ここから本文です
忙しくてなかなか更新できませんが、生きていますよ。9月19日は岩櫃城フォーラムです
イメージ 1

       今月の表紙 上楯城(宮城県川崎町)

東日本を中心に、城めぐりと城郭研究を行っています。いろいろな書庫がありますが、最近のメインは「城郭探訪」のコーナーです。めぐった城の記録として続けていきますので、どうぞお楽しみください。あまり細かい質問などはご遠慮下さい。

**********************************************
応援のポチ、お願いします↓↓↓


イメージ 2

日本史史料研究会編『秀吉研究の最前線』(洋泉社歴史新書y)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/33771205.html

イメージ 3

渡邊大門編『家康伝説の嘘』(柏書房)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/33963403.html

イメージ 4

峰岸純夫・齋藤慎一編『関東の名城を歩く 南関東編』(吉川弘文館)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/29053110.html

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 最近「真田丸」ですっかりおなじみになった、群馬県東吾妻町の岩櫃城ですが、このたびフォーラムが開催されることになりました。 詳細は、画像の通りです。よろしければどうぞ。 ****************************************** 応援のポチ、お願いします! にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をク ...すべて表示すべて表示

  • 三春城、続きです。最後に、中心部から288号線を隔てて北西の離れたところにある、月斎館に行きます。ここを紹介しているブログはあまりないようですね。三春病院、老人ホームあぶくま荘、田村高校の裏手にあります。 城域の半分ほどが整備されています。こんなふうに入口と標柱もあります。ここは、あぶくま荘の脇になりますね。 こんな感じで、削平地が続いて ...すべて表示すべて表示

  • ★ 城郭探訪 三春城その4 ★

    2016/6/14(火) 午後 10:05

    三春城、続きです。 本丸の東下にある曲輪へ。パンフレットには出ていないのですが、こんな石垣もあります。これも戦国期のもの、具体的には田村氏時代のものと考えられているようです。某論文にあった写真では、真ん中に大きい石があって、後世の積み直しとあるのですが、その石らしきものが落ちていますね…。 で、前回の最後の写真の曲輪内部には、パン ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事