マイタケ大好き

むずかしい漢字は、よめませーん

全体表示

[ リスト ]

マイタケと生活習慣病

乳ガン、膀胱癌、肺癌、大腸癌、肝臓癌、胃癌、 肝癌、悪性リンパ腫、小腸癌、胆管癌、前立腺癌、腹膜癌、子宮癌、 子宮筋腫、腎臓癌、睾丸腫瘍、膵臓癌、直腸癌、皮膚癌、卵巣癌、脳腫瘍、 など例に、抗癌剤や放射線治療での副作用の軽減などがあげられます。 その他:膠原病、アトピー性皮膚炎、花粉症、糖尿病、肝炎、高血圧、 アレルギー、虚弱体質、高脂血漿、慢性膵炎、SARSなど免疫関連から生活習慣病まで多岐にわたり、報告されています。

たとえば、癌ガン細胞は十二指腸から、周辺にも転移し、過去の症例の中でも、最悪の部類に入るだろうと、我ながら観念する人もいます。
手術も無理、化学療法も無駄となると、後は神仏に祈るだけ……。
まさにそういう心境になります。そうしている間にも、ひしひしと忍び寄ってくる死の恐怖です。
いたたまれなくなった人は、癌ガンに効くと言われるものは、それこそ片っ端から試したものです。
その中で、これぞというものに巡り会えたのは、本当に幸運以外の何ものでもありませんでした。それが、ご紹介するマイタケdフラクションなのです。
マイタケdフラクションは、マイタケ(舞茸)から取れる天然の抽出物なのですが、これと一緒に何種類かのサプリメントを服用し続けたところ、数ヵ月後にはガン細胞が一っ残らず消滅し、十ヵ月後には、なんと完治してしまったのです。
その間の細かい経緯については後で譲るとして、以来、このマイタケdフラクションを知人にも勧めるようになりました。
そこでもまた、目を見張るようなシーンを数々、目の当りにしてきました。 マイタケdフラクションの研究に関しては、現在、アメリカ政府が本腰を入れて取り組んでいます。

癌ガンだけではなくエイズ、さらには糖尿病や心臓病など、生活習慣病への応用も模索されています。
難病の続発するであろう二十一世紀の、いわば特効薬としてスポットライトを浴びているマイタケdフラクションですが、マイタケのお国元である日本では、まだまだ知られていないのが実情です。

この二十一世紀を担うべき特効薬、マイタケdフラクションを知る上で、一つの道しるべとなれば幸いです。

マイタケ(舞茸)という名前は、いったいどこからきたのでしょうか。一つには、その形状からという説です。
マイタケの幾重にも重なる豊かなヒダ状の傘が、まるで蝶の舞う姿のように見える。そこで<舞う茸>となったというものです。
もう一つは、蝶ではなく人の踊る姿からついたというものです。マイタケは味もよく、体にもよいが、人里離れた深山でしか取れない。
そんな珍しいキノコを見つけて(または食して)、つい嬉しさのあまり舞い上がり、踊り出してしまった。
その喜びの表現から<舞う茸>になったとの説です。
嬉しいのもそのはずで、江戸時代の東北のある藩では、希少なマイタケを将軍に献上するため、銀を褒美に探させたとも伝えられているほどです。
いずれの由来も日本的な雅趣に富んでいますが、所変わってアメリカでは「森のメンドリ」と呼ばれています。  

マイタケ通販 、マイタケdフラクション、ショピングサイトの紹介^^

http://www.lifes21.com/access/

http://www.lifes21.co.jp/

http://www.ami21.co.jp/

http://www.lifes21.com/maitake/

http://maitake1.web.fc2.com/

この記事に


.


みんなの更新記事