古代史遊歩

そろそろ再開か?・・・〜★☆

シリーズ TOP

        ☆★☆ シリーズ連載 TOP ★☆★



            訪問ありがとうございます。

            現在、「久延彦先生のかたり」を連載中です。

            教師の久延彦が神話の世界を行ったり来たりする話です。

            どうぞ楽しんでいってください。


イメージ 1

                           加賀の潜戸(くけど)

        ☆●◇■△ 連載中の記事 ▲□◆○★


                  ☆ 久延彦先生のかたりシリーズ リスト入り口



        ☆●◇■△ その他の記事 等 ▲□◆○★


                  ☆ 古代史空想 リスト入り口  <一言主神の逃避行を連載中>

                  ☆ 大物主神を追う リスト入り口

                  ☆ 神社 リスト入り口


                  ★ 四国遍路のブログ  『古寺遊歩』入り口



            歴史学者でも歴史家でもありません、あくまで妄想による記事です。

            ちょうど学生の頃にまとめた大学ノートの中を覗くような感じで、

            よろしくお付き合いください^^

その他の最新記事

すべて表示

一言主神の逃避行(最終回)

2013/10/11(金) 午前 11:33

              一言主神の逃避行(最終回) さて、前回の続きであるが、 目弱王(まよわ)の変 とはいったいどんな政変だったのだろう。 それは安康天皇の御代に起こった事件である。 目弱王は、 大草香皇子(おおくさか)と中蒂姫(なかし)との間に生まれた。 ある日のこと、安康天皇が弟の ...すべて表示すべて表示

一言主神の逃避行(その2)

2013/7/8(月) 午後 1:39

              一言主神の逃避行(その2) さて、一言主神(ひとことぬし)が大和国葛城を去った理由を探ってみよう。 そのためには、かなり古い 時代まで遡って歴史的背景を知らなければならない。 もともと葛城地方を拠点とする豪族は、 阿遅鋤高日子根神(あぢすきたかひこね) や 事代主命(ことしろぬし) ...すべて表示すべて表示

一言主神の逃避行(その1)

2013/6/1(土) 午後 3:51

               一言主神の逃避行(その1) 啓蟄が過ぎると、眠っていたはずの旅の虫が頭をもたげてきた。 そんなことで今年も花遍路にと土佐国に出かけたときのことである。 前回の打ち止めだった第30番札所善楽寺から歩き始めた。 先ずは古の地理・地名をイメージして欲しい。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事