愛媛の海 小旅行

愛媛の海で楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

・(3)豊後水道 − 伊方町 町見

   現在の伊方町のまん中あたりに位置します佐田岬半島全体でもほぼ中央で、北を伊予灘に、
  南を宇和海に面しています。(写真は旧九町と二見で宇和海側)のみ
   中央には南北に佐田岬半島を形成する山地が東西に横たわっています。
  東に伊方に、西は三机に接しています。
   この付近には中央構造線近くの断層崖海岸が続き、とりわけ伊予灘側はけわしい海岸が
  続き平地は宇和海側の亀ヶ池の周辺にわずかにみられる程度です。
   旧九町には立派なお寺や神社があるのにはびっくりしました。

●亀ヶ池
  亀ヶ池は加周地区にあり、佐田岬半島では、珍しく大きな池です。
 周囲が2km、面積8,7ha、最も深い所では12mもあるそうです。
  波によって打ち寄せられた砂礫が、だんだんと積もって海が塞き止められてできた池です。 
 入江の時代には、対岸の田畑へは、伝馬船で行き来していたそうです。
  亀が池には、鰻、鯉、鮒、鯊(ハゼ)、公魚(ワカサゲ)草魚、カニ、エビ等、四季を通じて
 楽しませてくれます。
  加周の対岸には、亀の子神社が祀られていたことから池の名を「亀ヶ池」というようになった
 そうです。
  亀の子神社の下の池の底からは、気泡が上がり湧き水が湧き出ているところがあり、「亀ヶ池
 大ガニ」伝説が伝わっているそうです。
  また、池のそばに希少種で絶滅の恐れがある「コバノウシノシッペイ」というイネ科の植物も
 自生しています。


●見所 町見郷土館
    
    旧町見中学校の校舎を利用した町見町郷土館は伊方町内の古文書や民具・生活資料などを
   展示しています。
    そしてこの地域の歴史や人々のくらしぶりを分かりやすく紹介しています。
    入場料は無料で学芸員の方が親切丁寧に接してくれ楽しく学ぶことができます。
   地域の歴史や昔の文化を見ることによりその地域の本当の姿を見ることができると思います。
    オススメです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事