ここから本文です

書庫全体表示

偏在化する痛み

障害者自立支援法が国会で成立する見通しとなりました。
要するにこの法案は、障害者が必要とするサービスを、これまでの収入に応じた負担から「応益負担」に変えようというもの。
端的に考えておかしいと思うのは、障害者が健常者並みの生活を得るためのサービスを「利益」と定義することで、一般の商業的なサービスと同列に捉えているところです。
誰も好き好んで障害を持つわけではないし、生まれたらたまたま障害があったという人も大勢います。自分にもその可能性があったわけで、そうならなかったのは単なる幸運。障害者になるかどうかに自分の意思は関係ないはずです。であれば、障害を持つ可能性のある社会の構成員すべてが、なるべく公平に必要経費を負担することでリスクを社会的にシェアすることが福祉の本義でしょう。そしてその仕組みを作ることが本来、政治の役割のはずです。
ところがこの法律は、障害の有無や程度はいわば「自己責任」として引き受けよと言わんばかりの内容です。障害が重く、より収入を得ることが難しい人ほど、高額の負担を強いられる可能性すらある。個別の事情に応じて各種の減免措置があるとはいえ、現行の制度の理念からは明らかに後退するものだと思います。これが一体「政治」のやることでしょうか?

数日前には、沖縄県の米軍普天間基地を県内移設することで日米間の合意がなされました。
沖縄県が主張する県外・国外移転は、もともと選択肢から排除されていたのでしょう。

『産経新聞』の社説には怒りを覚えました。
 …沖縄県も「一県平和主義」に引きずられることなく、現実的対応を探るべきときである。それでも沖縄県が反対姿勢を貫くならば、予定海域の使用権限などを知事から国に移す特別措置法の制定はやむを得ないだろう(略)

10月28日付産経新聞「主張」より
http://www.sankei.co.jp/news/051028/morning/editoria.htm
全国の75%の米軍基地を抱える沖縄が「これは不公平じゃない?ちょっとくらい他の場所に移してよ」と文句を言うことが、よりにもよって「一県平和主義」とは…。開いた口がふさがりません。本土メディアの厚顔無恥を象徴する暴言として、そして本土の人間としての自省も込めて記憶にとどめたいと思います。
「特別措置法の制定はやむを得ない」だって? どこまで強者の側にしか立てない新聞なのか。

どこまでも沖縄を見下したこの特措法について、たとえば『琉球新報』は社説で次のように怒りをあらわにしています。
 …(特措法は)稲嶺恵一知事の反対で移設が進まない事態を避けるのが狙いであることは、誰の目にも明らかだ。なにより、大多数の県民世論が辺野古沖はもとより県内移設に反対しているから、事態の進展を図りたいという国の真意は明確だ/この法案は受け入れられない。沖縄の声を封じ込めることにつながるし、こんなやり方で基地建設を進めるのは、民主主義の根幹を揺るがすことにもなる/公有水面埋立法は、海や河、湖沼の公有水面を埋め立てる場合、事業主体が県知事の許可を得なければならない、と規定している。検討されている特措法は、その権限を知事から国に移すものだ/国の意向通りに動かないから、国の思い通りにできるようにするという訳だ。説得する自信がないから、途中の手続きを省いて直接、手を下す。特措法案の狙いはそれ以外には考えにくい/別の見方をすると、県民の意向を真摯に受け止めてこなかったことにほかならない。真摯に受け止めていたら、地元の意向を飛び越して、物事を決める必要はない。そうでないから、特措法によって国が直接手を下そうというのだ/特措法案が検討されていることについて、普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する団体らは、地方自治を否定するものだ、と猛反発している。県関係の自民党国会議員からも「そんなことになれば絶対もたない」と異論が相次いだ/沖縄側からしたら当然の反応だ。このことを政府はどう受け止めるのか(略)

10月29日琉球新報「社説」より(一部要約)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-7934-storytopic-11.html

また『毎日新聞』は社説で
…地元に普天間飛行場の県外または国外への移転を求める声があるのは理解できる。だが、周りに住宅密集地を抱えた普天間からキャンプ・シュワブ周辺に移設するのは一歩前進ではないのか(略)

10月27日付毎日新聞「社説」より
と述べていますが、「一歩前進」だけで二歩目がありえないことは火を見るより明らかです。結果として、沖縄に基地を固定化するためのアリバイになるだけでしょう。


小泉政権下の4年半、これら「痛み」の偏在化があちこちで進んでいる気がします。痛みを知らない側は、これからも痛みを引き受けようとしない。「痛い」と声を挙げる側は、これからも叫び続けるしかない。
こんなんでいいんでしょうか。

http://blogs.yahoo.co.jp/jinne_lou/11278599.html?p=1&t=2
先にここで述べたことも、どんどん現実化していきそうな勢いです。



http://pds.exblog.jp/pds/1/200510/09/87/e0089387_20562047.gif
http://nokoizumi.exblog.jp/
改革ファシズムを止めろ
STOP THE KOIZUMI
ブロガー同盟に賛同します

この記事に

  • 顔アイコン

    この記事を転載します。

    [ - ]

    2005/10/30(日) 午後 3:40

    返信する
  • 顔アイコン

    それは光栄です。ありがとうございます。

    Jinne Lou

    2005/10/30(日) 午後 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1126718923/ 【小泉】新聞テレビの世論操作を監視するスレ【8】 http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1131176009/ 【小泉】新聞テレビの世論操作を監視するスレ【9】 悪名?高き2ちゃんねるですが、このスレは稀に見る良質なスレッドです。小泉信者や層化信者、親米ウヨ以外は右も左も中道も関係なく議論できます。 参考までに御覧ください。 削除

    [ i ]

    2005/11/7(月) 午前 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    みなさんTB&コメントありがとうございます。ゆっくり拝見させていただきます。何故か今日はいつもの4〜5倍くらいのアクセスがありますね。ブロガー同盟に参加したからでしょうか。「小泉改革」へ抵抗するという一点でつながれるのは良いことだと思います。今後ともご愛顧のほどを。

    Jinne Lou

    2005/11/7(月) 午後 9:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事