ここから本文です

書庫全体表示

この記事は日式拉面の書庫で書こうかと悩みましたが、中国は広いのでこういう切麺もあるかもしれないということで、面食に入れておきます。


イメージ 1
昨夜ネットで「刀切麺」というのを開発したというページをみつけました。
http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/menu_tousetsu.html
これは中国で一般的な、しかし日本ではめったに目にすることが出来ない切麺でしょう。早速本日目黒本店に確認に行ってきました。


イメージ 2
「この麺は刀で切っているのですか?」
「ええ、本当に刀で切って作ります。それを店に持ってくるのです」
とのこと。料理法はさまざまありますが、炸醤麺は無いので担担麺を注文。


イメージ 3
幅約10mm。非常に短い。50mm程の長さで、縮れています。噛んだ感じも日式拉面のよう。日本で一般的な担担麺のスープに良く合うお味でした。


【追加】
イメージ 4
こんな建物です!




http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.37.52.116&lon=139.42.53.151&width=240&height=240&sc=3


住所: 東京都目黒区目黒1−6−16 ミョンドンビル1F
最寄り駅: 目黒
※2006年12月18日時点の情報です。
ID:0000839636


http://i.yimg.jp/images/gourmet/map_blog/img/logo_s.gif

この記事に

  • 顔アイコン

    私もちょっと前に見つけて気にはなっていました。東京の味噌ラーメンでよく使う幅広手打ち麺みたいですね。揚州と名を打っているだけあって、獅子頭の麺なんかもありますが、概してメニューはそれほど中国色が強くないですね。 削除

    [ ぴろ中村 ]

    2006/12/19(火) 午後 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    たびたび失礼です。店舗の入っているビルが気になります。 削除

    [ ぴろ中村 ]

    2006/12/19(火) 午後 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    昨夜は間に合いませんでした。コメントは今夜書きます。

    ジミー荒川

    2006/12/20(水) 午前 7:48

    返信する
  • 日本のそばやうどんの切り方と一緒なんでしょうか? 池袋にもあるんですね。行ってみようかな?

    zhen0126

    2006/12/20(水) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    CRJさん、やっと味千拉麺を食べてきましたよ。今度上海に行ったら食べて比べてみたいと思います。

    ジミー荒川

    2006/12/21(木) 午前 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    ミョンドンビルの2階は明洞(ミョンドン)です。

    ジミー荒川

    2006/12/21(木) 午前 0:10

    返信する
  • 顔アイコン

    mmshaさんの好きな店は、とんこつと家系(とんこつ醤油)ですね。CRJさんもそういう味が好きみたいですね。

    ジミー荒川

    2006/12/21(木) 午前 0:18

    返信する
  • 顔アイコン

    HPには薄くのばして包丁で切るとしか書いていませんが、なんかうどんや蕎麦やいままで私が食べた中国の切麺とは違って、厚さに変化があり縮れもあるんです。ぴろさん同様日本の中華麺という感じがします。

    ジミー荒川

    2006/12/21(木) 午前 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    追加写真ありがとうございます。日本人では絶対つけないような名前のビルだったので、韓国および朝鮮系の方の会社ないしは店舗の持ちビルなのかな、と思いお伺いした次第です。 削除

    [ ぴろ中村 ]

    2006/12/21(木) 午前 1:04

    返信する
  • 上海と味が少し違うと思います。

    [ ACRJ ]

    2006/12/21(木) 午後 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    上海に揚州商人は無いでしょう?

    ジミー荒川

    2006/12/22(金) 午前 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    石焼じゃなくて石鍋というのも韓国式ですね。中国でも石鍋だったと思います。

    ジミー荒川

    2006/12/22(金) 午前 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    ないと思います。でも、揚州商人は中国人がやってると思います。

    [ ACRJ ]

    2006/12/22(金) 午後 7:01

    返信する
  • 顔アイコン

    揚州商人の経営者のおじいさんが中国から来た人だそうです。従業員は皆中国人(韓国人もいたかも)でした。CRJさんは、上海の味千と味が違うって言いたいのかな?

    ジミー荒川

    2006/12/23(土) 午前 7:41

    返信する
  • 顔アイコン

    麺に記憶が深くないかも、、、食べた時、美味しいと思って、又食べたいと思うところも入れば、一回食べたら、もういいと思うところもあります。中華で麺を食べる習慣がなった私はなぜか野菜タン面が美味しいと思います。

    [ ACRJ ]

    2006/12/23(土) 午後 4:42

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。ここは胡散臭い能書きが多くて、上海焼きそばしか食べません>笑 ただ、刀切麺は旨いですね。普通は、茹でるときに太さによって落差があり、あまり日本人にはなじまないのですが、ここのはそれを解消しているのが凄い。ただ、汁物ラーメンのほうは、レトルトのように上物を出してきて、かけてるだけですから、極めてまずいです。 削除

    [ 黒豹 ]

    2008/12/3(水) 午前 7:04

    返信する
  • 顔アイコン

    確かに下記のような能書きは胡散臭い!
    http://www.whistle-miyoshi.co.jp/policy/men.html
    中国には生地を薄くのばして包丁で切る麺は普通にありますから。

    ジミー荒川

    2008/12/3(水) 午前 8:07

    返信する
  • 顔アイコン

    台湾で一般的な刀切麺は、実は皆が大好きな日本からやってきた、ということがわかれば、改めてブームが起こるかも。

    ちゃいなたわ〜

    2011/4/17(日) 午前 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    今↓のページの画像が切れていますが、書いているように楊州商人が開発したわけじゃありません。

    http://www.whistle-miyoshi.co.jp/policy/men.html
    でも刀切麺という呼び方自体は楊州商人なのかなぁ?

    ジミー荒川

    2011/4/17(日) 午前 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    今気づいた。↑楊州じゃなく、揚州でした。

    ジミー荒川

    2014/2/14(金) 午後 7:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事