東播ラビットおやじのブログ

趣味のブログ・・・ 少しずつ増やしていきます

全体表示

[ リスト ]

ボリュームの抵抗変化特性とは、一般にAカーブ、Bカーブとか、NMカーブ等と呼ばれています。

アルプスのカタログでは、
「軸を規定の位置に置き、規定の端子間(端子1 と2 との間または端子2 と3 との間)の電圧を測定し
端子1 と3 との間の電圧に対する百分率を算出する。」とアルプスのカタログで説明されています。
図で示すと下記の様になると思います。

イメージ 4


ところで、Aカーブ または Bカーブと言っても複数のカーブ特性が存在する事が分かりました。


一般に、オーディオ用の音量調整ボリュームは、Aカーブを使用します。
これは、Bカーブの様に直線タイプだと音量ボリュームを上げ始めたところで急激に音量が
立ち上がってしまい扱いづらいからです。

下の図は、アルプスの電子カタログに記載されている金属軸ボリュームの抵抗変化特性を示したものです。

Aカーブでも、K(25A)、A(15A)、D(10A)と3種の抵抗変化特性があります。
その中でも標準品として販売されているのが A(15A)です。
通常、Aカーブと言うのが15Aのことでしょう。

イメージ 3

下はBカーブの抵抗変化特性です。
Bカーブでも、B(1B)、V(3B)、W(4B)、Special W(5B)と種類があります。

イメージ 2


今回、アルプスに特注した音量調整用の(メイン)ボリュームで抵抗変化特性は、V(Vol.Control)(3B)
です。(青色のライン)
音量調整用は、Aカーブ(15A)(赤色のライン)を使用するのが多いのですがAU111では殆どが
Bカーブのボリューム使用されています。(注:前期型のモデルで一部Aカーブあり。)

通常、AU111の(音量)VOLUMEは、目盛上で2前後で使用するのが多いのですが、Rotation travelで
20前後となります。
、Rotation travelで、0〜20までは、A(15A)もV(3B)も抵抗変化特性は、ほぼ同じである事が分かります。
実際のところV(3B)の抵抗変化特性の特注ボリュームを音量用と使用しても、まったく不具合はありません。

イメージ 1下の

下の図はBALANCE様に使用されるNMカーブの抵抗変化特性です。
Rotation travel 50%の位置がBALNCEボリュームのツマミでセンター(12時方向)の位置になります。
センターの位置では左右どちらのチャンネルも減衰無しですが、左右に回すと片方のチャンネルのみが
減衰するという特性になっています。

イメージ 5

イメージ 6


この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

Aカーブ3種類は初見です。

フレッチャーマンソン曲線に忠実に作られた
アムクロン IC150は見事なものです。
48接点?に抵抗とコンデンサーの組み合わせ。
日本では東京高音(近所です)しか出来ないかも。

2015/3/8(日) 午後 0:55 [ jh1*mk ] 返信する

顔アイコン

jh1*mkさん こんにちは。

私も、この抵抗変化特性の図を見るまで複数の抵抗変化特性が
有るのを知りませんでした。
全ての特性を特注出来るとは思いませんが、今回は参考になりました。

2015/3/8(日) 午後 1:08 [ ラビットおやじ ] 返信する

顔アイコン

ラビットおやじさんこんばんは以前アルプスのボリュームでお世話になりました。今日ようやくAU-9500のボリュームの交換が終わりました。有難うございました。でも配線が短くなっているので交換が大変でした。配線の短くなったぶん要らなくなった抵抗の線をUの字に曲げて何とか終わりましたがドウもラウドネスにすると低音が少し割れるような音がしています。そのうちらラウドネスの
線だけUの字にして取り付けていないため半田が付いていないのかと思います。今日は疲れました。
また後日直す予定です。有難うございました。何時もブログを楽しませて頂いています。

2015/4/4(土) 午後 11:12 [ ema**y20*1 ] 返信する

顔アイコン

ema**y20*1さん こんにちは。

特注ボリューム注文されたのですね。

配線が短くなっても容易にシールド線を張り替えるわけには
いかないと思います。
込み入った箇所ですので誤配線が無い様に気を付けて作業を
行って下さい。

2015/4/5(日) 午後 0:48 [ ラビットおやじ ] 返信する

顔アイコン

ラビットおやじさん
こんばんは。教えてもらい事があるのですがシールド線では無い配線を5cm位長くしたのですが短くてもノイズを拾う事がありますか?ボリュームに触ると消えることがあります

2015/4/5(日) 午後 8:24 [ ema**y20*1 ] 返信する

顔アイコン

ema**y20*1さん こんにちは。

元の長さと、あまり変わらない様であれば問題ないと思います。
ボリュームの取付けナットがしっかり締め付けられているか
誤配線がないか確認した方が良いと思います。

高利得の回路は誘導でのハムノイズを拾う事がありますので
元通りに外ケースまで組立てて確認した方が良いです。

2015/4/6(月) 午後 1:51 [ ラビットおやじ ] 返信する

顔アイコン

有難うございます。ケースを全部取り付けたらアースのハム音は消えました。あとはボリュウムを上げると低音が時々割れる様になりまたパワー部は異常ないのでコントロール回路の小さいコンデンサーを交換、トランジスタもう一度、調べて見ようと考えています。有難うございました。今はブログをアドレスバーで直ぐラビットおやじさんのページを確認できるように致しました。

2015/4/6(月) 午後 6:38 [ ema**y20*1 ] 返信する

顔アイコン

ema**y20*1さん こんにちは。

低音が割れるのは両チャンネルですか?
BALANCEボリュームを左右どちらか一杯に回し切れば確認出来ます。

コンデンサーの予防交換は良いと思いますが、闇雲にトランジスター
を交換する方がおられます。
ある程度、故障個所の切り分けを行ってから交換した方が良いと
思います。

以前、AU−999の雑音修理を行った事がありますが、良く言われるトランジスタの不良では無く、初段の半固定ボリュームの接触
不良が原因でした。(リレークリナーで洗浄して回復)

2015/4/8(水) 午前 10:15 [ ラビットおやじ ] 返信する

顔アイコン

ラビットおやじさん こんばんは
何時も楽しく拝見させて頂いています
AU9500ですが左側です。なかなか思うようにいきません
所詮見よう見まねで始めた事ですので簡単に行きそうに有りません、やる気が出来たときまた始めようと思います。古い機器は次から次と不具合が出る(TA−F6bで半年ぐらいは大丈夫でした)ので楽しみであり苦しみの様です

2015/4/9(木) 午後 9:03 [ ema**y20*1 ] 返信する

顔アイコン

ema**y20*1さん こんばんは。

プリアンプ部の左チャンネルまで分かっているのでしたら
あとは、あせらず地道にコツコツ(笑い)と切り分けて
行きましょう。
回路の途中で左右の回路をクロスさせて切り分ける方法も
ありますが壊さない様に気を付けて下さい。

2015/4/10(金) 午後 10:29 [ ラビットおやじ ] 返信する

顔アイコン

ラビットおやじさん こんばんは
コツコツ弄って診ます。以前リレーを取り外した。時の半田不良かの知れないのでもう一度取り外してみて見ます。有難うございます。

2015/4/13(月) 午前 0:33 [ ema**y20*1 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事