ここから本文です

書庫全体表示

維力炸醤麺

年末記事にしたバンメン。
 「華楽のバンメン」http://blogs.yahoo.co.jp/jimmy_arakawa/9962354.html
 「バンメン、タンメン、チャーメン」http://blogs.yahoo.co.jp/jimmy_arakawa/10284742.html
バンメンの話題はまだまだ続きます。

さっきチキンラーメンの記事も書いたことですので、次はカップ麺。台湾の維力炸醤麺を紹介します。


イメージ 1
一見日本のカップ麺と変わり無いように見えますが、


イメージ 2
碗が二重になっています。添付の調味料も2袋ありますね。


イメージ 3
実はこれは乾麺です。日本のカップヤキソバのようにお湯を捨てて・・、いえいえ捨てません。あのもう一つの碗に入れるのです。碗にはあらかじめ湯料(スープの素)を入れておきます。


イメージ 4
柔らかくなった麺の上に袋から炸醤を絞り出します。


イメージ 5
良く混ぜればおいしい炸醤麺の出来上がりです。

日本でも昔カップヤキソバの捨て湯(すてゆ)を使ってスープを作るという商品がありましたが、すぐに市場から姿を消してしまいました。中国では茹で汁は消化の助になるという考え方「原湯化原食」があり、麺の茹で汁は面湯と呼び飲む習慣があります。

この記事に

  • 顔アイコン

    水餃子の茹で汁は「餃子湯」と言えば、お店でも出してくれますよ。あれ、でも麺の茹で汁を飲むというのは聞いた事無いなあ。

    mai*o*aido4*49*n

    2007/1/9(火) 午前 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    日本では蕎麦湯はどうして飲むということになってるんでしょうね?ルチンが含まれてるなんていう話は後付けの理由でしょうから。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午前 1:23

    返信する
  • 顔アイコン

    うじゃさん、餃子の茹で汁は大抵の中国人がやってるようです。日本でもお湯に入ったままで餃子を出す店があります。釜揚げうどんのようなものですね。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午前 1:26

    返信する
  • 顔アイコン

    しかし面の茹で汁になると、私のところに集まった話では、山東省の店にあった、北京では店では見かけないが老北京にとっては飲むのが常識、上海の人は誰も知らない、というように地域によってかなり違うもののようです。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午前 1:35

    返信する
  • 顔アイコン

    台湾の維力炸醤麺ですか、日清のUFO焼きそばカップ麺の四川風味もこんな感じでした。お湯は捨てていましたが。もちろん中国で買ったものですが。

    そうぶ

    2007/1/9(火) 午前 6:32

    返信する
  • 顔アイコン

    ワー!しばらくお邪魔してないのに、故郷の維力炸醤麺まで紹介されました、、この麺はとても古いですよ、でも人気がずっと減らなくて、統一 の美味しい麺はどれくらい出しでも、今まで買う人がいますよ。

    hua*g0*03jp

    2007/1/9(火) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    市販の面の茹で汁を飲めないそうです。

    [ ACRJ ]

    2007/1/9(火) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    北方の餃子店では黙ってても茹で汁を出してくれますが、上海ではそんなことは無いです。また、上海人も気にしないみたい。

    mai*o*aido4*49*n

    2007/1/9(火) 午後 7:34

    返信する
  • 顔アイコン

    今夜紹介するのは維力炸醤麺家族です。huangさんが食べたことのあるのはどれどれかな?

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午後 9:04

    返信する
  • 顔アイコン

    soubuさん、食堂でも地方によって扱いが違いますが、インスタント麺の捨て湯を使うのは維力炸醤麺の得意技のようです。今夜続報を書きます。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午後 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    CRJさん、日本式中華生麺はカンスイをはじめとしていろいろな添加物が入っていますからね。中国だと、例えば成都の担担面の店のように製麺店から1日6回届けさせたりして、生鮮食料品扱いですから面の茹で汁を飲んでも安全だと思います。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午後 9:12

    返信する
  • 顔アイコン

    花猫さん、中国は広いですね。香港人は出前一丁、上海人は味千拉面、北京人は地元の生の切面で作った炸醤面が好きということでしょうか。

    ジミー荒川

    2007/1/9(火) 午後 9:18

    返信する
  • 中国の生面もカンスイが入ってるでしょう!手作りなら、大丈夫ですが、、、

    [ ACRJ ]

    2007/1/10(水) 午後 7:35

    返信する
  • 顔アイコン

    中国に行く度スーパーで探していますが、日式面以外の生面をみたことがありません。CRJさんも餃子を作った時に、皮がすぐ乾燥してしまうのを見たでしょう。面は添加物を入れなければ長持ちしないんですよ。日本では飲食店の面も自家製じゃない店が殆どです。そして飲食店では添加物の表示義務はないんです。

    ジミー荒川

    2007/1/10(水) 午後 9:15

    返信する
  • だから、茹で面の汁を飲まないほうがいいでしょう!

    [ ACRJ ]

    2007/1/10(水) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    日本のラーメン店では茹で汁は出しません。湯切りも徹底的にやるでしょう。きっと危険なものだと店も客も思っているんですね。でも中国の白い面なら茹で汁を安心して飲めますよ!

    ジミー荒川

    2007/1/11(木) 午前 7:49

    返信する
  • 一応市販の面のゆで汁を飲まないようにしてます。

    [ ACRJ ]

    2007/1/12(金) 午前 0:44

    返信する
  • 顔アイコン

    日本の蕎麦湯は飲んだことがありますか?

    ジミー荒川

    2007/1/12(金) 午前 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    分からないです。そばはもともと好きではないです。

    [ ACRJ ]

    2007/1/13(土) 午後 7:33

    返信する
  • 顔アイコン

    蕎麦の独特の香りが苦手なのかな?蕎麦は身体に良いらしいですよ!

    ジミー荒川

    2007/1/14(日) 午前 8:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事