愛媛の海 小旅行

愛媛の海で楽しんでいます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

(9)豊後水道 - 真穴 ⇔三瓶

 ●佐田岬半島湾奥部に位置する真穴(まあな)地方は、北東がほとんど標高300mの高さの
  急傾斜地に囲まれ、西南西に向けて宇和海が開けています。
   もともと平地の少ないこの地方では、耕地の大半が南予地方特有の急傾斜地の開発による
  段々畑です。

 ●巴里島(びりしま)と周木地区(ニホンカワウソの生息地で特別保護区)
   四国西南部地域に、ごくわずかであるが生息しているといわれるニホンカワウソですが、
  昭和三十八年(1963)10月、愛媛県が特別調査班を編成して三瓶町須崎・周木コテイ島
  八幡浜市大島・明浜町大崎など調査をおこなった際の基地として、又、捕獲の協力者として
  捕獲に成功した三好寅一の網に掛かったのが、三瓶町での最後の報告でした。
   このことから、須崎・巴里島一帯が、ニホンカワウソの特別保護区として指定されましたが 
  現在は、生息を確認されていません。
   このあたり最近ではカレイ・ヒラメ・タイなどの養殖場になっています。
  
  ◇「ニホンカワウソ」
   ニホンカワウソは哺乳類食肉目のイタチ科に属し、頭胴長約70cm、尾約50cm位です。
   夜行性の動物で水に潜って魚やカニを食べます。
   愛媛県立博物館のニホンカワウソの標本には、三瓶町で捕獲されたものが数点展示されています。 
   
 ●勢観世音菩薩 通称:須崎観音様
  
  三瓶湾の北の須崎に身の丈3.3m、総高11.5mの須崎観音が宇和海を見渡しています。
  観音像建立の目的は、三瓶の人々の極めて旺盛な進取の気性が、三瓶の漁業や海運の発展に
  つくしました。
  そのおかげで現在がありますが、その陰には船と運命を共にした殉職者や異郷で志な
  かばで他界していった人々の鎮魂と供養、さらには船の航行の安全と漁業の繁栄を願って建立
  されました。
  境内には三瓶町出身の詩人、宮内雲子さんの「須崎観音賛歌」が建っています。
         
         
        須崎観音賛歌
     
     あまねく宇和海を見わたして
     いつくしみの眼差し
     聖観世音大菩薩
     海に眠る霊を御胸に抱き
     永遠のやすらぎに導き給う
     海に生きる人々の
     心の翔ける驕を戒め
     日毎の航海能安全を守り給う
     ああ鐘の音よ潮風に溶けて
     遥かなるひろがりを
     御仏の慈悲に満たせ


 ○そこから見える景色は絶景としか表現ができないくらいすばらしく晴れた日には遠く
  佐田岬半島から九州、左手には戸島、日振島等の宇和海の島々が見渡すことができます。
  又、真近な所では養殖の魚に餌をやっている様子等も見ることができます。


◎◎◎愛媛の釣り情報はこちらからどうぞ!リアルに釣果情報もわかります。
        愛媛の遊漁船   
        http://dayzi.com

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

素敵なブログですね♪ いつまでも続けてください
楽しみにしています♪ 削除

2008/9/12(金) 午前 8:52 [ 浜っこ ] 返信する

貴重な資料ありがとうございます。アメリカへの横断って、愛媛の漁師の心意気を感じる話しだと思います。
もっと陽の目があたっても良い話だと、私は思っております。
今後もよろしくお願いいたします。

2008/9/18(木) 午後 8:35 イカロスの翼 返信する

顔アイコン

写真がきれいですね。
愛媛には1昨年回航でいきました。
アルバムがあります。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/ootoriiakira/lst?.dir=/fe62&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/

2008/9/25(木) 午前 0:30 風来坊 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事