ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 3


eiga.com 作品情報 『ザ・ウォーク』
■解説:「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」など数々の名作を送り出してきたロバート・ゼメキス監督が、米ニューヨークのワールドトレードセンターで命がけの綱渡りを敢行した男の物語を3Dで映画化。1974年8月7日、当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンター。フランス人の大道芸人フィリップ・プティは、地上から高さ411メートル、110階の最上階で、そびえたつツインタワー間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中かっ歩に挑む。主人公プティ役は「(500)日のサマー」「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レビット。プティの綱渡りの実話は、アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でも描かれた。
■スタッフ:/監督 ロバート・ゼメキス /製作 スティーブ・スターキー ロバート・ゼメキス ジャック・ラプケ /製作総指揮 シェリラン・マーティン /原作 プティ /脚本 ロバート・ゼメキス クリストファー・ブラウン /撮影 ダリウス・ウォルスキー /美術 ナオミ・ショーハン /編集 ジェレマイア・オドリスコル /音楽 アラン・シルベストリ
■キャスト:ジョセフ・ゴードン=レビット(フィリップ・プティ) ベン・キングズレー(パパ・ルディ) シャルロット・ルボン クレマン・シボニー セザール・ドムボイ ジェームズ・バッジ・デール
■作品データ:/原題 The Walk /製作年 2015年 /製作国 アメリカ /配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント /上映時間 123分 /映倫区分 G /上映方式 2D/3D 
[オフィシャルサイト]
ぴあ映画生活 4DX/3Dで見ました
→『コロナワールドの4DX/3Dで鑑賞。始めは動きも少なく、わざわざ4DXで見る事もなかったかな?と思って見てました。しかし、綱渡りシーンは想像を遥かに越えた臨場感とリアル感を感じ、今まで何本か見た4DXの中でも一番楽しめました。ちなみに平日の昼間。自分1名貸し切り状態でした。これは、嬉しくない初体験です』
※4DXなんかで観たら、高所恐怖症の人などは失神してしまうんじゃなかろうか?
などと危惧していたけれど。。。驚くべきことに、この映画の4DX効果は、見事に
後半、姿を消す。すなわち、前半に見られた、綱渡り練習時における「不安定感」の
表現(椅子角度変化)や風演出、水演出、光演出が、途中の作戦準備段階では全く使
えず、クライマックスの綱渡りシ−ンにおいても、フラつくこと、風で煽られること
などが一切ないため、宝の持ち腐れ状態となってしまってるのだ!要は高さを表す3
Dだけで十分。本作は,2Dよりは絶対3Dをお勧めしたいが、あえて4DXで観る
必要性はない、と言って良さそうだーーー

●映画『ザ・ウォーク』予告編 地上411mで命がけの綱渡り


ガジェット通信 高所恐怖症はガクブル必至
『カメラの映像がビルの壁面をゆっくりと加速しながら、どこまでも高く駆け上っていく予告編の冒頭。ようやく屋上までたどり着いたところで登場したのは、危険だけでなく、罪を犯すことをも覚悟で前代未聞のチャレンジに挑んだプティ。演じるのは、「(500)日のサマー」「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィットです。高いところが苦手の人は、このあたりでもうクラクラしてくるはず。しかし、プティはまるで観光でもするかのように余裕の表情。ワールド・トレード・センターの屋上からNYの景色を眺め、ビルから飛び出した鉄骨に乗ってもう一方のタワーの方へさらに歩みを進めていき……。
イメージ 4

プティのストーリーは、「第81回アカデミー賞」で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「マン・オン・ワイヤー」で知っている人も多いはず。一方で、シンプルな予告編と題材に「映画になるの?」という心配もあるかもしれませんが、彼の夢をかなえようと協力する者たちが物語に深く絡んでくると思われます。「世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」と忠告するのは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』『キャスト・アウェイ』などで知られるロバート・ゼメキス監督。今作でも最先端のVFX技術で“史上、最も美しい犯罪”と言われた綱渡りを再現し、世界中を驚かせてくれることでしょう。3D、IMAX3Dでの上映が決定している本作ですが、もし4DXで鑑賞したら大変なことになりそう……』

★ドキュメント映画のほうは、もうレンタルしてるようだな,今度借りてこようーーー
マン・オン・ワイヤー(DVD)
イメージ 8
『解説:1974年、ニューヨーク。当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターのツインタワー。その高くそびえる双子のビルの間を、鋼鉄のワイヤー1本で渡り歩く男の姿が目撃された。彼の名はフランスの若き大道芸人、フィリップ・プティ。その美しく詩的なパフォーマンスに人々は驚き、喝采する。しかし、彼の無謀とも思える世紀のチャレンジは、実は周到な計画と多くの仲間たちの支えがあって初めて実現したものだった。本作はそんなプティの偉業を、プティはじめ関係者の証言を差し挟みつつ当時の映像と再現ドラマを織り交ぜ明らかにしていく衝撃と感動のドキュメンタリー。2008年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作。/収録時間:95分 字幕:日本語 音声:1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語 レンタル開始日:2010年01月08日』

●マン・オン・ワイヤー(予告編)


イメージ 9


☆本物の映像が凄すぎ!!
●MAN ON WIRE

※もしこのドキュメント作品がなかったら、『ザ・ウォーク』のエンド
ロールと共に、実在の人物が写真で紹介されたりするとこだったナ。
アーブネェアブネェ

それな.net 映画『ザ・ウォーク』 海外の感想評価『女の人が叫んでたわ』(ネタバレ無し)
『映画ザ・ウォークへの海外の反応:/1.誰か落ちてくる棒をよけた奴はいるか!?俺はよけちゃったぜ! /2.>1俺もだよ。IMAXシアターでみたからな。クソ!って声がなり響いた。/3.>1女の人が叫んでたわ/4.>1映画館にいた人みんなよけてた。その後は皆で大爆笑/5.俺はこの映画本当に気に入った。ロバート・ゼメキスの昔の作風を感じることができた。 作品全体を通してフィリップは自由の女神の上でナレーションをしているんだけど、この演出は彼をよく表現できていると思うし情熱的で素晴らしいナレーターだった。フィリップ役のジョセフ・ゴードン=レビットは本当に素晴らしい演技をした。もし彼が今年のように、競争の激しい年だったらノミネートされたかどうかはわからなないけど、話題に上る価値があることは確かだろうな。 観ていて本当にあっという間だった。もう1度見る価値あるわ/7.>5最初のピアノのところでフォレストガンプを見ている錯覚に陥った
イメージ 5

/11.本当に緊張で手に汗握ったわ。3Dなしだったら多分ここまで楽しめなかったわ。/12.>11わかる。3Dは作品を良くするだけじゃなくてもはや必須なもの(グラビティやアバターみたいに)。レンタルでみるのはお勧めしない、是非映画館の大きいスクリーンで3Dで楽しんでくれ/14.「フィリップ・プティは個人的にゴードン=レビットを指導した。」 まじか。/15.とても楽しめた。汗を拭くタオルを持参していくことをオススメする/19.IMAX3Dの映画館でみて、とても楽しめた。ワイヤーに乗っているときの、 映像は(鳥だけ除いて)最高だった。今まで見た映画のなかで一番よかった/3Dによる視覚効果への評価がかなり高いですね!私は3Dではなく、 2Dで視聴したのですが機会があれば是非3Dでもう1度みたいですね。 スリリングな映画ですので、高所恐怖症の人は視聴に少し覚悟がいるかもしれません・・・ 』
※本番以上に、下準備にかける緻密なシーンは、「ルパン三世」などの
面白さにも通ずる、クライム映画のテイストだ。

イメージ 6

※「美しいものがあったら、やってみたくなる」みたいな台詞が感動的ダタ。
実際、準備段階で「あーアホらし!もうやってられるかー!」ってなるのが
普通の感覚の人間だわなー。そこで突き進むのが芸術家たる所以?リカイフノウヤワー

イメージ 10

※WTCと聞けば、これまで「9・11」としか結びつかなかったワチシだが、
今後はこの美しい芸術パフォーマンスも一緒に脳裏に浮かぶようになるハズ♪
もはや観られないかと思うと、一段と切なく美しく感じられるショットだー

イメージ 7

※3D版でもう一回行っても良さげヤワ〜〜〜〜〜♪

もう、あのサインが施された屋上には永遠に行けないけれど、
この映画によって、感動した皆の心は、ある意味いつだってあ
の場所へ行けるフリーパス券を貰ったようなものでしょう!
最後に、この素晴らしい作品を創るにあたって必要不可欠だっ
た最新CG制作の現場をばご覧あれ!↓

●メイキング映像





タワレコ手帳&今月の日めくりの人(1月は松岡修造さん)


☆本日1月29日(金)の、音楽関連の情報
【出来事】
・スティーヴィー・ワンダー、日本武道館で初来日公演を実施(1975)/稲葉浩志、初のソロアルバム「マグマ」をリリース(1997)/椎名林檎、第1子の妊娠を発表(2001)/モーニング娘。シングル「Help me!」で3年8か月ぶりのオリコン週間チャート1位を獲得(2013)

【誕生日】
・トミー・ラモーン(ラモーンズ:1952)/こだま和文(1955)/ロディ・フレイム(アズテック・カメラ:1964)/AFRA(1980)/ジョニー・ラング(1981)/きゃりーぱみゅぱみゅ(1993)

【命日】
・川田良(THE FOOLS:2014)

イメージ 1
◎椎名林檎さん、第1子妊娠発表のコメント
椎名林檎「臨時ニウス」
『この度、私の腹は新しい生命を授って居ります。其のお陰で、気絶する程酷かった生理痛の所為でしょうが、只、疎ましいだけだった子宮すら愛おしく感じる様になった次第で御座居ます(余談)/で、「出来ちゃった」とか云うのとは全く具合が異なります。(中略)兎に角、私は腹の子の父親である男性と、出来る限り助け合い、共に生きていくことを決心して居ります。大丈夫です。様々な御心配、御無用DEATH。おぼしめせ』

※なこと書いてた割に、1年ちょいで破綻してしまいましたっけー。

☆本日の、松岡修造さんのひとこと!

おはよういただきます!

《内容要約:「いただきます」は、自然の恵みを戴くことに感謝する言葉。「おはよういただきます」は、今日起こるであろうたくさんの出会いを戴くことに感謝する言葉。僕は毎朝、この言葉を口にすることで、朝ごはんも今日起こる出会いも、すべてを自分のパワーに変えて行くんだ!今日から君も、リピートアフター修造!おはよういただきます!》

細かすぎて伝わらない関連動画・関連サイト、そして身も蓋もない感想ナド


●【久原本家CM】 いただきます ごちそうさま ありがとう篇(2分33秒)


イメージ 2

※「ありがとうごちそうさま」と言うわけですねー

ジョニーAの独り言:それぞれ、「おはいた!」「ありごち!」などと縮めて使ってみましょっかねぇ〜〜〜♪

この記事に

  • 顔アイコン

    綱渡りで1本感動的な映画が出来てしまうのですね。

    たけし

    2016/1/29(金) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    >たけしさん♪
    本番もハラハラドキドキですが、そこに至るまでの裏工作の
    あれこれも、同じくらい緊張感溢れるものになっています!
    3D鑑賞をオススメします!たけしさんが高所恐怖症でない
    なら、ですが・・・w

    ジョニーAデップ

    2016/1/30(土) 午前 7:23

    返信する
  • 顔アイコン

    これがもし悪天候の中での決行なら4DXの意味が出てきたかも知れませんね。
    まぁ悪天候での決行ならもっと怖い映画になっていたと思いますわ〜。

    [ nya***** ]

    2016/1/31(日) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    >にゃむクン♪
    そうなんですねぇーー。綱渡り自体はほぼ何のトラブルもなく、
    スムーーーズに歩いてただけですんで、4DXの効果を考える
    担当の人は困ったんじゃないでしょうかwもう、あの高さを表
    現できるだけでオッケーなので、3Dで十分。この作品は4D
    X向きではなかった、と結論付けて良いのではないでしょうかー
    かった

    ジョニーAデップ

    2016/1/31(日) 午後 11:54

    返信する
  • http://blog.livedoor.jp/kajio_u/archives/52035446.html

    昔のアーケードゲームのクレイジークライマーみたいに、綱渡り中に接近してきた鳥が無意味に糞を落としてフィリップにかすったりしていたら、4Dの価値があったのかな、とか考えました(笑)

    [ kaj*o48** ]

    2016/2/10(水) 午前 5:02

    返信する
  • 顔アイコン

    >kajioくん♪
    ワチクシはてっきり、綱渡り中、突風が吹いて、綱が
    大〜〜きく揺れる。そして足元に衝撃を感じ(綱踏み
    外し!)急速落下、加速度つけて地面に激突!(背中
    に超ド級の振動!)かと思ったら、次の瞬間、グング
    ン視点が上昇して・・・綱の上のプティの脳内に帰還。
    つまり、それは全てプティの脳内イメージで、もしも
    足を踏み外したらそうなっていたよ、という妄想の世
    界でした〜〜<みたいなシーンが一回はあると踏んで
    いたんですーーー。(ゼンゼンナカッタノデスガw)

    ジョニーAデップ

    2016/2/10(水) 午前 6:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事