ここから本文です
中国語翻訳者の日々

書庫Hへのメール

すべて表示

 君が春にくれたメールでふれていた須賀敦子の本を読んでみた。  読んだのは『ミラノ霧の風景』、『コルシア書店の仲間たち』そして『旅のあいまに』。三つとも読書の愉しさを与えてくれて、久しぶりに急いで読むのがもったいないという気持ちにさせてくれる文章で、君が褒めるのももっともだと思った。  全集の最初の一巻を読んだだけだけれど、できれば全巻読んで彼女の世界を充分に味わってみたいと思う。彼女の世界には生きる喜びと哀しみが、単なる言葉としてではなく、実体としてつまっていて、それにふれれば、ぼくの小さな世界も少しは豊かなものになるような気がするからね。  年をとったせいだろうか、本を読んでも内容をすぐ忘れてしまうことが多い。読んでつまらなかったものは忘れてもいいけれど、読んで心に残った本についてはどんなに短い、幼い内容であれ、読後感を書いすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 語彙量の豊かさ

    2017/2/21(火) 午前 1:04

     鴻巣友季子の『全身翻訳家』を読んで感じたのは翻訳家の語彙量の豊かさということだった。  語彙量は翻訳する外国語の語彙量のことではなく、日本語の語彙量のことだ。日本語の語彙量が豊かでなければ、読んで心に沁みるような翻訳ができるわけがない ...すべて表示すべて表示

  • 作文の基本の勉強

    2017/2/17(金) 午前 6:57

     『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』は中国の春節休みを利用して帰国した際に、例によって家の近くにあるBOOK・OFFに行き、見つけた本。  中国の出版社で中国人スタッフの中文日訳をチェック・修正する仕事をしていながら、ぼく自身 ...すべて表示すべて表示

  • 在沙发上看书...

    2017/2/14(火) 午前 8:49

    1月20日 星期五 北京 晴,大阪 小雨   乘坐下午4点05分离开北京的CA161回大阪。在飞机上看了《人民中国2017年1月号》。这一期文化方面的文章较多,政治和 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事