私の「うつ」…そろそろ治るかな〜!

ごめんなさい、コメントは不可にしました.

韓国ドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

ガビ〜ン

イメージ 1

相変わらず 韓ドラを観ない日はないんだけど 今は月曜日の夜10時から BS2でやってる



ペヨンジュン主演の 「 太王四神記 」 が1番好きなんだけど それで 何しろドラマの



OSTがとてもいいもんで アマゾンで 「太王四神記 サウンドトラックvol.2」を購入して



さきほどとどいたんだけど これがさ〜ドラマを観ていて ドキドキする音楽じゃ〜ないのよ〜



全18曲入ってるんだけど 私の好きな曲はせいぜい2〜3曲かな〜  



でもって 何故 いきなりvol.2を買ったかというと ただ DVD付きだったから。。。



でもでも やっぱり ちゃ〜んと vol.1から買うべきよね? こりゃ〜大失敗だよ



ネットで調べたら 私の好きな オープニングテーマ曲とか タムドク(ぺ・ヨンジュン)のテーマは



vol.1に入ってるらしいじゃん  あぁ〜〜 購入前にちゃ〜んと調べるべきだよなぁ〜



だから さっき 速攻で夫の携帯にTEL  そしたら 車で家に向かってる最中だった



私 「 ねぇ〜 今疲れてる? 」



夫 「 そりゃ〜疲れてますよ〜 金曜日だしね クタクタですよぉ〜 」



私 「 あっそっ 」



夫 「 ど〜かしましたか? 」



私 「 あれこれ あれこれ 。。。ッってわけで 帰りにvol.1を買ってきて欲しいんだよね 」



夫 「 えぇ〜〜〜?  これからぁ〜〜? やだな〜〜〜 それに間違えて買って帰ると



物凄く怒るしぃ〜〜 」



私 「 太王四神記のOSTのvol.1っつってんだよ?  間違えよ〜が無いジャン? 」



夫 「 えぇ〜〜  それでも なんかいつも これじゃ〜 ないジャンっ!!ってぇ〜 」



私 「 じゃ〜〜いいよっ!!(怒)  何よ 子供達が 帰りに○○買ってきて〜  って言うと



ホイホイ トイザラスに寄って 買ってくるくせに 私の頼みは聞けねぇ〜ってんだなっ!



わかった じゃ〜ねっ!! 」  ガチャッ。。。。




それから 1分後。。。  夫からTEL



夫 「 CD買わせていただきますぅ〜  太王四神記のvol.1ですね? 売り場に着いたら



確認のTELをしますから それじゃ〜 のちほど 」      だと



ケッケッケッ〜〜〜    嬉しい〜〜  これで ちゃ〜んと買ってくれば 尚嬉しい〜



本日の教訓  ドラマのOSTは ちゃ〜んと vol.1 から買いましょ〜♪



それにしても  奴は しっかりと 買ってこれるかな?  ネットで頼めば確実なんだけど



何しろ 私は欲しいと思ったら 今すぐ たった今 欲しいせっかちな 性格だからね〜

この記事に

開く コメント(24)

「砂時計」

イメージ 1

韓国ドラマ 「 砂時計 」を 観た  このドラマは 1995年 最高視聴率 64.5%という



韓国内で 歴代視聴率 第3位を 記録したドラマで 社会現象 にまでなった 超人気のドラマです



内容は 1980年 5月18日  韓国で 実際に起きた 民主化運動(光州事件)を 背景に



政治界  経済界  裏社会が 絡んだ 巨大な権力に対抗する 検事ウソク(パク・サンウォン)



時代に 翻弄されながらも 裏社会で 自分の生き方を貫こうとする テス(チェ・ミンス)  



カジノ界の大物を 父に持ち  テスとの禁断の愛に 苦悩する ヘリン(コ・ヒョンジョン)



献身的に ヘリンを守ろうとする ボディーガードの ジェヒ(イ・ジョンジェ)ら 青年達の  友情



を描いた 全24話の  社会派ドラマです  何しろ 終始重かった  が 感想 それに



政治的圧力  世の中の掟  力関係 など  色々と 考えさせられた  光州事件とは



聞いたことは あったが どのような事件だったのか  よくわかるドラマだ  そして 何よりも



リアルなのが  その 当時の事件のニュース映像を そのまま ドラマに使っているので 生々しい



町に 装甲車が 走ったり  実際に 死者 負傷者が 多数出た 歴史的事件なので  考え深い



韓国歴代 大統領  「 ノ・テウ 」 「 チョン・ドファン 」 「 キム・ヨンサム 」 



などが 関わっていて   事件の首謀者として 死刑判決を受けた キム・デジュン元大統領



今も 尚  この事件は 色々と 解明されていない 事が多い  それにしても  お隣 韓国は 



南北断絶の 38度線 板門店  そして まだ 休戦中   複雑で  とても悩みが多い 国だ



ドラマの 出演者 チェ・ミンス  パク・サンウォン は  ヨン様こと  ペ・ヨンジュンの



最新作ドラマ 「 太王四神記 」 でも 共演する  ベテラン俳優なので  次回作が 楽しみ



それにしても 私は好きなんだよね〜 こ〜いう 時代に翻弄された 男達の切ないドラマ お見事です



 

この記事に

開く コメント(16)

ソウル行きた〜い

昨日 おとといと なんだか急に またソウル行きたい病が 出たので ズッ〜と パソコンで



検索していた  是非また ソウル(明洞)に行って 



焼肉 →  http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=1518


ビビンバ → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=27


おかゆ → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=611


キンパッ(のりまき) → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=72


パッビンス(小豆フルーツカキ氷) → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=938


ジェラート → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=692


チゲ → http://www.seoulnavi.com/food/restaurant.php?id=730



今年の 秋〜冬 あたりに また是非行きたいな〜〜〜  いけるかな〜〜  食い倒れた〜〜い

この記事に

開く コメント(8)

映画「タイフーン」

イメージ 1

イメージ 2

久々に 観ました  男臭い・カッコイイ・しびれる映画 「 タイフーン 」 これは



昨年ロードショーされた 韓国映画史上最大の18億円を費やして 製作された 南北分断の



悲劇の映画で 撮影は 韓国国内の他 タイのバンコク・クラビ  そして ロシアのウラジオストク



など 大規模なロケーションの  スケールの 大きい 海洋アクションものです



主演は チャン・ドンゴン(シン)  そして 共演に イ・ジョンジェ(カン・セジョン)



そして シンの姉に イ・ミヨンです    二つの国から 見離され捨てられた 男の 復讐劇



もちろん 映画だから ストーリー的には 現実には有りえない 事だが なにしろ 主役の



2人が カッコ良すぎる〜 チャン・ドンゴンの 映画はほとんど観てるが 「 ブラザー・フッド 」



以来の カッコよさ ドラマ「 イブのすべて 」の王子様的 役もさることながら やはり 肉体美



アピールの この作品も素敵〜〜 ♪  そして 映画「 イルマーレ 」や  イ・ヨンエとの共演



「 ラスト・プレゼント 」とは 違った 大人の男の魅力の イ・ジョンジェには やられました   



真っ白い 海軍大尉の制服姿が素敵です あ〜 私が戦争物が好きなのは 制服に 弱いのか〜?



カン・セジョン率いる 後半の 非公式作戦 片道の燃料しか積み込めない ヘリでの作戦遂行も見所



あ〜〜〜なんて 韓国の 俳優はこんなにも素敵なのか? やはり 兵役制度の為か? 何故に



男ら〜しいく見えるのか?   「 ホテリアー 」の総支配人役 キム・スンウの元奥さん



イ・ミヨンも いい仕事してます  映画「 純愛中毒 」 では イ・ビョンホンを 翻弄する



魅力的な役どころだったが 今回は 苦しい人生を送った 女の生き様を よく演じていました



何しろ 1度 観ていただきたいです  これ スクリーンで 見たかったよなぁ〜〜



「 チャミスル 」 アナタノコドガ スキダカラ… もしかして? 私に言ってましたか〜〜?

この記事に

開く コメント(13)

「神話」

イメージ 1

俳優 キム・テウ(JSA)(涙が見えないように)(初恋)  が 好きなので 彼の


主演ドラマを  借りてきた  このDVD 2日間で 全16話を 観た  (疲労…当たり前か)


【 キャスト 】   2001年作品

パク・ジョンチョル(ホテリアー)

キム・ジス(サランLove)

コ・ドゥシム(若者の日向)

イ・ユジン(美しき日々)

クウォン・サンウ(天国の階段)(悲しき恋歌)

ペク・ぺイル(ガラスの靴)

パク・ハヌィ(秋の童話)

キム・ヨンエ(愛の群像)

他にも 脇役は おなじみ人ばかりだった



ストーリー


韓国で2001年に放映された  若者たちが繰り広げる 愛と野望のヒューマンドラマの 傑作



「 夢は度を超すと野望となる・・・ 」 夢を持ち続ける男と 野望のために愛をも犠牲にする男



そして2人の間で揺れる一人の女の物語   監督は「ガラスの靴」の チェ・ユンソク



「宮廷女官 チャングムの誓い」の大ヒットで一躍名を馳せた 人気脚本家キム・ヨンヒョンが



脚本を執筆  パク・ジョンヒ大統領暗殺事件など 1970年から80年代の韓国の政治  社会 



文化等を背景に  時代の激流の中で運命に  翻弄される男女をドラマチックに描く



何しろ 観終わって かなり 重い気分になった。。。  落ちた  私の好きな 交通事故



記憶喪失  出生の秘密 等は無いが  なにしろ 実際の 1970代の 韓国の社会情勢を



赤裸々に 訴えてる ドラマだった  ど〜んと 気分は沈んだけど  もう1度観てみたいかな?



と 思わせる ドラマだった  男の野望のために 愛する女性を捨てた そして その捨てられた



女の復讐激が 始まる  かなり 難しいドラマ展開で  テンポも速い 飽きずに 中だるみも無く



サクサクを観れた  久しぶりに  いいドラマに出会えた  機会があったら 是非見てもらいたい



これは 男性にお薦めかな?  女の執念  捨てられた女の底力を 見せ付けられるようなドラマだ



クウォン・サンウの出世作とも 言われている  OSTも中々いい  必見です!!!

この記事に

開く コメント(18)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事