紙飛行機と花 のち グライダーと読書

紙飛行機って、ハンドランチもカタパルトも奥深いです。 花作りもちょこちょこ楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日の例会ですが、所用のため、欠席しました。
当初は参加して早く帰ってくるつもりで、S田さんにもそうお伝えしていたんですが・・・

今日の様子は ぱぱやんが動画にアップしてくれてはります。

次の出動がいつになるかは未定です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スモールHLG-A

鈴鹿では3投目にHLG-Aの強風対策機の主翼台を破損してしまいました。
発想を変えて、サイズを小さくして衝撃に強く、取り回しのいい機体を2機ほど作ることにしました。
その第1弾はこれ

イメージ 1

スパンは展開で720mm 中央翼弦は95mmです。
比重0.065の8mm厚バルサを前縁側に、0.085の6mm厚バルサを後縁側に貼り合わせたものです。 (前縁のヒノキはまだ貼りつけていません)
ドープのみで仕上げて、破損すればその時点でマイクログラス補強をすればいいかな。

その下は新デザインのHLG-Bの主翼です。

これから完成させるまでの作業が遅いので、シェイクダウンはいつになることやら・・・です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

遠征疲れか(?) 読みづらい文章や書き洩らした文章があったので、修正をしました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

きしめん大会 in 鈴鹿

久しぶりの遠征となったきしめん大会
降雪により、新名神は甲賀−亀山で規制中とのこと
渋滞を覚悟して4:35に大阪を出発
ですが幸いなことに渋滞なしに、鈴鹿には日の出前に着くことができました。

イメージ 1

地面はこのように雪で覆われて、カチカチです。

イメージ 2

イメージ 3

気温が上がらなければ長靴は必要ないかもと思える状態でしたが、日が高くなり競技開始時刻になると、表面の雪は解け始め、予報どおり4m/sの風が吹き始めました。
ストリーマーはこのように横を向きっぱなしでした。

イメージ 4

こんな厳しい条件でもしっかり5Maxを取ってフライオフに残ったのはこの3名です。

イメージ 5


目下鈴鹿では連勝中のぱぱやん
東名の通行止めによる大渋滞に巻き込まれながらも、関東から馳せ参じたA☆彡くん
地元鈴鹿を知り尽くすベテランのK山さん

フライオフは90秒設定。
さらに強くなった風(5m/s以上はあったかと)で機体が風下に流されることを考慮し、3名は風上に移動し、計測と機体をフォローするメンバーが風下にスタンパイします。

イメージ 6

強風の中、発航のタイミングを計る3名 (高ズームなため不鮮明なのはご容赦ください)

イメージ 7

1位は 見事に風を捕えた K山さん 90秒クリアはお見事でした。  (機体回収が大変でしたが)
2位は 向かい風に機体が正対し、ホバリング状態となりタイムをロスした A☆彡くん
3位は ランチ直後に向かい風に機体を押さえつけられ高度を取れなかった ぱぱやん 

HLG−B の1位は ぱぱやん  (Bで5Maxって・・・凄すぎるわぁ)
        2位は A☆彡くん 
        3位は S田さん           でした。

え? 私?  今回はごくごく控えめに過ごさせていただきました(笑)
ですが景品をいただくことができました。 (ありがとうございます!)

イメージ 8

一時は地主の方との調整がつかず、開催が難しいと言われていたきしめん大会ですが、関係者の皆様のご尽力で今回も大会を開催していただき、同志の方々と楽しい時間を過ごすことができました。 感謝するばかりです。 ありがとうございました。

計測などのお手伝いをしに来ていただいたO崎師匠とN潟くん、寒い中ありがとうございました。
今回ご一緒出来なかった同志の方々とも、また飛行機談義ができることを願っております。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

1週間遅れとなりましたが、晴れのち曇りで微風の好条件での例会となりました。
常連さんの不参加が多かったのが残念でした。

イメージ 1HLG-Aでは昨年の年間チャンピオンのぱぱやんが今年も1位スタートとなりました。 2投目は水平尾翼の破断によるものでした。 3位はスパン70㎝の機体でエントリーしたN潟くん。 尾翼の面積を増やしてピッチとロール対策をすれば、すぐにMax連発は確実と思われるランチ高度でした。 4位のS田さんは新型機が不調で途中から機体を換えはったんですがタイムオーバーでした。

HLG-Bはこちらもぱぱやんがぶっちぎり。 新たに製作したという機体は浮きが良く、ランチの高さと相まってまさに鬼に金棒状態でした。 3位以下の方々は全員紙ハンドランチ機でのエントリーです。 narakenさんN潟くんS田さんが3位4位5位。 ランチ高度は出ていたものの機体調整に苦労されていたM野さんK藤さんが6位7位。 O崎師匠N科さんはペースを抑えてはりました。


カタパルトはK藤さんT橋さんN科さんがエントリー。 私も機体とカタパルトは持参していたのですが、エントリーには至りませんでした。



イメージ 2
こちらはぱぱやんのHLG-B
年末年始にかけて不足していたストックを増やしたとのこと

底面フラットの低抵抗仕様の主翼ですが、頂点失速を低減する秘密を発見!!

ぱぱやんの進化は止まりません!!

私の野球投げ機のヒントになりました。





最後は恒例の 野球投げ機による一斉ランチ合戦

イメージ 3

小学生からベテランまで、元気いっぱいです。
特に The youngest のM田くんの負けず嫌いは相当なもの!!!

皆さん、今年もよろしくお願いします。
この日の様子はぱぱやんの動画で!!https://www.youtube.com/watch?v=BSC0rY_PRd8

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事