全体表示

[ リスト ]

TARI TARI〜5話感想〜

「捨てたり捨てられなかったり」
 
大智のバドミントンの応援にやって来た来夏達。
 
紗羽と来夏が踊って応援!
 
大智はベスト8まで進んだが、ベスト4まで行けば、
全国大会に行けたとあってくやしがった。
 
別の日、和奏は紗羽母、志保さんと海で偶然出会う。
 
そして、紗羽の家まで着いてきた和奏はある写真を見せられた。
それは、学生時代の和奏の母と教頭先生が写っていた写真。
合唱コンクールで優勝した時のものだという。
志保さんも同じ高校だった。
 
そして、和奏は母親のことを思い出す。
それは和奏が高校受験の頃だった。
 
そして、その日の夜。
和奏はピアノを片付けたいと父親に告げるが、表情は複雑だった。
 
大智のバドミントンの打ち上げを断り、家に帰る和奏。
 
そして、再び和奏は思い出す。
それは受験の日のことだった。
母親がなくなった瞬間を思い出し、
何もできなかったことを後悔し、くやむ和奏。
 
「もう一緒に歌えない。…ごめんなさい、お母さん…」
 
今回は、和奏の過去が明らかになった回でしたね。
母親への思い、そしてその後悔から和奏は音楽科をやめてしまったようですね。
回想シーンを見てみると、
和奏の母は音楽は楽しむことが一番大事だということを
和奏に教えていた感じがしますね。
和奏の母は和奏と歌を一緒に作ることを楽しみにしていたようですし。
 
コンドルクインズから渡された手紙にも音楽、和奏への想いが綴られていましたよね。
写真にもありましたが、
和奏母の音楽の想いを知っているからこそ教頭先生も厳しい人なのかもしれません。
ピアノを片付けてしまった(おまけにネコもどこかへ行ってしまい…)和奏は、
かなり追いつめられていた感じがしました。
ピアノを片付けても、母親への思いは捨てられない。
そういった意味も今回のタイトルに含まれているのかな?
 
しかし、見ている自分としてはとても辛い物がありました。
個人的には涙なしでは見られない回になったかな。
最後のCパートの雨降りのシーンはまさに、
和奏を心情そのものを表しているようなシーンでした。
次回の予告を見てみると、来夏や紗羽達によって和奏は救われるのかな?
悲しみを乗り越え、歌う時はいつ来るのか次回も注目ですね。
 
次回も楽しみだっTARI。
 
http://animation.blogmura.com/anime_review/ ←にほんブログ村 アニメ感想
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

TARITARIてるみ、2話まで見ましたよっ。おもしろいですよねっ。

2012/7/30(月) 午後 1:41 [ てるみ♪ ] 返信する

顔アイコン

今回はかなりシリアスな展開でしたね
お母さんのピアノを処分してしまうなど、どうも間違った方向へ行っていますね
和奏ちゃんの心の問題なんですかね

2012/7/30(月) 午後 5:18 FREAK 返信する

顔アイコン

空鳥 光実さんコメントありがとうございます。
ネタバレになってしまいましたかね…
地域によって放送の進み度合いもちがいますからね。

2012/7/30(月) 午後 10:07 japantraveler 返信する

顔アイコン

FREAKさんコメントありがとうございます。
和奏の苦しい心情が印象に残る回でしたね。

2012/7/30(月) 午後 10:09 japantraveler 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(21)


.


みんなの更新記事