ここから本文です
東北の城にもっと注目して!

書庫全体表示

イメージ 1

2回にわたって御紹介してきた深大寺城、最後に、いったいいつ頃の城で、誰が築城したのか、について見てみたいと思います。

つい最近まで、深大寺城のことが記されている文献は、江戸時代に編纂された軍記物の類のみとされてきました。いくつかあるんですが、例えば『北条五代記』というものには

いつよりか例ならずと心ちそこなひて、天文六年卯月下旬世をはやくさりて、嫡男五郎朝定、生年十三歳にして家をつぎ給ひぬ。ていれば、七々日の服忌さへ経ずして、道をあらためて兵をおこし、深大寺と云古城をさいこうし、氏綱へ向て弓矢の企もつぱら也。

と出てきます。つまり、天文6年(1537)7月に、北条氏綱(氏康のお父さん)と対立していた、扇谷上杉朝定(ともさだ)が、対北条氏の目的のために、深大寺に昔あった「古城」を再び築城して再利用した、ということなんです。

その他に、発掘調査が結構昔に行われていて、その「古城」のものと思われる古い堀が発見されたり、遺物から上記史料の年代と合致する結果が出ていました。しかし、「古城」がいったいいつ存在したのかは、わからないままでした…。

ところが、実は深大寺城に関する史料は、もっとあるんですね。特に、次の史料は、だいぶ前に紹介されていたにも関わらず、あまり注目されていなかったようなのです…

*上杉定正書状写(『北区史』資料編古代中世一、二四二号、加賀国古文書七。一部原本写真を見て直しました)

一昨日十三、於小沢河原合戦勝利、敵討捕候、心地好候、深大寺祗候面々動雖不始事候、推察前候、小早河同心走廻被成尤候、一両人所江御感事可相越候、扨又一両日ニ鉢形近所へ可出陣候、隙明候者、急度可罷越候、謹言、
      九月十五日   定正(花押)
        篠窪三郎左衛門尉殿

細かいことは省きますが、この史料は扇谷上杉定正(太田道灌の主人)の手紙で、深大寺にいる軍勢が活躍したことを褒めているものです。月日しか書いていませんが、年代は1490年前後と確定できます。つまり、このころに扇谷上杉氏の城として、深大寺城が存在していたと言えるんですね。

で、最初の史料に書いてある、今まで謎であった「古城」は、この頃のものじゃないかなと思うんですね。となると、またしても文献史学と考古学の成果が一致したことになります。これは今後の深大寺城研究において、重要な事実となるでしょう。

もう1つは、ちょくちょく触れられているんですが、次の史料です。

*北条為昌書状写(『北区史』資料編古代中世一、三二八号、紀伊国古文書藩中古文書十二)

従矢野方之一書具被披見候(中略)、隋而河越衆神太寺へ陣を寄候由、此方へも申来候、殊外無人数之由申候、乍去具不見届候間如何、自其方人を被遣、懇聞届、其上可承候、猶期面候、恐々謹言、
                    三沢(彦)九郎
      七月三日(天文六年)          為昌判

これは、北条氏康の弟である北条為昌(ためまさ)の手紙です。軍記物じゃなくて文書史料なので、より信頼性があるものなんですね。これも天文6年のもので、やはり深大寺(神太寺)に川越衆(扇谷上杉氏の軍勢)が在陣していることがわかります。軍記物の記述が、文書史料からも裏付けられたことになります。

ということで、深大寺城は、最初は1490年頃に扇谷上杉氏により築城されて、その後いったん廃城となり、天文6年(1537)になると再度扇谷上杉氏により築城された、という2時期に分かれていたことが言えるかと思います。

以上のことを踏まえて、今後も深大寺城の調査研究・整備を進めて行ってほしいと思います。

参考文献
拙稿「戦国前期東国の城郭に関する一考察―深大寺城を中心に―」(『一橋研究』第34巻1号、2009年)
PDFで公開されました!↓↓
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/17995/1/kenkyu0340100330.pdf

黒田基樹編『扇谷上杉氏』(シリーズ中世関東武士の研究第5巻、戎光祥出版、2012年)にも再録されました。誤字等も直してあるので、こちらの方をおススメします。

**********************************************
応援のポチ、お願いします↓↓↓

この記事に

  • 北条五代記は知っていましたが、扇谷定正の書状は初めて知りました。勉強になります。ポチ。

    [ 高橋 遊 ]

    2009/6/27(土) 午前 2:45

    返信する
  • 顔アイコン

    >HQさん
    ご訪問ありがとうございます。是非、もっと好きになって下さい!

    >高橋遊さん
    今回もマニアックな話で恐縮ですが、既に紹介されている史料を見直すだけでも、まだまだ新しくわかることがありそうです。

    竹

    2009/6/28(日) 午後 9:35

    返信する
  • 顔アイコン

    すばらしいです。またよらせていただきます。

    k_w*n*c37

    2009/6/29(月) 午前 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    >カズワンさん
    ありがとうございます。本当は現代語訳を載せるべきですよね…時間が出来たらそうします。

    竹

    2009/6/30(火) 午前 0:06

    返信する
  • アバター

    竹殿 こんばんは☆
    深大寺城シリーズ拝見しました。
    遺構の復元方法まで細かくあるのはよいですね。
    そうあるべきであろうと思います。
    築城年についてもわかりやすい説明で感謝です(^^)
    しかし、紹介はされていても、あまり読まれていない
    (研究されていない)資料というのもあるんですねえ。
    傑作、村ポチ☆

    しゅうちゃん

    2009/6/30(火) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    >shuchanさん
    最近時間が無く、現代語訳まで手が回りませんでした…まぁとにかく、普通に公刊されている史料の中にも、まだまだ見直すと新しくわかることがたくさんあるらしい、ということを伝えたかったのです!こんな作業を地道に続けていこうと思います…
    毎度ポチありがとうございます!

    竹

    2009/7/2(木) 午前 0:24

    返信する
  • 竹さん、こうしか古文書をひとつずつあたっていくのは、大変な作業だと思います。それをこうして紹介して頂き、本当にありがとうございます。WPいきますね^^
    深大寺城は、一度廃城されて再び活用されたんですね。お城の長い歴史のなかでは、こういうことも多かったでしょうね。

    Shane

    2009/7/5(日) 午前 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    >shaneさん
    WPありがとうございます!
    そうなんですよ、2回利用された、ということが文献からも考古学からもはっきり言えるようになったのは、大きい意味があると思います!一度使い捨てられた「古城」がその後どうなっていたのか、というのも興味ある問題です。

    竹

    2009/7/6(月) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    また寄せていただきます

    [ 走る税理士 志村 けん ]

    2010/1/22(金) 午後 1:13

    返信する
  • 顔アイコン

    >志村けんさん
    どうもありがとうございます!深大寺城は個人的に思い入れのあるお城でして、これだけ史料も残っているので、もっと注目されても良いお城だと思います!

    竹

    2010/1/22(金) 午後 11:19

    返信する
  • 竹さん、TB有難うございました! 先日、深大寺城に行ったときにはこの記事のことを忘れてました(汗)
    でも、行った後で、深大寺城の歴史を知って味わい深くなりました!
    WPいきますね!

    Shane

    2010/1/31(日) 午後 9:07

    返信する
  • 顔アイコン

    >shaneさん
    深大寺城の歴史についての最新の研究は、実はこのブログです(笑)。10年後くらいには説明板とかにも反映されることと思います…
    ポチありがとうございます!

    竹

    2010/2/2(火) 午後 8:19

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。
    深大寺城の歴史について、貴重な研究成果を有難うございます。
    深大寺城が、<古城>を再利用したものであると書いたものは、
    目にしたのですが、その古城のことは全く考えていませんでした。
    世界が広がったような気がします。 削除

    [ yasuhiko ]

    2010/6/30(水) 午後 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    >yasuhikoさん
    ご訪問ありがとうございます!深大寺城は好きなお城なので、トラバさせて頂きました。その「古城」の正体がようやくわかったかと思います。まだあまり知られていないことなので、ブログで情報発信していこうと思っています。
    また是非遊びにいらして下さい♪

    竹

    2010/6/30(水) 午後 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    「深大寺城」のお話しを有り難うございました。
    歴史には全くウトイ私ですが、大変参考になりました。

    いろいろな所へ行くことが好きののですが、どうしても行ったという証拠写真で済ませてしまいます(苦笑)

    [ bzi*13*6 ]

    2010/11/2(火) 午前 10:22

    返信する
  • 顔アイコン

    >bzi*13*6さん
    ご訪問ありがとうございます!深大寺城についてのネット上の情報を収集しておりました。いちおう、この記事が最新の深大寺城の歴史についての研究成果です(笑)そのうち現地の看板とかにも反映されればなぁと思っておりますが…
    また是非遊びにいらしてください♪

    竹

    2010/11/3(水) 午前 0:23

    返信する
  • こんにちわ〜
    先日はご訪問&コメントをありがとうございました〜
    深大寺城のこと、詳しく書かれてあり参考になりました!
    一度廃城された城を再びリフォーム?したんですね〜(^^)

    よしぶぅぅ

    2010/12/16(木) 午後 1:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >よしぶぅぅさん
    ご訪問ありがとうございます!
    ちょっと専門的な堅いお話になっていますが、とにかく深大寺城の歴史もだいぶ新しくわかってきました。そのうち現地の案内板にも反映されると思います!
    そうなんです、一種のリフォームですね。その痕跡が発掘調査でも判明しています。

    竹

    2010/12/16(木) 午後 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    竹さま 3年ぶりくらいの訪問です。ずっと東京在住だったのですが、新潟市に移り住みました。こちらの暮らしにもようやく慣れて、越後の中世城館跡もときおり訪ねています。自分にとって魅力的なのは、やはり中世関東の城ではありますが、こちらにも奥山荘城館遺跡など、魅力的な場所があります。深大寺城のご研究、拝読いたしました。私には懐かしい城址です。小学生のころ西ヶ谷恭弘さんの『関東の名城』という本で存在を知って、自転車で訪れました。当時は公園化されておらず、テニス・コートの造成工事が第2郭の土塁まで削っていたのが胸のいたむ記憶として残っています。その削られた土塁の断面に、緑青にまみれた古銭が埋もれているのを見つけました。おそらくは「再興」時に人足か誰かが落とし、そのまま突き固められてしまったものだったのでしょう。子どもながらに、中世人の息遣いにふれた思いがいたしました。今後も時間のあるときに訪問いたします。 削除

    [ ミジンコ ]

    2013/7/19(金) 午後 2:57

    返信する
  • 顔アイコン

    >ミジンコさん
    ご訪問ありがとうございます!3年ぶりくらいですか。
    ほお〜土塁の断面に古銭が。造成の時に紛れ込んだんですかね。陶磁器とかかわらけがあったら面白かったですねぇ。
    私が最初に訪れたのは、たしか日本城郭史学会の見学会で、中学三年生の時かもしれません。ちょうど公園化工事がほぼ終了した頃で、土塁が異常にキレイでした。そんな城を研究するとは思ってもみなかったです。
    また是非遊びにいらして下さい♪

    竹

    2013/7/21(日) 午後 10:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事