ここから本文です
城めぐりのタイムリミットが近づきつつあります・・・
イメージ 1

        今月の表紙 姫松館(宮城県栗原市)

東日本を中心に、城めぐりと城郭研究を行っています。いろいろな書庫がありますが、最近のメインは「城郭探訪」のコーナーです。めぐった城の記録として続けていきますので、どうぞお楽しみください。あまり細かい質問などはご遠慮下さい。

**********************************************
応援のポチ、お願いします↓↓↓


イメージ 2

日本史史料研究会編『秀吉研究の最前線』(洋泉社歴史新書y)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/33771205.html

イメージ 3

渡邊大門編『家康伝説の嘘』(柏書房)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/33963403.html

イメージ 4

渡邊大門編『戦国史の俗説を覆す』(柏書房)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/34534963.html

イメージ 5

峰岸純夫・齋藤慎一編『関東の名城を歩く 南関東編』(吉川弘文館)
http://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu/29053110.html

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 鷲城、続きです。 堀の続き。立派な堀なんですけどねぇ。いい季節に行ったのですが、それでもこの状態でした。ぬかるんでいたし。 戻って、「外城」の堀。住宅地の中にあります。 鷲城をあとにして、神鳥谷曲輪です。線路沿いにあります。 狭い道を入っていくと、こんなふうにあります。 土塁が一部ある感じです。 ...すべて表示すべて表示

  • 次は鷲城です。ここは、高校生以来ですかね。懐かしかったですが、あの時よりも荒れていたような気がします。南北朝時代、小山義政の乱の舞台となった城として有名で、戦国時代の史料には登場しないはずです。 入口。城跡碑は昔のままでした。 構造的にはこんな感じ。「中城」「外城」の二重構造がポイントですね。 「中城」の鷲神社へ向かう参道。 ...すべて表示すべて表示

  • ◆ 『歴史書通信』 ◆

    2016/11/25(金) 午後 10:55

    歴史関係の本を出版している出版社で組織されている歴史書懇話会という団体があります。そこから、隔月で『歴史書通信』というPR雑誌が出されています。書店に行くと、よく置いてあります。その最新号にちょっとエッセイを書きましたので、よろしければ本の広告と共にご覧ください。ネットでも見れます。PDFなので注意。 http://www.hozokan.co.jp/r ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事