愛媛の海 小旅行

愛媛の海で楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

・(9)豊後水道 - 三瓶 -有太刀-神の子浦・下泊

●三瓶
  南は明浜、北は八幡浜市にはさまれた三瓶町は、リアス式海岸の三瓶湾岸沿いに開けています。 
 背後には300mから500mの急峻な山々が連なり県道30号線が宇和町に通じています。
 平地は乏しく基幹産業は農漁業を中心とする第1次産業であり、柑橘類の栽培と漁業では、はまち、
 ヒラメの養殖と大型巻き網が主体となっています。

●三瓶-ニ及地区(にぎゅう)
  三瓶湾西入口のニ及は中・小型の内航タンカーの基地で、県内では越智郡波方町に次ぐ海運の町
 です、又、ニ及の西方の長早はカジキマグロの突棒(つきんぼう)漁業の基地として有名でした。

●三瓶-安土
  三瓶港の中心をなす安土は中型巻網漁船の基地であり宇和海や豊後水道をはじめ遠くは東シナ海
 まで出漁しています。

●豚と真珠の話
 港北部の垣生の養豚業者と三瓶湾の真珠業者の対立で、養豚業者の豚の屎尿による海水汚染が
  三瓶湾の真珠養殖に悪影響を及ぼすとのことでの紛争に発展しました。
 昭和41年(1966)NHK「豚と真珠」の全国報道があり一躍有名になりました。
 その後、真珠業者は撤退し、養豚は飯之山中腹に養豚団地を造成移転して規模が拡大したそうです。

●高島の養殖筏
  三瓶湾内には多数の養殖筏が浮かんでいます。
 特に、湾口南部の下泊の沖合いの高島を中心にハマチ・ヒラメ等の養殖が盛んに行われています。

●泊崎魚霊塔
  下泊漁協西入口に泊崎魚霊塔が、昭和57年地元漁業者によって建てられました。
  (湾向の野崎観音に向かい合って建っています)

          魚霊塔建立之碑
     海に生きる精神が築き上げた道標は語りつづける・・・・・・
     宇和海がいつまでも美しく、豊かで、そして永遠であることを!
     我々は海の恩恵に感謝し併せて後世までの豊漁を祈願し、魚介類の
     霊を供養するものである。
     五台の石像は、北太平洋、南太平洋、北大西洋、南大西洋、北極海
     南極海、インド洋の七つの海を・・・・・・
     前面の球体は、我々自身の中に存在する心なる海を・・・・・・
     全体に敷き詰めた玉石は、海に生きる多様な生命を・・・・・・
     中央の空隙は、魚霊の供養、豊漁の感謝を祈る合唱と、魚の形態を
     象徴したものである。

                          昭和五十七年十月吉日
                           三瓶湾漁業協同組合


 ◎愛媛の釣り情報はこちらからどうぞ!リアルに釣果情報もわかります。
        愛媛の遊漁船   
        http://dayzi.com


 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初めて拝見しましたぁ〜
懐かしいみなれた風景です(^_-)-☆ 削除

2008/10/23(木) 午前 1:03 [ ふぅ ] 返信する

顔アイコン

ありがとうさん!
みかんありがとう、美味しいです。最高です。
ほとんど僕か食ってしまったのでヒンシュクかいました。
PS (7)三瓶⇔八幡浜でもありますのでよかったらヨロシク。

2008/10/23(木) 午後 2:09 愛媛の海百景 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事