全体表示

[ リスト ]

ジョヨボヨの予言

わが王国はどこからか現れる白い人に乗っ取られるであろう、彼らは魔法の杖を持ち、離れた距離から人を殺すことができる。白い人の支配は長く続くが、やがて北方の白い衣をつけた黄色い人が白い人を追い出し、ジャゴン(とうもろこし)の寿命の間、この地を支配した後に“ラトゥ・アディル=正義の神”の支配する祝福される治世がくる。

 1942年1月11日、日本軍はボルネオ島タカラン、セレベス島メナドを攻撃。ジャワ島を目指します。3月1日、今村均中将率いる陸軍主力16軍はジャワ島上陸。わずか9日間でオランダ、アメリカ、イギリス、オーストラリア連合軍を降伏させます。350年にわたって支配した白人(オランダ)を北方の黄色い人(日本人)が予言通り追い出したのです。インドネシア人は大歓声を上げ、オランダ軍が作ったバリケードを取り除き日本軍を歓迎したと言います。
 この予言はマレーシアにもあり、クアンタンに上陸し進撃する日本軍を見てマラヤ大学副学長ウンク・アジスは「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声を上げました。敗れて逃げてゆくイギリス軍を見たときに、今まで感じたことのない興奮を覚えました。日本軍は永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、驚異の感動と自信を与えてくれました。」と言っています。

 ジョヨボヨの予言は12世紀前半、東ジャワのクディリ王国の王「ジョヨボヨ」が命じて古代インドの民族叙事詩をジャワ風にアレンジしたもので、伝承によって色々バージョンがあるようです。日露戦争で日本が勝利し、マレーもインドネシアもこの予言に日本をだぶらせ期待を込めていたのではないでしょうか。

 「軍艦マーチ」でビルマ軍の創設の話を書きましたが、ビルマにも同じような伝説があり、「王朝最後の王子よみがえって東方から白馬に乗ってやってきて白人支配から開放する」というのがあります。もとは同じっぽいですね。




参考サイト:http://ilovenippon.jugem.jp/?eid=212
      http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/column/ramalan_joyoboyo.html
      http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/t-f0.htm
参考文献 「日本はどれほどいい国か」日下公人 高山正之 共著
     「世界が愛した日本」四條たか子著

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事