ここから本文です

書庫全体表示

原湯化原食

去年から残業の少ない状態が続いているおかげて、もともとテレビ好きの私の視聴時間は、大学時並の長さになっています。BS放送は一年ほど前にやっと観られるようになりましたが、面白いですね。映画も良いですが、野外で生撮りした番組の映像は特に美しい。NHKの「世界ふれあい街歩き」や、BS日テレの「トラベリックス世界体感旅行」で実際にそこを歩いているような臨場感を味わっています。


イメージ 1
先日の「トラベリックス世界体感旅行」は「中国〜四川〜篇」でした。
「永記老湯円面館」という店に担担面を食べに行ったら、画像のように、麺のゆで汁がカップに入れられて一緒に出てきました(下記HPも参照して)。
http://www.bs-n.co.jp/travelix/oa/061105/main.html


イメージ 2
中国には「原湯化原食」という考え方があり、面の茹で汁も面の消化を助けるとされています。この画像はnaoさん撮影の山東省煙台の「老李刀削面」で出てきた面湯ポットです。


イメージ 3
そうそう、日本にもこの習慣が蕎麦に残っていますよね。上の赤い木の容器は湯桶(ゆとう)といいます。食後に蕎麦湯(蕎麦の茹で汁)を入れて持ってきてくれるので、左下の蕎麦猪口に入れて飲みます。

この原湯化原食、上海の皆さんは知らないそうです。北京ではみんな知ってる有名な話なのかな?

この記事に

  • 蕎麦湯の湯桶、好きなんです。

    zhen0126

    2007/2/12(月) 午前 8:25

    返信する
  • 顔アイコン

    zhenさんは中華圏のどこかで面湯を見たことはありませんか?餃子の茹で汁は良く出てくるようです。

    ジミー荒川

    2007/2/12(月) 午前 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    そばの場合も中国と同じ発想なのでしょうか?個人の勝手な感想では、濃いタレ汁を最後まで楽しむためと思っていました。 削除

    [ ぴろ中村 ]

    2007/2/12(月) 午後 2:28

    返信する
  • 顔アイコン

    日本中国とも本音の理由は食材を無駄にしないのと食器を洗うのを楽にするためだと思います。原湯化原食もルチンが含まれてるからというのは後付けの理由でしょう。ウィキペディアでは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6 蕎麦つゆの出汁を最後に味わうためであるとしていますが、そういう理由なら、茹で汁よりお湯で割ったほうがいいですよね。

    ジミー荒川

    2007/2/12(月) 午後 10:43

    返信する
  • わたしも面湯は見たことないなあ。餃子湯はよくありますけどね。

    mai*o*aido4*49*n

    2007/2/12(月) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    蕎麦湯ね、中国の北方系もこういう習慣がありますね。

    [ wav*00*jp ]

    2007/2/12(月) 午後 11:46

    返信する
  • 顔アイコン

    花猫さんは昔から気にしてくれてると思うけど、それでも見つからないほど上海では無い習慣なんでしょう。

    ジミー荒川

    2007/2/13(火) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    リリーさんは知ってましたか?四川にもあるんですね。

    ジミー荒川

    2007/2/13(火) 午前 1:04

    返信する
  • だから旦那は飲んでるのね。。。うちは蕎麦湯って飲んだ事ない!

    うじゃ太太

    2007/2/13(火) 午前 9:59

    返信する
  • お蕎麦も好きですが、私はどちらかと言うと蕎麦湯の方が好きです(笑)中国でもそういった習慣があったんですね!知りませんでした。

    ひろえ

    2007/2/13(火) 午後 8:06

    返信する
  • 上海はその習慣がないです。

    [ ACRJ ]

    2007/2/13(火) 午後 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    蘇州には無い習慣かもしれませんね。

    ジミー荒川

    2007/2/14(水) 午前 0:39

    返信する
  • 顔アイコン

    CRJさんがきっぱり言うんだから上海にも無いんでしょうね。

    ジミー荒川

    2007/2/14(水) 午前 0:41

    返信する
  • 顔アイコン

    しかーし、北京人のご両親を持つうじゃさんのご主人は飲んでいるんですね!

    ジミー荒川

    2007/2/14(水) 午前 0:46

    返信する
  • 餃子湯も上海では言わないとくれないです。北方だと座っただけでついでくれます。

    mai*o*aido4*49*n

    2007/2/14(水) 午前 0:55

    返信する
  • 顔アイコン

    そういえば、スヰートポーヅの水餃子は茹で汁に餃子が入っているタイプでしたが、こういうタイプも中国にあるかな?

    ジミー荒川

    2007/2/14(水) 午前 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    面だけではなく、餃子を食べた後もいつも「餃子湯」が運ばれ、「原湯化原食」させてるのです。もともと野菜・お肉・面が同時に存在する立派な主食なので、スープを添えば完璧です☆

    伶音坊

    2007/2/14(水) 午後 5:57

    返信する
  • 顔アイコン

    日本の蕎麦湯も今ははじめから出す場合がありますが、中国も日本も昔は食後ですよね。食器をすすぐというのが裏の、でも本当の理由じゃないかな。

    ジミー荒川

    2007/2/15(木) 午前 0:57

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴろさん、江戸のそば湯のはじまりについて書かれた文献の引用文がありました。↓です。
    http://www.h5.dion.ne.jp/~kisin-an/tisin/sobayu.html

    信州諏訪で、消化を良くするために飲むものだと聞いたのが始まりだったそうです。

    ジミー荒川

    2010/11/21(日) 午後 2:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事