ここから本文です
2ストあだちです。 よろしくお願い致します。
皆様、こんばんは
2ストあだちです。
一気に寒くなりましたね、、、

さてさて、
今回は以前から探していた“モトコンポ”が希望金額で見つかったので入手いたしました。
イメージ 11

イメージ 1
白色のどノーマル車です。
ちなみに、もう一台、部品取り車も付いてきました。

エンジン始動もOK!
アイドルもしっかりしてる。
走ってみると、どうも低速域でもたつく感じ、、、
やっぱりキャブの掃除は必要みたいです、、、

色々、情報収集していると同系統のエンジンを積んだQR50のキャブが流用出来るみたいです!
しかも、新品でまだ出てます!!!
ここは思い切って新品を購入しました。
イメージ 2

イメージ 3
メインジェットも交換できるタイプですね◎
イメージ 4
ちなみに、QR50キャブの標準メインジェットは#82でした。

いざ、交換です。
実際に比べてみると、細部はやっぱり違います、、、

まずは、燃料とオイルラインの向きが違います。
イメージ 5

イメージ 6
QRキャブの燃料ラインは更にパイプが太いですね!

燃料ラインの向きは変更可能でしたのでモトコンポの向きに修正しました。
イメージ 7
ちなみに、燃料ホースも少し寸足らずになるので交換が必要です。
逆にオイルホースは余りますので適当な長さでカットします。

その他の違いはアクセルワイヤーとチョークワイヤーの取り付け部の違いです。
イメージ 8

イメージ 9
ここはモトコンポキャブから流用します。

あとは取り付けるだけ◎
イメージ 10
サクッと取り付けてエンジン始動です。
やっぱり、新品キャブは綺麗! 清々しいですね◎

エンジン始動後のアイドルも安定しています。
低速域のモタツキも解消です。
、、、しかし、全開で“息継ぎ”します。
調べるとモトコンポの持病らしいですが、、、(ホンマ?)
アクセル全開で、吹ける→息継ぎ→吹ける→息継ぎの繰り返し、、、

うぅーーん?
プラグは焼け気味、、、
薄いのか?
、、、濃いのか、、、

まー、ボチボチ、調整していきます!

それと、
試運転の帰りにスピードメーターが激しい異音と共に振り切れました(泣)
部品取り車からメーター流用します。

あとは要タイヤ交換かなーー
ズークの足跡タイヤ入れる予定です!

以上

この記事に

皆様、こんばんは
2ストあだちです。
今年も宜しくお願い致します。

さてさて、新年早々、大阪に帰阪していました2ストあだちです。

所要でジムニー号でお出かけです。
バッテリーを充電して快調に走行、、、
いや、何かパワー感が無いので、キャブの掃除が必要かなーーー

、、、なんて考えてると、
エンジンが全然吹けなくなってきました(泣)
そして、信号待ちではアイドリングもせずにエンジンストール

ヤバイ、エンジン焼いたかな、、、
とりあえず、路肩に寄せて、エンジンルームの確認をします。

すぐに、異常箇所はわかりました
イメージ 1

エアークリーナーのHOT側のダクトが外れていました!
と言う事で、原因はキャブレターの凍結です。

今の車しか知らない方は???でしょうが、、、
昔のキャブ車はキャブレターの凍結防止の為に、冬は吸気を切り替えて、エキマニ周りの暖かい空気を吸い込みます。
イメージ 2
私のジムニー号はエキマニを社外品に換えているので少し形状が違いますが、、、

イメージ 3
このように、“夏”と“冬”を切り替えるレバーがあります。
切り替えは外気温度が20℃を境に切り替えます(たしか、、、)

イメージ 4
夏モードの時は前方の冷たい空気を吸い込みます。

どうやら、ジョイントのゴムの劣化で外れたみたいです。
とりあえず、つないでテープで無理やり固定してエンジンスタート。
しばらく走ってもエンストもせず、快調に吹けてます。

イメージ 5
こうやって見ると、やっぱり2ストジムニーのエンジンルームはスカスカですね!
整備性は抜群です。

イメージ 6
ちなみに、メーターはSJ40のメーターを流用して120キロスケールになっています。
一応、最高速は105キロ位はでますよ!

昔、RZ250でもキャブアイシングでアクセル戻してもスロットルバルブが戻らずにアクセル全開になる事象も経験しています、、、
キャブのアイシングは恐いですね、、、

以上


この記事に




みなさま、こんにちは
2ストあだちです。

いやはや、、、
ほんとご無沙汰しとります
なかなかアップ、返信出来なくてごめんなさい(泣)

さてさて、前回の予告通り“浄蓮の滝”ツーリングです。

“浄蓮の滝”と聞いて思い浮かぶのは?

そう、石川さゆりの“天城越え”ですね♪
ってなことで、天城越えを鼻歌に歌いながら伊豆半島を目指します。
イメージ 1
いつもの様に、スマホナビで目的地セットして行きます
途中、背後にピッタリと付くバイクが一台。
ミラーで確認すると『RZ』ですね。
有料道の料金出た所で2台停めて暫しお話。
白赤の4L3でした。ピカピカと言うより長年乗り込んだ味のあるRZでしたね◎
しばらく2台で走って、途中でサヨナラです。
やっぱり、2スト同士だとすぐに仲良くなりますね

なんやかんやで浄蓮の滝に到着。
ここの駐車場は無料でした。
イメージ 2
駐車場から滝は徒歩で行ける距離ですが、階段の高低差は結構あります。

入り口付近には『伊豆の踊子』の像がありました
イメージ 3

メインの浄蓮の滝は幅7M、落差25Mの直瀑です。




イメージ 4

イメージ 5
うーむ
実に美しい滝ですね

滝つば付近にはお土産屋さんと名物の“ワサビ田”は広がっています。
あとは、川魚の釣りも出来るみたいです。
イメージ 6

イメージ 7
綺麗なワサビ田ですね。
ワサビって、水の綺麗な所じゃ無いとダメなのでここは抜群の場所ですね。

イメージ 8
売店も風情がありますね。
ひとしきり都会の雑踏を忘れのんびりタイムです
イメージ 9
滝を楽しんだ後は昼ごはんです。

滝の上のお食事処での昼食はもちろんお蕎麦です。
イメージ 10
頼んだのは『天ざるそば』です。
ワサビは生のワサビを自分ですりおろしていただきます。
お蕎麦ももちろんですが、ワサビが美味しい!!!
普段のチューブワサビと違って香りが凄く良い。
やっぱり、ワサビは生に限りますな◎

お蕎麦をいただいた後は少し走りまして道の駅『天城越え』でデザートタイムです。
ツーリングの甘味はやっぱりソフトクリーム
そんでもって天城なのでただのソフトじゃないですよ、、、

そう、『わさびソフト』です
イメージ 11

イメージ 12
ここのわさびソフトは、
そう、生のすりおろし本ワサビがトッピングで付きます。
見るだけでツーーンってきますね(涙)

お味は、ソフトは爽やかな甘さ、ワサビは、、、
うーーん、きっくーー(涙)
すんごいキマス、、、
でも、やっぱり美味しい辛み、刺激です!
泣きながら完食です

イメージ 13

次の目的地は道の駅『開国下田みなと』です。
途中、国道414、135を走り向かいます。

イメージ 14
相模湾が一望ですね。
まだ少し早いですが、アロエの花がチラホラですね
イメージ 15

イメージ 16
こんな海沿いを景色が大好きです。
ベンチと自販機がありましたので、缶コーヒータイムでマッタリです。

イメージ 17

イメージ 20
開国下田みなとに到着して、、、
実はもうフラフラです。
遊覧船やら、下田バーガーとかありましたが、、、
次回にパスですね。
港には海保の船が停泊していました


イメージ 18

遊覧船の案内です
イメージ 19

帰りは何も考えずに爆走で帰ります。
途中もう真っ暗、、、

iZooやらバナナワニ園やら熱海の温泉街が広がり、、、
寄りたいけんど日帰りなもんで(泣)
これも次回ですね、、、

なんやかんやで海沿いをひた走り帰宅。

お土産もちゃんと購入
イメージ 21

イメージ 22
走行距離は391キロでした。

これでようやくツーリング報告が終了です。


以下、写真


イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25



イメージ 26






この記事に

皆様、こんにちは。
いかがお過ごしですか

忙しい日々ですが、前回に続き溜まっていたツーリング記事です。
イメージ 2
今回は“富士山5合目ツーリング”です!
そう、富士山ってバイクでも途中まで登れるんですね
道は“富士スバルライン”っていう有料道路を使いました。
イメージ 1
うん、いつもの逆光、、、

はじめての富士山ですが、やっぱり美しいですね!
いつも、飛行機で大阪ー東京間で上空から見ておりますが、近くで見ると『でっかい!!!』
山頂は雪を被ってまさに絵になりますね
イメージ 3

イメージ 4
さてさて、有料道路の“富士スバルライン”ですが、通行料金はバイクで1,640円です。
ちなみに、原付だと200円、、、 安っっっ!

道中、綺麗に整備された道で良い峠道って感じです。
登っていくにつれて、ヘアピンカーブが多くなってきます。また、観光バスが引っ切り無しに走ってますのでコーナーは余裕を持って走った方が良いですね!
あと、紅葉ですが、、、下界は紅葉してましたが、上はもう終わっておりました。
イメージ 5
イメージ 6
うーん、空が綺麗!
4合目からです
イメージ 7

イメージ 8
途中にいくつか駐車場がありますので、休憩や写真撮りながら登っていきます

5合目は大きな駐車場と神社、飯屋、土産屋があります
イメージ 9
うん、やっばり逆光、、、
イメージ 10
駐車場もこんな感じで余裕があります
もちろん、無料の駐車場ですよ!

無事に5合目まで登ったTZR号、やっぱりキャブ車なので多少はギクシャク、、、なんか調子出ん感じ、、、
イメージ 11
5合目の標高は2,305Mです。
ここまで来るとやっぱり“さむ
イメージ 12

イメージ 13
やっぱり空が綺麗
建物の間に鳥居があり、先には“冨士山大社小御嶽神社”が鎮座しております。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
富士山にある神社、すごく御利益ありそうですね。
参拝させていただき、お守りを購入。
大阪の両親にも“健康守り”を購入しました

参拝を終えて鳥居を出て来ると観光客の家族連れの方々に写真のシャッターを頼まれ、快く受けると、、、
次から次へと外国人観光客がカメラを渡してきます、、、 まぁー全部受けましたがね
何人かの写真を撮り終わると、50歳後半位のご夫妻が片言の日本語で“オニイサンノシャシンモトルヨ”って言っていただきパシャリ!
イメージ 17
おっちゃん、ありがとうございます
左側に指が入っているのはご愛嬌ですかねーー(笑)

ひとしきり観光もしたので、ここらで腹ごしらえですねー
お昼は飯屋『富士山みはらし』で“富士山噴火カレー”です
イメージ 18
富士山に見立てたモリモリのご飯にカレーをかけ、福神漬けで溶岩を表現しているみたいですね
、、、って『噴火』って! 一応、活火山ですが、、、当分は噴火して欲しく無いですね
ちなみに、ハヤシライスで“赤富士”ってメニューもありました!
カレーの味は美味しいカレーです。 コーヒーが付くのもありがたいです 
やっぱり、ツーリング先のご飯は美味しいですね

さてさて、お土産も購入して下山です
イメージ 19

下山すると、やっぱり下界は暖かいですね◎

帰りは高速ぶっ飛ばして帰宅、、、

ん、
むむ!
高速道路の連絡道みたいな道で制限速度50キロのところを“気持ちよく”走っていると、背後に気配、、、
赤色灯、サイレンガンガンの覆面パトカー、、、
おわったーーーーーーーー!

一応、ブレーキをかけ減速、シッレと左車線によって、、、逃げると、
なんと覆面さまは猛スピードで私を抜いて行きました!!!
助かったーーーー

ってなんで???

抜き去った覆面パトの後ろには電光板で『落下物注意』って!
この覆面さまは落下物の現場に緊急走行中だったのですね
しばらく走ると、1車線を塞ぐ感じで建材的なのが!!!!!
これは危険ですね!
いやーー、助かった、助かった
って、みなさん安全運転でいきましょうね、、、

イメージ 20
ってな事で無事に帰宅。
走行距離は348キロでしたーー。

次回は“天城越え 伊豆ツーリング”編を予定しています。



以下、写真です
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

眼下に広がるのは富士の樹海です
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

以上です

なんか、写真日記みたい、、、

この記事に

皆様、こんにちわ。
お久しぶりです。2ストあだちです。

なかなか更新出来てませんが、、、
コメントいただいた皆様、ごめんなさい

さてさて、ためていたツーリング記事です。
今回は、群馬県沼田市の吹割の滝に行ってまいりました。

吹割の滝は、幅30m、高さ7mの滝で東洋のナイヤガラと言われている滝だそうです。
いつものように高速をスマホナビに任せて進みます、、、(関東の土地勘いまだゼロ)
イメージ 1
走っていると紅葉が綺麗ですね

イメージ 2

道中、赤城山や榛名山など頭文字Dに出てきそうな地名がチラホラあってテンションあがります

吹割の滝に着いて先ず気になるのは駐車場ですよね!
この手の観光地の駐車場は有料が多いですよね(泣)

大阪人の私は、絶対に無料駐車場を探します!
イメージ 3
先ず、目に入るのは“滝の駅 吹割” ここの駐車場は無料です
他には、
イメージ 4
お土産、お食事処の“伽羅苑”です。
とりあえず、伽羅苑に停めて滝観光します。

滝までの道のりはけっこう歩きます!
ちなみに、私はぐるっと一周したのでかなり歩きました、、、
イメージ 5
イメージ 6
ちょうど紅葉の季節で色づいていますね
イメージ 7
イメージ 8
滝エリアを一周できる遊歩道があるのですが、、、
ナメテました
途中『熊出没注意』なんて看板が何枚もあるし、メチャクチャ高低差あるし
ライダーブーツで行ける様な所では無かったです、、、
イメージ 9
家に帰る頃には靴擦れでしょんぼりでした(泣)

っで、肝心の滝はというと
こんな感じです(スマホカメラなので全然再現できませんが)
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
うん、滝はすんごい良い感じです。
かなり近くまで行けますし、轟々と上がる水しぶきは圧巻です!
紅葉、滝、マイナスイオン
やっぱり自然の中での気分転換は良いですね
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
ひとしきり、自然を満喫して売店でお土産購入です
イメージ 17
沼田市はりんごが特産みたいですね!
ってなことでりんごのケーキを買いました
イメージ 18
お土産買っても食べるのは自分だけなんですがね、、、(独り身のソロツーリングの悲しさ(泣))

今回のツーリングの走行距離は389キロでした
イメージ 19

あれ、、、いつの間にか3万キロこえてる!

さてさて、次は“富士山5合目ツーリング編”です


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事