ブラり写真日記〜鉄道・旅・アニメのブログ。

2017年もマイペース更新。アニメ感想記事は現在休止中。

全体表示

[ リスト ]

「聖夜のものがたり♪なので、」
 
麻音は、またやってみたいものができたという。
それは、朗読劇。
 
お話は自分で作りたいという。
 
しかし、思うようにいかずなかなか話ができないという。
 
みんなから期待されるも、悩んでいた麻音。
 
のりえが、差し入れを持ってきて、麻音の元へ。
涙目です…
 
みんなを喜ばせたいと思っていた麻音。
しかし、喜んでもらえるかどうか不安だった。
 
そして、朗読会当日。
まだ最後が書けていなかった。
 
そして、朗読会が行われるのは、乙女座という場所。
お父さんが晴れ舞台に選んだ。
 
プレッシャーを感じながらも、麻音は物語を書いていく。
 
物語は未完成のまま、麻音は朗読会へ。
 
静かに朗読会が始まった。
物語の内容は無口な鳥が、
勇気を出して、友達を作るというお話。
 
物語の終盤になり麻音はノートを閉じ、
両親や友達に感謝の気持ちを持って、物語を読み終えた。
そして、たくさんのお客さんから拍手をもらった。
 
のりえちゃんも感動した!
 
そして、楓達は小さい頃に出会った場所へやってきた。
麻音はここで物語を書いていたという。
 
「みんなと一緒に作る私たち展。楽しみで、わくわくなので、」
 
今回は、麻音が朗読劇を行う話でした。
自分で試行錯誤の末、物語を書いた麻音。
無口な鳥が友達を作るというお話でしたが、
それは、自分自身を重ね合わせて書いたのかもしれませんね。
 
両親の嬉しそうな顔と、
「忘れないで、いつも私たちがついているから」
と友達に支えられて、勇気をもらった麻音。
朗読劇で、自分の想いをまっすぐ伝えることができて大成功でしたね。
 
朗読劇を通じて両親の暖かさ、友達の大切さを実感した麻音。
そこには、暖かな笑顔と涙がありました。
 
次回でいよいよ感動の最終回なので、
 
http://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事