児童文学と音楽の散歩道

♥15万アクセス多謝!!子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれたネコパパ庵からお送りします

全体表示

[ リスト ]

水底に流れるデュオ

Undercurrent
Bill Evans(p) Jim Hall (g)
イメージ 1

1 MY FUNNY VALENTINE [alternate take] ( Rodgers-Hart ) 
2 MY FUNNY VALENTINE ( Rodgers-Hart ) 
3 I HEAR A RHAPSODY ( Fragos-Baker-Gasparre-Bard ) 
4 DREAM GYPSY ( Veevers ) 
5 STAIRWAY TO THE STARS ( Malneck-Signorelli-Parish ) 
6 I'M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU ( Bassman/Washington ) 
7 ROMAIN ( Jim Hall ) 
8 ROMAIN [alternate take] ( Jim Hall ) 
9 SKATING IN CENTRAL PARK ( John Lewis ) 
10 DARN THAT DREAM ( DeLange-Van Heusen )


ビル・エヴァンス(p) ジム・ホール (g)
1962年4月24日 5月14日録音
Blue Note(原盤UA)

 
以前も書いたことだが、ジャズを聞き出して真っ先に好きになったのは、ビル・エヴァンスのピアノだった。
クラシックばかり聞いてきた私に、「こんな音楽があるのか!」と目を見開かせた、伝説的なスコット・ラファロ(ベース)ポール・モチアン(ドラムス)とのトリオ。
4枚のアルバムは、すべてが『人類の音楽遺産』だと感じるのは、大げさかな。


でも、ちょうど同じ頃、名盤のうわさを聞いて買ってみた、この『アンダーカレント』は、少し様子が違っていた。
珍しいピアノとギターのデュオ。ピアノの音色は紛れもなくエヴァンス。ところが音楽はたしかに『響く』のだが、なぜかもう一つ心に『届か』ない。
冒頭は『マイ・ファニー・バレンタイン』。意表をつく速いテンポにはっとさせられる。ピアノとギターとが渾然一体、何か、凄いことが行われている。二人は互いに変化に富んだ合いの手を入れ合いながら、めまぐるしくソロを交代する。
静寂の中を、鋭く燃焼する音楽が進んでいく。
でも、どっちがソロなんだ。
どっちかと言えば、ギターが邪魔だな。(罰当たり発言)

二曲目以後は遅い曲ばかりが続く。なんなんだ。
どこか吹っ切れないままに、この30分あまりの短いアルバムは、いつのまにか終わる…終わりまできちんと聞けないのだった。
そんなわけでLP(70,年代後半に出たキング盤。たしか1500円のシリーズ)も処分してしまった。その後、<完全版>と銘打ったCDを再購入したのだが。

bassclef 君のブログ「夢見るレコード」に取り上げられたので、少し反省した。

初心に帰って、聴きなおす。
おや、ちょっとちがう。『マイ・ファニー・バレンタイン』の凄みが一層強く迫って来る。
ギターとピアノのインタープレイは、「交互に」ソロと伴奏をしているのか?
そうではない。一つの楽器のように一体化しているのだ。今はピアノ、いまはギター、と別々に演奏しているのではなくて、ピアノを引く手とギターを引く手を持った一人の音楽家が奏でていくように聴こえるのだ。

ピアノでもギターでもない、ひとつの不思議な楽器の音楽。

例えば、バッハが、一台のチェンバロでオーケストラとソロを表現した『イタリア協奏曲』のような。
エヴァンスを、ジム・ホールを聴くという姿勢を捨ててみよう。生まれている音そのものを、わしづかみにする。そんな聞き方が、このアルバムにはふさわしいのかもしれない。


続く諸曲からも、珠玉の二曲を発見。
まず『ロメイン』(ジム・ホール曲)。
呟くように始まる出だしで、周囲の空気が変わる。これは水底の夜の歌だ。後半は次第に熱を帯び、ギター・ソロを中心にテンポも速まる。他の曲にない、激しく追い込んでいくような曲想にひきつけられた。
そして、『スケーティング・イン・セントラルパーク』(ジョン・ルイス曲)。
これはワルツか。
ここまではUndercurrentの表題がよく似合う、水の流れに身を浸すような音楽が続いていたのだが、ここで一転、空に舞い上がっていくような飛翔の音列が現われるのだ。


さりげないようで、実は考えつくされた構成。30分の演奏時間も、緊張感に満ちすぎたアルバムにふさわしい規模。これじゃあ、当盤のような「コンプリート版」なんてのは、有難迷惑の<不完全盤>じゃないか。

好んで何度も聴く、というには余りに凝縮されすぎた音楽だが、やはり唯一無二の名盤だな…


蛇足ながら、このアルバムの象徴のようなジャケット写真。実はアルバムのためのオリジナルではなく、高名な広告写真家が1947年にバザールのために撮影したLady in the Waterという作品。http://www.shorpy.com/weeki-wachee-mermaid
最近クラシックのアルバムでも使用され、話題になった。
昔、スイングジャーナルか何かの記事で「モデルは水死体云々」という記事を見た気がするが、ひどい話もあったものだ。私もエピソードが大好きな音楽ファンだが、だまされないようにしなけりゃ。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

その1.
yositakaくん、こんばんわ。拙ブログ関わりでのB.エヴァンスとJ,ホールのデュオ盤:Undercurrent〜丁寧な再聴の素晴らしい記事、ありがとうです。ピアノとギターというのは、もともとの楽器の性質からいっても、(ジャズでは)相性が悪くくて、たぶん、そのデュオ演奏盤というのも、それほど多くないはずです。その困難にエヴァンスとホールという・・・なんというか白人的な巧さ抜群の2人がチャレンジした・・・という盤かと思ってます。1曲目のmy funny valentineを除いては、当時にyositakaくんも感じたとおりに、どの曲もわりと似たようなムードで、しかもキング盤では確かに音質もモゴモゴしていた感があり(sigeくんも同様な感想だった) ジャズとしては、どうかな?というレコードかもしれませんね。 削除

2010/7/15(木) 午後 7:59 [ bassclef ] 返信する

顔アイコン

その2.
yositakaくんの再聴の印象として〜
《今はピアノ、いまはギター、と別々に演奏しているのではなくて、ピアノを引く手とギターを引く手を持った一人の音楽家が奏でていくように》
これ・・・いいですね!僕もこのレコード大好きでしたが、実はほとんど、このA面1曲目のmy funny valetntine だけをうんと好きでした。他の曲はあまり聴かずにmy funny valetntineの奇跡的なほどに絡み合った2人の集中力の凄まじさに圧倒されっぱなしで、ホント・・・この演奏は凄い!ひと言で言うと・・・二人の鋭すぎるリズム感の交歓(いや、せめぎ合いか)という1曲かな。でもとにかくそのやりとりが・・・気持ちいい(笑) 削除

2010/7/15(木) 午後 8:00 [ bassclef ] 返信する

顔アイコン

その3.そんなに凄い1曲だったので、yositakaくんのこの言葉〜
《これじゃあ、当盤のような「コンプリート版」なんてのは、有難迷惑の<不完全盤>じゃないか》
これには、200%の同意であります(笑)このCDで聴いたmy funny valentineは、うんとゆっくりで・・・いわばのどかなvalentineです(笑)たぶん・・・2人は他の曲もスローのこともあって「何かおもしろくないねえ」「うん、じゃあ思い切ってドッ速いテンポでやってみるかね」なんて会話しながら、やってみたら・・・アッという間のインスピレーションのぶつかり合い!やってる二人もびっくり!そうして・・・あの本テイクの凄まじい演奏になってしまった〜という感じかもしれません。
だから、僕もこの遅いmy funny valentineをCDで初めて聴いた時、「なんだ・・・あのmy funny・・・リハーサルがあったのか・・・」と、それはもうがっかりしましたよ(笑) 削除

2010/7/15(木) 午後 8:02 [ bassclef ] 返信する

顔アイコン

すばやい、しかも三連投のコメントにびっくりです。bassclef 君の共感ぶりが手に取るように伝わってきますね。嬉しいです。
そうか…あのキング盤はやはり音質に難あり、だったのですね。CDは、編成の問題はともかく、音はしっかりしています。こういう音の違いは悩みの種ですが、やはり発売する側の愛情やこだわりが大きく影響しますね。廉価盤だから皆音が悪いというわけではないですしね。
『バレンタイン』の最初のテイクが遅いというのは確かに凄い発見です。本テイクがなければ、これはこれで味があると思うんですよ。

2010/7/15(木) 午後 9:23 [ yositaka ] 返信する

ぼくのジャズのレパートリーは極めて限定的で、ピアノの場合、テディ・ウィルソンとエロール・ガーナーなのですが、ビル・エヴァンスが自宅で弾いたバッハのプライベート録音があるらしく、長年探しています。
バッハがとても似合う人ではないかと思うのですが。

2010/7/15(木) 午後 10:41 [ Loree ] 返信する

顔アイコン

ジャズも幅が広い世界です。テディ、ガーナー、いずれもトラディショナルなスタイルで、ロレーさんのご趣味がよくわかります。ガーナーの『ミスティ』は、大の愛好曲なんです。
エヴァンスのバッハは…聴いたことがないですねえ。ドビュッシーの『水の反映』など、ぴったりと思うのですが。

2010/7/16(金) 午前 10:09 [ yositaka ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事