地震くるみる■規則微動停止→静穏期間→発生■地震参考情報

危険度カラー◆緑=低/黄=要注意/オレンジ=警戒/赤=厳戒◆twitterアカウント@kurumiru_michi

全体表示

[ リスト ]

13-16日の経過
16日の震度5弱茨城南部の地震の直接の兆候は捕捉できなかった。
13日==========
07:28●M4.6薩摩半島西方沖(九州川内沖)
07:35●M4.3薩摩半島西方沖(九州川内沖)
0818,120秒微動。100秒で息継ぎしたんだけど115の拡大とみていいのだろうか。
10:10,ミキ!と明瞭な家鳴り、一息おいて微動が始まり115秒で収束。しっかり。
10:19,続いてまた家鳴りから微動、今度は121秒で収束。115から拡大したり戻ったり
12:48,121秒微動。途中3回もゴ、などと家鳴り。
12:53,ゴ、と突き動き感を伴った家鳴りからさらに明瞭な121秒微動。立ち上がりのエネルギーは強め。
17:24●M5.3台湾付近
14日=================
04:06●M5.0薩摩半島西方沖(九州川内沖)

23:19,静穏。外出していて出先で微動は感じなかった。夕方から晩にかけても家鳴りひとつしないし、微動も全くなく静穏そのもの。揺れ感すらない。
23:45.静穏の中からニシ、と粘る家鳴り、続いて微動が始まり、121秒で収束。
23:46,11秒で息継ぎする微動が出始めた。久々。これは九州川内沖の例の領域。612秒まで拡大した場所(のはず)
15日================
00:01,粘る家鳴りからはじまった115秒微動よりあとになってこちら、ずっと揺れ感が出ている。
12:57●M4.4薩摩半島西方沖(九州川内沖)

(この日特別に微動はなかった)
16日=================
09:47,全く静穏。
11:51,少し家鳴りが出てきた、小さなカチ、という程度。あと地味な100秒微動、出ているかどうか意識を集中しないとわからないくらい微か。
12:05,静穏のなかから121秒微動、しっかり明瞭、途中で地震速報。
121秒微動は最初33秒から43秒⇒52秒⇒73秒⇒115⇒121と拡大してきた領域、
熊本ー大分、その周辺領域。

17:50●M4.7日向灘
21:23■M5.6茨城県南部 震度5弱
=================
上のように15・16日と微動が少なく静穏状態であったことだけはわかる。
静穏が地震発生の兆候であるというのは頭ではわかっていても
静穏の状況のただなかに居るとそれに考えが及ばない、というところが
予測をさらに困難にしていることがわかる。

備えは微動が頻繁に出ているときにすべきものであると改めて思う。





この記事に


.


みんなの更新記事