエネルギー行政は、人間的な感覚が麻痺しています。

この記事に

閉じる コメント(36)

顔アイコン

曖昧模糊の国か?さん、この国ではずっと、
そうした保身に長けた人を、重要ポストに就けてきたのです。
今回の原発事故で、ようやくその実体が明るみに出てきたのだから、
多くの人は、彼らの言うことを、もう信じないでしょう。
それでも、政府が国民のことを考えない!と言うこととは少し違う。
政治はあくまでも市民が作るものだから、
多くの人が正しい認識を持てば、今のような保安員など有り得るはずもなく、
今回の事故を起こすような、原発推進の政策も生まれるはずがなかったのです。
いまさらながら、市民の政治に対する怠慢が産んだ悲劇だと思います。

2011/3/28(月) 午後 6:07 イソップ 返信する

顔アイコン

まなべぇ〜さん、末端の記者は、問題意識を持っていることもあります。
ところが困ったことに、経営に参加するようなポストに就く頃には、
見ざる、聞かざる、言わざるが、当たり前に身に付いてしまう、
それが日本社会の不気味なところだと思っています。

2011/3/28(月) 午後 6:15 イソップ 返信する

カキコミありがとうございます。
トップがいかにあぐらかいて踏ん反り返っているか、よくわかりますね。

尼崎の脱線事故の会見を、おもいだしました。

2011/3/28(月) 午後 6:38 夜だるま昆布長 返信する

顔アイコン

ヤフーニュースからです

原子力安全委員会の班目春樹委員長は28日午後の参院予算委員会で、菅直人首相が東日本大震災の発生翌日の12日早朝に福島第1原発を視察したことについて、「首相が『原子力について少し勉強したい』ということで私が同行した」と述べ、首相の判断であることを明らかにした。自民党の佐藤ゆかり氏への答弁。
首相は12日午前7時すぎにヘリで第1原発に降り立ち、1時間弱滞在し、職員らから状況の説明を受けた。同日午後3時半ごろに1号機で爆発が起きており、首相の視察で現場の初動対応が遅れたとの指摘もある。これに関し、班目委員長は「現地において、特に首相が行ったことによって混乱があったとは承知していない」と述べた。
原発事故への対応に追われる中、首相は16日、笹森清内閣特別顧問に「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と話している。 削除

2011/3/28(月) 午後 6:43 [ 無能 ] 返信する

顔アイコン

最初の質問をしたのは赤旗だったようですね。
レスポンス社が記者会見の様子を報じていましたが、他社ではあまり報道がなかったようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000005-rps-bus_all

# 原発事故が収まったら、たくさん東電から広告をもらわなくちゃいけないもんね>大手マスコミ様
# その点、レスポンス社は自動車業界のマスコミだから、東電に遠慮がいらないというわけですね。
# しかし、こうしてみると、記者クラブというのが御用マスコミを集めただけの仲良しクラブだということが良く分かりますねぇ。

2011/3/28(月) 午後 9:06 [ mai*de*hea* ] 返信する

顔アイコン

夜だるま昆布長さん、日本企業のリーダーたちは、
いずれも無責任で、事故が起きても他人事のように振る舞うのがお得意のようです。
その裏には、自分で何も決められない圧力のようなものがあるのでしょうか。

2011/3/28(月) 午後 9:56 イソップ 返信する

顔アイコン

無能さん、菅さんに大きな責任があるとしたら、原発推進をしたことです。
さらに、そんなことくらいで危機対応が遅れたいいわけにはなりません。
このところの東電の話を聞いていると、東電は危機など感じていなかったのか?とさえ思われる。
それは原子力安全委員会も同じで、この原発を安全だとして建設許可を出したのは誰か?
もっと責任を感じていただかないと、こうした問題はまた起きるでしょう。

2011/3/28(月) 午後 10:01 イソップ 返信する

顔アイコン

maindenheadさん、もしかして、政府と記者クラブも仲良しクラブなら、
原発推進する政府は東電と仲良しクラブで、記者クラブと広告主の東電も仲良しクラブで、
この三者に入っていない一般市民は、安全なんか蚊帳の外でしょうか?
漏れ出す放射能の量がいくら増えても、「安全」としか言わない保安員は、
市民から原発を守る保安員だったりして・・・(^_^;)

2011/3/28(月) 午後 10:07 イソップ 返信する

顔アイコン

今晩は。初めまして。
岩手のトリトンと申します。
本日はコメントありがとうございました。

本当に不毛の会見ですよね。
副社長は記者の質問に答えていません。
この不誠実なやり取りをぜひ On Air して、東電のNo2の人間性を見てやってほしいですね。

実は、東電のトップの社長は体調を崩してダウンしていたそうです。
こんな深刻を起こした会社の社長、副社長この程度なのですから、放射能汚染に晒されている国民の怒りは収まらない。

こんな緊急事態を想定していなかったとうことなのでしょうか。
あまりに杜撰で開いた口が塞がりません。
国土を人が住めない土地にし続けているというのに・・・
家、財産を諦めて避難生活をしているといのに・・・
東電の不誠実、許せませんね。

フランスでは、数ヶ月続くと分析しるようですがね。
すぐにでも収束させてほしいのですが、険しい道のりなようです。
怒りと不安が増大してしまいます。

何とかならないのでしょうか・・・。

2011/3/28(月) 午後 11:21 トリトン 返信する

顔アイコン

イソップさん

ただ、一つ言えるのは、民主党が伸び始めてから情報公開はずいぶん進みました。原子力委員会などの議事録や提出された資料も過去数年分は全部読めるんですよ。

それをきちんと読みこんで批判すべきを批判してこなかった私たちにも、ちょっとは責任があります。

もっと言えば、反原発運動や自然保護運動に関わって来た方々のグループも、グループの中に、明らかに間違った意見や事実誤認があったとしても、あの人は反原発の仲間だからとか、自然保護運動の仲間だから、と身内意識で批判をしてこなかったというのも事実なんですよね。。。

これからはきちんとした議論を一般市民が自分たちの目線で議論できるようにしたいですね。

2011/3/28(月) 午後 11:58 [ mai*de*hea* ] 返信する

顔アイコン

トリトンさん、事故は予断を許さない状況が当分続きます。
最悪の事態は、東電も保安員も政府も言いませんが、
チェルノブイリ事故を遙かに超える核燃料による核爆発です。
その一歩手前が、やはりそれだけの核物質による、緩やかな被曝です。
現在東電は、その被曝量を少しでも抑える努力をしているわけですが、
解決の切り札はないのが、実情だと思います。

2011/3/29(火) 午前 1:27 イソップ 返信する

顔アイコン

maindenheadさん、僕は原子力大綱など、かなりの資料を読みましたし、
反原発のリーダーたちは、関連資料のほとんどに目を通して、
その上で反対している専門家も、何人も知っています。
そうした人から直接話を聞いて、その上で反対してきました。
あなたが言うように、充分ではないこともあったでしょうが、
一般市民が膨大な専門資料に全部目を通して、理解しないまま反対するのは無責任というなら、
それこそ原発推進派の思うつぼで、反対できる人はほんの限られた人でしょう。
そうしたやり方も含めて、原発推進は市民を騙すことでしか成り立っていないのです。
きちんとした議論は大切ですが、それは専門的な技術論に落ちるのではなく、
この国の将来をどうしたいのか?と言った、方向性の問題として、
あるいは政治的な問題として、捕らえ直すことが大切だと思っています。

2011/3/29(火) 午前 1:35 イソップ 返信する

東京電力の会見は 【時間まで やり過ごせば いいや 俺のせいじゃないし】 って感じました。 何年か前に 証券会社破綻の 社長さんの 記者会見で 号泣しながら「社員は悪くありません。全部私の責任です。」と 述べた 会見とは 違う

2011/3/29(火) 午前 7:03 [ こども店長 ] 返信する

顔アイコン

東電の人たちは、まだ会社が潰れたわけじゃないから、どんな惨状も他人事なのかも。
いくつもの市町村が壊滅的な被害を受けるよりも、自社の安泰を願う人たちにとっては、
人間としての責任感よりも、会社の倫理が優先するのでしょう。

2011/3/29(火) 午前 9:58 イソップ 返信する

顔アイコン

こんないいかげんな会社にお金払いたくない!
電気なるべく使わない事が、一番の反撃になります!
今すぐ出来ることです。収益上げさせない!事だと思います。
長期的には、これを継続し、自然エネルギーにシフトかな??

大規模デモとかもやりたいけど、やり方すら忘れちゃった日本人!!
静かだが、直接的な反撃だと思っています。

2011/3/29(火) 午後 7:12 norino 返信する

顔アイコン

欧米では、電気をどこから買うかは自分で選べるので、
自然エネルギーの電力を買うことが可能です。
だけど日本では、電力会社は巨大利権を国に守られた独占企業なので、
国民は、どんなエネルギーの電力を買うか、選択できないのです。
従って今回の問題は、東電の問題である以前に、政治の問題だと言えます。
脱原発を政治課題とする政治家を増やさない限り、東電魂は、ゾンビの如く死にません。

2011/3/29(火) 午後 11:10 イソップ 返信する

顔アイコン

タイの発電所、日本に丸ごと貸し出しへ
日本に貸し出されるのは、巨大な煙突、タービン、発電機といった発電設備一式、これを2セットです。発電所ほぼまるごと、日本に移設されます。(TBS系(JNN))

・ 東電に発電施設丸ごと貸し出し タイから船で運搬 - 東京電力は余剰設備がないかを国内外に打診。朝日新聞(3月29日) 削除

2011/3/30(水) 午前 8:56 [ ビアンカ ] 返信する

顔アイコン

これは面白いですね。相変わらず日本には原発が必要だと言う人の中には、
日本は海外から電気を買えないから、原発に頼るしかないと言う人もいますが、
様々な小さな発電所がたくさんあれば、巨大原発のように地域を壊滅させることもなく、
それぞれが融通しあいながら、災害復旧も出来ることの証明でしょう。

2011/3/30(水) 午前 10:29 イソップ 返信する

顔アイコン

こんにちは!トラバありがとうございました。
おっしゃる通り!東電の会見は自分たちにマズイことは答えないではぐらかし釈然としないことが多々。
現場の人たちが被爆しながら頑張ってるというのに、こういう方が日本のTOP企業のTOPなんて信じられません。
テレビで一般人に会見を見せないのもおかしい。

2011/4/3(日) 午後 5:17 Mami.M 返信する

顔アイコン

子ども時代からエリートを目指した人が、集まった企業でしょうから、
自分たちの利益以外に守るものなど考えつかないのでしょう。
これが差別を生んで平気な社会の“常識”になっているのかも知れません。
もちろん、マスコミもおかしいし、同罪です。

2011/4/4(月) 午前 0:47 イソップ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事