古代史遊歩

そろそろ再開か?・・・〜★☆

全体表示

[ リスト ]

大物主神の正体

            大物主神の正体





    古代において天皇の行幸が一番多かったのは、「大和三大神社」だった。

    大和三大神社とは「大神神社(おおみわ)」「石上神宮(いそのかみ)」そして

    「大和神社(おおやまと)」である。

    それらの神社に祀られている神の正体が誰なのか、各地の「みわ神社」からその謎に迫ってみよう。



    さて、大神神社の祭神、大物主神は、

         ‖臺主櫛甕玉尊(おおものぬしくしみかたま)

        ◆_賁佇麺訛膺澄覆もわけいかずち)

         日本大国魂大神(やまとおおくにたま)

        ぁ〇解之男尊(ことさかのお)

        ァ‖膵饉膺澄覆おくにぬし)

        Α‖膰糞命(おおなむち)

        А“千戈神(やちほこ)

        ─仝温餠命(うつくしにたま)

    などと、たくさんの名があります。

    これは日本書紀において大物主神の正体を隠すため(混乱させる)の手法なのでしょう。

    特に大国主神やその別名大己貴命などは大物主神と別の神格、それに八千戈神は素盞嗚尊

    のことですよね。


    それでは、各地の神社のなかから、「みわ」に関連のある神社を抽出し、その祭神を

    調べてみましょう。

  ● 大神神社(愛知県一宮市)     大物主命

  ● 大神神社(栃木県栃木市)     倭大物主櫛玉命(やまとおおものぬしくしみかたま)

  ● 大神神社(岐阜県大垣市上石津町) 大物主櫛甕玉命(おおものぬしくしみかたま)

  ● 大神神社(岡山県岡山市)     大物主命

  ● 大御和神社(徳島県徳島市)    大己貴命

イメージ 1
  ● 三輪神社(岐阜県岐阜市)     大物主命   ● 三輪神社(岐阜県揖斐川町)    大物主命   ● 三輪神社(兵庫県三田市)     大己貴命   ● 三輪神社(秋田県羽後町)     大物主命      ● 三輪神社(鳥取県米子市)     大物主命   ● 三輪神社(大阪府高槻市)     大己貴命
イメージ 2
  ● 神神社(静岡県岡部町)      大物主命   ● 三和神社(栃木県那珂川町)    大物主命   ● 美和神社(山梨県笛吹市)     大物主命   ● 美和神社(群馬県桐生市)     大物主櫛甕玉命   ● 美和神社(長野県長野市)     大物主命   ● 美和神社(岡山県瀬戸内市)    大物主命                                   <神社辞典より抜粋>

    どうです、ほとんどが大物主神となっています。

    この中に大己貴命を祀る大御和神社(徳島県徳島市)と三輪神社(兵庫県三田市・大阪府高槻市)が

    ありますが、いずれも大和の大神神社の分祀とあり、大御和神社は国司が勧請、また三田市の三輪神社

    は8世紀中頃の創建、高槻市のものは、そんなに古い時代の勧請ではない、だろうということなので、

    祭神は記紀の影響を受けて大己貴命になったと思われます。

    それと奈良や栃木の大神神社は倭大物主櫛甕玉命となっていますが、一般的には大物主櫛甕玉命

    いう名で祀られていることから、どうもこれが正式名称らしいということがわかります。




    もっと発展するような情報がないかと「みわ」をキーに玄松子神社記録で探していたら、福井県小浜市

    加茂に彌和神社なるものを見つけました。

    祭神が他の神社と違い三輪大歳彦明神と三輪明神の中に大歳彦が入っています。

    そのうえ、境内には社殿や鳥居などはなく、数段の階段の上の祭壇と灯篭があるのみ。

    大戸山を神体山とした祭祀の場所だと考えられており、神社祭祀の古態だそうです。

    まったく大神神社にそっくりではないですか。


  「賀茂村の内大戸と云處に、三輪大歳彦明神大歳彦の唱意冨登比古と申て、山の麓の神離の

  形のありて社なし、今其神離を疱瘡の護神なりと稱て、神名の識るものすくなし」

                             <伴信友の『若狭國官社私考』>


    社伝の由来となった伴信友の『若狭國官社私考』、その内容には三輪明神とは大歳彦で、

    大和の大三輪神を勧請したとなっているそうです。

    つまり大物主神は、この大歳彦だったということになります。


イメージ 3



    そうすれば、次は大歳彦とは誰なのか?という疑問がわいてきます。

    それは古事記にこういうふうに載っていました。



    「素盞嗚尊(すさのお)が大山津見(おおやまずみ)の娘、神大市比売(かむおおいちひめ)を

    めとって生ませた子大歳神(おおとし)で宇迦御魂神(うかのみたま)と同胞神である」

    この宇迦御魂神は、京都伏見稲荷を代表とする、稲荷神社の祭神です。




    あれっ、これって、京都の八坂神社のところで素盞嗚尊の5番目の子として祀られていましたよね。

    それじゃ、大物主櫛甕玉命ってなんだろう?

    この中の櫛甕玉に注目して探してみた、そうしたら意外なところからそれと同じ名が出てきたのです。

    それは京都府宮津にある籠神社(このじんじゃ)の祭神が、「天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日命」

    だったのです。

    他にも生駒山麓にある石切剣箭神社でも見かけられます。


イメージ 4



    つまりこの名は、大歳彦の死んだ後に付けられるおくり名、諡号だったのです。

    また大歳彦という呼び名は、彦がついているから、幼名だったのでしょう。

    武士の時代に「○○丸」という名前をつけるのと同じですね。

    石切剣箭神社にはもうひとりの神、宇摩志麻遅(うましまじ)命が祀られています。

    それは長髄彦(ながすねひこ)の妹、三炊屋媛(みかしぎやひめ)との間にできた饒速日命の

    息子だそうです。

イメージ 5



    この饒速日命こそ大物主神の正体で、崇神天皇のずっと以前に大和を統治し、

    神武天皇と称された日向御子を娘婿に受け入れた、日本最初の大王

    しかも出雲御祖神、スサノオの息子でもあったのです。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

んんん?む、難しいけど‥‥、でもへええ〜(@0@)/ですう。
いろいろなところで、つながりがあって、結びついたら面白いですね。

2008/6/7(土) 午後 10:21 [ kou*c*an_xx ]

顔アイコン

そうでしょ、こうちゃんのところの神社まで繋がっていきますよ^^
>こうちゃん

2008/6/8(日) 午前 8:07 いちごん

顔アイコン

最後の結論、賛成です。弥生の覇王とも云われていますよね。

神神社の記事です 参考になれば
http://blogs.yahoo.co.jp/pineroad184/14067208.html
http://blogs.yahoo.co.jp/pineroad184/14710626.html

2008/6/8(日) 午前 9:11 Hirojii

いろいろ探してやっと到達したのね。
素晴らしいわ。

2008/6/9(月) 午前 7:21 ちろ&チロの冒険

顔アイコン

すべての神社になかなか行けないので、こういう情報はとてもありがたいです^^
>ヒロ爺さん

2008/6/9(月) 午前 8:11 いちごん

顔アイコン

現時点の結論ですよ。
これから先はどう変わるか・・
自分自身を納得させているだけですから^^
>チロさん

2008/6/9(月) 午前 8:12 いちごん

顔アイコン

これはすごいや、大物主命って本当に大物なんですね、

2008/6/12(木) 午前 5:22 KAN

顔アイコン

どうです、古代史に興味が出てきましたか?
菅さんの近くで神社巡りを始めませんか?
できるだけ歩けば、お金もあまりかかりません^^
>菅さん

2008/6/13(金) 午前 8:03 いちごん

顔アイコン

大物主神の統治できた地域はどのくらいだったのかしら。
圧迫されて次第に関東に移ってきたのかな?

2008/6/14(土) 午前 10:38 めにい

顔アイコン

この時代の政治支配はとても緩やかなものだと言われています。
ひとりの王の手にという感覚ではなかったし、またそれをあまり好まなかったのじゃないかな・・
卑弥呼がたくさんの国々から擁立された、という状況からも王達のリーダー的な存在だったのでしょう。
だから統治地域はどれほどかわかりませんが、そういう連合的な繋がりは、
九州から関東、北陸くらいの範囲だったのではないでしょうか。
>めにいさん

2008/6/16(月) 午前 8:40 いちごん

顔アイコン

コメントありがとうございました。

最近、歴史家の中では「大国主」はその地方で開拓をした神でたくさんいてた、といわれているようです。
記紀編纂のおり、編纂者の都合の悪い史実を隠すため、その「大国主」という名称を使って攪乱させたのだといわれています。
もちろん大物主も大国主の一人でしょうね。

>downseriunさん

2008/9/12(金) 午前 8:10 いちごん

顔アイコン

大山に行きました。スサノヲ 大国主命が大神神社に祭られていました。

インカ

2014/5/8(木) 午前 10:22 [ sek*1*500* ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(1)

トラックバックされた記事

彌和神社と加茂神社など(福井県小浜市)

    =        ☆★  彌和神社(福井県小浜市)  ★☆ =    新平野駅から北上して野木の集落を抜けると、そこが加茂村の入口になる。    道路の脇に、社殿もなく神籬(ひもろぎ)というか祭壇があるだけのものだ。    大戸山から突き出

2009/1/17(土) 午前 10:30 [ 歴史遊歩 ]

トラックバック先の記事


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事