その名は不思議

「わたしの名は不思議です。どうしてあなたはそれをたずねるのですか。」(旧約・士師記13章18節)

全体表示

[ リスト ]

北朝鮮の「地下キリスト教徒」約50万人、RFA
12月25日17時18分配信 聯合ニュース

【ソウル25日聯合ニュース】北朝鮮で当局の監視を逃れ、家庭や地下教会でキリスト教を信仰する人々が約40万〜50万人に達し、秘密裏にクリスマスも祝っていることがわかった。米自由アジア放送(RFA)が25日、国際キリスト教教団体「オープン・ドアーズ」関係者の言葉を引用して報じた。
 北朝鮮への宣教を行う団体の牧師は、現地で活動する「内部消息筋」の言葉として、「北朝鮮住民にとってクリスマスは日常と変わるところはないが、地下教会の教徒らはクリスマスイブに家族同士で集まり、祝っている」と伝えた。また、最近は経済目標達成に向けた国民総動員運動の「150日戦闘」に続き「100日戦闘」が行われ、当局の監視が非常に厳しくなり、宣教活動に制約が多くなっていると説明した。

【関連記事】
韓日キリスト教議員連盟「友愛・協力へと進もう」
キリスト教団体による集会4日目、平和の行進続く
最終更新:12月25日17時18分

◇人口は2405万人
・ 北朝鮮人口は2405万人、国連調査報告書 - 聯合ニュース(12月18日)

◇宗教弾圧も
・ 北朝鮮や中国の宗教弾圧を非難 米国務省年次報告書 - 産経新聞(10月27日)
・ 北朝鮮の宗教弾圧の実態と事例 - RENK東京(2005年12月28日)

◇韓国は
・ 韓国の宗教 - 宗教人口の3割近くがキリスト教。コネスト


《shalomのコメント》

これは驚き!と言っても当然のような気もしますが…
現在の韓国クリスチャンは人口の30パーセントと伝えられ、
韓国全土に十字架の見えないところはないかのようです。

しかし、これは100年前起こったピョンヤン(平壌)・リバイバルにルーツがあり、
日本による植民地時代に反日の闘いの先頭に立った
教会の祈りと戦いによると言うことができるからである。

その戦いでは多くの殉教の血が流されたのです。
1945年8月15日日本の敗戦によって韓国は独立を勝ち取りましたが、
人々の生活は深刻な貧困と病気との闘い、そして朝鮮動乱による朝鮮は南北と分断されたのです。

私は30年前の韓国教会にいきましたが、断食祈祷院は貧困と病気からの救いを求める
チュ(主)よ〜!泣き叫び祈る人々であふれていました。
また南北の軍事境界線にも行き、また北朝鮮によって何本も掘られた
工作、侵入のための秘密のトンネルにも入りましたが・・・。

このような厳しい生活、信仰の戦いによって、
今は30年前の貧困と病気は克服された見違えるような国となっているのです。
今日韓国は一つの教会で世界最大の信徒数76万人を擁する教会をはじめ
政財界もクリスチャンリーダーが多く、歴代の大統領もクリスチャンなのです。

一方、狭い玄界灘を隔てた日本のクリスチャン人口は実質30万人と言われています。
北朝鮮のクリスチャンの信仰生活には苦しみ、あるいは殉教の死の危険すらあるのです。
その北朝鮮におけるクリスチャンが50万人というのは驚くべきことなのです。

韓国から青年、学生が数千人が日本のために祈り、
自弁で日本の教会の支援にやって来たのです。
韓国の最大教会の牧師も2、30年にわたって日本の宣教に来られ、
かつての支配者であり迫害者である日本のために惜しみなく祈りとお金がささげられたのです。
今日もそれはラブ・ソナタをはじめ様々な形で続いています。

一方、見せかけの繁栄のなかで、日本の教会は霊的窒息状態。
12年連続で自殺者3万数千人も出している日本!
最も恐るべきは経済的貧困ではなく、霊的貧困なのです。

【北朝鮮における宗教事情】
現在、北朝鮮国内における宗教に関することは国外に明らかになっていない。当局は、外国人が訪朝した際に、平安南道・妙香山の普賢寺を見せて「北朝鮮では信教の自由がある」と説明している。また、憲法にも信教の自由が保障されている事が明記されている。このことから無神国家または無宗教国家ではない、とされている。

だが、憲法の中の信教に関する項目が何度も改正されている事実を考えれば、宗教政策が何らかの理由でしばしば変更を強いられていることが伺える。また、諸外国でも、「普賢寺そのものが、あくまで外国人にそう説明するための手段に過ぎず、実際のところ、朝鮮民主主義人民共和国公民にはほぼみな、信教の自由がない」とする見方が主流である。多くの共産主義国と同じように宗教の存在が党の指導思想(北朝鮮の場合は主体思想)と対立するためである。

平壌はかつて日本統治時代にキリスト教徒が多く、「東洋のエルサレム」と呼ばれた。金日成の母方の祖父である康敦もプロテスタント長老派の牧師である。解放後から金日成政権が安泰になるまでもキリスト教徒が多く、キリスト教系新興宗教も存在していた。統一教会の文鮮明もそうした新興宗教グループの出身である[要出典]。現在は、北朝鮮には地下教会の信者が多くおり[19]、他の宗教同様キリスト教に関しても、信教の自由は確立されてはいない。北朝鮮ではキリスト教を弾圧していると言う情報が流れているのも、このためとされている。

北朝鮮の場合は中華人民共和国などの他の「共産国」に比べて、宗教が弾圧された経緯が漏れ伝わってこない。また、その形跡も確認しづらい。金日成自らはかつて美濃部亮吉と対談した際、教会はすべて朝鮮戦争において「アメリカの爆撃で焼けてしまいました」と語り、キリスト教徒も南部へ逃げてしまったと語っている。弾圧の必要がなかったと語っているこの発言は、決してキリスト教を弾圧する意志がなかったことを意味しておらず、また弾圧の可能性があったことを前提とした文脈であるために、ある程度の信憑性をもって受け止められている。またここ近年、脱北者の話からキリスト教徒が弾圧され、またその多くが強制収容所に収監されているという目撃証言が多数ある。その一方仏教徒が約3万人いるという話もある。[要出典]これらのことから実質北朝鮮では宗教の自由はないに等しいと考えられている。

この記事に


.


みんなの更新記事