ここから本文です
今回で4足目のオーダーを頂いた県内のお客様です。
今回もセンスの良いオーダーをして頂きました!  今後ご注文戴くお客様の良い指標になりそうです。

イメージ 1

ベースは、JOE-0ラストを使用したキャップトゥになります。
今回は、パターンを新たに起こして頂き、サイドのパーフォレーション部分を一段エレガントとなるように極少ホールでパンチして頂きました。お客様のご要望ですが、なかなかのまとまり感に感動です。

イメージ 2


革もこだわっておりまして、ぱっと見判らないのですが、トゥキャップとカウンター部分はミスティカーフのワイン。アッパー(甲)部分は、コードバンのバーガンディという珠玉のコンビネーションです。たぶん現状で世界唯一の組み合わせじゃないでしょうか!  贅沢すぎます。

一見判らない・・・というところにセンスの良さが滲み出ていますよね。これは、今後わたしも真似したい組み合わせです。

イメージ 3

ソールは、クロコソールの出し縫い半張りとしてあり、結構ラフに履こうという意識が垣間見れます。一番薄いラバーソールで、安定のグリップをということでこちらをお薦めさせて頂きました。指定外のソールですが、こういうのも要相談でご用意してくれるのもJOE WORKSが喜ばれるところですね。(無理なのは無理と言ってきます)


イメージ 4

これまた嬉しいのが、NATORIYAのダブルネームにして頂いたところです。ほんと嬉しい。

イメージ 5

専用シューツリーです。価格帯だけで見ると一番高級なシューツリーなんですが、ご覧のようにスプリングで合わせようというものではなく、完璧に靴にマッチするように削り出してある専用タイプです。その装着感は、全然違いますね。高い高いというけれど、ほとんどのお客様がご指定頂いております。満足度が違うと。どうせ大枚叩くなら行くところまで逝っちゃえと! (笑) (でもジョンロブ買うよりもトータルで安いというのは売りだったりします)



イメージ 6


潜在的にJOE WORKSにご興味のあるお客様も沢山いるようですので、悩んでいるようでしたら一足作ってみては如何でしょうか。ただし、ハマッても責任は負いかねます(笑)


この記事に

■オールデン
  今年のオールデンは、懐かしのモデルが多数復活していて嬉しいですが、今回思い入れの強い当店別注作品です。アルパインカーフグレインレザーを搭載したバリーラストのチャッカブーツが帰って来ました。美しいシボの入ったスコッチブラウン色のアッパーにリバースウエルトを持つプランテーションクレープソールを組み合わせた渋い大人のチャッカブーツです。全天候型のカジュアルブーツ。履き皺もしっかり入るので、当店別注オールデンファンなら堪らない一足になると思います!



1990年代に初めて発注してから30年近くに渡り不定期で製造してもらっている作品です。渋い表情が上品で男らしいシボカーフ使い。スコッチブラウンカラーが艶やかに輝いていてその魅力を増幅させています。何も無いアッパーへ皺を入れる時の喜びは格別です。履き下ろしの際は、盃を酌み交わしながらがお薦めですね。
イメージ 1




バリーラストDウィズのコンサバなスタイルは、飽きのこない完成されたスタイリングとなっています。若い世代からいぶし銀世代までカバーするポテンシャルの高さをお楽しみ下さい。
イメージ 2




シボを拡大するとこんな表情です。最初少し硬めですが、履き馴染むと抜群のフィーリング
へと変化を遂げます。3本ステッチのかんぬき部分の造形も印象的で、トップラインは玉だし加工されているのもチャッカブーツの特徴です。
イメージ 3



トゥノーズ。ワックスで輝かせても面白そうですね。腕に覚えのある人はチャレンジしてみては? そして、リバースウェルト仕様なので段付きコバになっています。
イメージ 4




肉厚なソールが見えてきました。プランテーションクレープソールを組み合わせた作品です。その昔、コードバンチャッカブーツにもこのソールを組み付けたバージョンがあったのはご存知でしょうか。結構な人気がありました。ほかにゴアチャッカブーツやジョージブーツもそうでした。チャッカブーツ系にクレープソールは抜群の相性を奏でます。
イメージ 5




先端は出し縫いの革が当てられていて、4本の鋲で固定されています。クレープソールの剥がれ防止の構造だそうですが、ちょっと懲りすぎですよねぇ。でもお掛けで、熱ダレによる接着劣化からくるソール剥がれの心配は皆無です。ただし、革なので路面の凹凸や水によって徐々に擦り切れていくのは致しかたありません。交換リペアも容易されていますので、安心して使い倒せます。
イメージ 6




ウェッジシェイプのシルエットも格好いいですね。そうそう、トップライン部分は、足に食い付くことがあるので革が硬いうちは長時間の歩行やドライブはご注意下さい。

随分前ですが、買ったお客さんが嬉しすぎて、翌日東京に履いていったら、踝近辺が靴擦れで血だらけになって大変だったんです。もちろんお求め頂く際に十分履き慣らしするまでは、長時間使用は我慢してね!』と伝えたのですが、ご本人は我慢できなかったそうです。ただし、今では馴染んで快適そのもので、実に忘れられないいい思い出となっているんだそうです。

馴染むまでの格闘も楽しんで頂けると忘れることのできない良い思い出になると思います。
イメージ 7



ありがたいことにNATORIYAロゴ入りの別注です。ALDENさんいつも有り難う。
イメージ 8



本日、ご予約されていたお客様が来て買っていかれました。なんと6年も入荷を待っていて下さいました。そういうお客様との繋がりは大切にしていきたいと思います!

この記事に

JOE WORKSで初ご注文を頂いたお客様です。
これまでは、ジョンロブだけいつもお求め頂いておりました。
靴がとてもお好きなのだそうです。

今回の作品は、JOE-0ラストのプレーントゥ2EYEダービーです。
シンプルな構成で上品に纏められました。

イメージ 1


革は、ミスティカーフのネイビーが手に入ったタイミングでしたので、そちらをチョイス。
今回ミュージアムカーフと遜色ない濃淡が楽しめる革でした。

これに半カラス仕上げのレザーソール+ビンテージスチールを装着しています。
カラス部分は、アッパーに合わせてムラ有りネイビーなのが泣かせます。

イメージ 2


また、ライニングもネイビーにこだわっており、ネームのみゴールドでNATORIYAダブルネームとしています。

イメージ 3


写真撮っていませんが、ヒールカップ部分はバックステイレス仕様の贅沢な作りの作品です。ヒールカップの吸い付くフィーリングをお楽しみ下さい。


イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

その他、細かな仕様

ハトメ変更/ポリッシュ仕上げ/専用シューツリー製造

贅沢三昧できるのがJOE WORKSの楽しいところですね。





この記事に

■MOTO

 こちらもMOTOのCONTEMPORARY-NATIVEコレクションで展開されているネックレスです。スターリングシルバー×レザーで、2色展開です。十字架に見える部分は、アメリカの象徴イーグルを模したものです。シルバーなので自然な黒ずみが生じますが、磨くとビカッと輝いて、その変化がまた楽しめます。革も柔らかくなって来ると一層雰囲気が増して来る作品です。


メンズのイーグルネックレスで、十文字イーグルとチェーンが925スターリングシルバーで、革はイタリアンカウハイドの各型。革とチェーンを結ぶカシメ金具もシルバーです。細部までこだわっている作品。革色がブラックとブラウンの2色展開です。
イメージ 1
イメージ 2





何も言わないと十字架だと思われるのですが、あくまでイーグルです! 滑空しているところですかね。おしゃれ。
イメージ 3



首の後ろにくる部分です。U字フックを引っ掛ける仕様です。ちょっと慣れが必要ですが、難しいものではありません。
イメージ 4



今回もMOTOの印字がされた袋はつきます。
イメージ 5




MOTO製品は、劣化を防ぐため原則展示していません。店舗でご覧になりたい人はお声掛けしてください。ストックルームから出してご覧に入れます。




この記事に

■MOTO

 MOTOのCONTEMPORARY-NATIVEコレクションから展開されるシンプルな男性ベルトです。バックルは、925スターリングシルバーを採用。革はイタリアンカーフを使っています。構造も超シンプル。ナチュラルエイジングが存分に楽しめる作品。シルバーバックルは、くすんでも、磨いて光らせても、どっちに進んでもMOTO製品ならではの味を楽しめるでしょう!
バックルが925スターリングシルバー製のベルト。革色は、ブラウンとブラックの2色展開。
イメージ 1
イメージ 2





光を思いっきり反射するバックル。磨いた状態でこんな感じ。磨かないとシルバーらしいくすみ楽しめると思います。
イメージ 3





バックルの裏側です。(写真はブラウンレザータイプ)
イメージ 4




穴の間隔は一般的な3cm刻み。サイズごとのピッチは5cm間隔。
ウエストサイズは、1/80cm  2/85cm  3/90cm となります。
イメージ 5





ナチュラルエイジングも手をいれたエイジングでもどちらも楽しいと思います!




この記事に

JOE WORKSのコンサバティブな一足を魅力的に仕上げることができました。
ウイング部分に象、エレファントレザーを組み合わせて特別感を出した作品です。
その他の部分は、アノネイカーフブラックを採用。
象革以外は、すべてオリジナルパターンに基づいた作品ですが、特別な印象を与えてくれる一足に仕上がり、お客様もお喜び頂けました。




むふふふとニヤケる出来栄えですね。
イメージ 1




こんなん履いて飲みにでかけたりパーティーなんかも最高ですね。
イメージ 2




力強い象革のテクスチャーが魅力的!
イメージ 3




その他の部分は、アノネイボカルーカーフ。トゥは、ハイシャインポリッシュ済み。
イメージ 4




コンサバなつくりのレザーソール。伏せ縫い仕上げです。
イメージ 5




ヒールカップは、小ぶりで吸い付く感触が溜まりません。
イメージ 6




ほらね。
イメージ 7




世界に一足だけのオリジナルです。
イメージ 8



象革は、残念ながらしばらく入手困難となりました。また機会がありましたら作りたいと思っていますので、気長に待てるお客様は、リクエスト入れて頂けると嬉しいです。






この記事に

■ジョンロブ

 ジョンロブのプレステージライン旗艦モデルとしてその名を馳せるPHILIP2を祖に持つ作品が、こちらのPHILIP2 DOUBLE BUCKLEです。今回オックスフォードカーフブラックで作りました。また、偶然だと思うのですがバックルが特注のピンクゴールド仕様で入って来ました。これでオーダーしたか記憶が曖昧なのですが、バイリクエストオーダー会でも作れる時と作れない時がある希少なバックルです。入手できた人はラッキーということで。ウィズDで細身幅でシャープに仕上がっています。抜群のフィット感と履き心地、そして格好よいスタイリングを存分にお楽しみ下さい。


ナセビー以来の心に刺さったスタイリング! さすがPHLIP2シリーズは違います。僕は、MISTY CALFのGRAPEを持っていますが、正統派ブラックも欲しくなって作ってしまいました。そして今回、バックルにも注目して欲しい作品なんです!
イメージ 1




サイドビューのバランス感覚の美しいこと! 堪りません。ベルトとバックルの配置、トゥの切り替えし、各部ステッチの細かさなどなど挙げればキリがありません。飾っても絵になる一足ですが、履いたときに一段とその能力を発揮してくれます。革は、オックスフォードカーフを使いました。私は、個人的にめちゃめちゃ使いやすい素材だと思っています。特に履き馴染んでからが最高ですね。
イメージ 2




こちらが今回注目して頂きたいバックルです。通常は、シルバーバックルなんです。たまに指定してゴールドで作ってくれることがありますが、滅多にないです。さらに珍しいというか、特注仕様なのがピンクゴールドバックルで、以前バイリクエストで一部モデルでオーダーできたバックルなのですが、なぜかこれが付いてきました。この仕様で発注した記憶が定かではありませんが、結果オーライでしょう! ほんのりピンク色が入った明るいゴールドは、他とは明確な違いをアピールしてくれます。
イメージ 3




ヒールカップは、プレステージラインならではの特別感漂うシームレスタイプです。美しく綺麗に仕上げるには職人の技が必要ですね。この部分をハイシャインポリッシュして鏡面仕上げにすると一段と魅力がアップするでしょう。
イメージ 4




プレステージレザーソールは、ベベルウエスト仕様でビスポークばりの作りこみです。半カラス塗装仕上げもその気にさせてくれますよね。ヒールもちょい小ぶりで、高さもちょいあって、クラシックラインと比較すると目立たないながら明らかな違いが感じられる部分です。
イメージ 5




プレステージラインなのでシューツリーも付属します。大盤振る舞いですね。イメージ 6




7000番ラストDウィズで製造しました。美しさを際立たせています。ピンクゴールドバックルが良いアクセントですね。トゥ部分も先日ご紹介したサフィールノワールのミラーグロスでビカッと光らせてあげましょう。ちょっとばかりエロチックさが感じられるのも魅力となりそうです!
イメージ 7



ナセビー亡き後、この作品は、今後継続して作ってくれると嬉しいですね。3月のバイリクエストでも出展されることを期待しています。

この記事に

■オールデン

 オールデンの長い取扱い経験のなかでも淡々と売れ続けている名品が#56610です。モディファイドラスト仕様のコンサバティブ外羽根ストレートチップです。カーフを使ったアッパーは、突然の雨でも安心感があります。ソールは、通気性抜群の出し縫いシングルレザーソール×フットバランス社製アーコヒール。内装は、フルレザーライニングを奢り、特徴的な土踏まずの絞りとリフトアップ感は必見です。これぞモディファイドラストの真骨頂なのか! と感心させられる履き心地、加えてスタイリングにファンは多いです。冠婚葬祭用としてオールデンを履きたい!というこだわりユーザーさんにもぜひお薦めの逸品です。


シンプル is ベスト。アメリカンな外羽根スタイルが使いやすい。
イメージ 1



コンサバティブなフォルムで可もなく不可もなくの佇まい。
イメージ 2



土踏まず部分のグイッと持ち上げられる部分が気持ちよいです。
イメージ 3



コーディネートもしやすくて、上品な足元を演出してくれます。細過ぎないシルエットもオールデンらしくて格好よいです。
イメージ 4



カーフレザーは、肌理が整っていて多少の雨でも耐えてくれます。
イメージ 5



ゆとりのあるヒールカップ。踝の高さが内と外で異なるので、高低差を付けて踝の嫌な当たりを解消する設計です。長時間履いているとその効果を実感できます。
イメージ 6



内装からみる土踏まず部分の形状。思い切ったS字状のシェイプ。初めてモディファイドラストを試した時の感動を今でも思い出します。初オールデンのお客様には、特に味わって頂きたい部分です。病み付きですよ!
イメージ 7



シングルレザーソールは、出し縫いで表面にブラック塗装されています。フットバランス社のアーコヒールは、肉厚ラバーで心地よく耐久性もバッチリ。履いている時間がずっと楽しいです。
イメージ 8




集計するとVチップと二分する人気を誇ります。この履き心地とスタイルを堪能して下さい。
イメージ 9

この記事に

■MOTORATORY

 限定生産されたMOTORATORY製L字ファスナー型ロングウォレットです。手染め水玉ドットタイプとエンボス(型押し)ドットタイプの2種類で、ナチュラルとブラックそれぞれ1点ずつのご提案です。限定生産されたものですので、再入手はできません。希少性は抜群です。先日ご紹介した限定コインケースやカードケースと合せても楽しめそうです。


MOTORATORYの限定生産されたロングウォレットで、こちら手染め水玉です。
イメージ 1



裏面は、端にサラッと水玉が並んでいるだけです。全体にしないのは正解ですね。
イメージ 2




こちらは型押しのエンボス巨大水玉バージョン。
イメージ 3



黒の方はメリハリのハッキリとでますね。
イメージ 4



センターに仕切りが入るようにデザインされていて、こちら側にカード2箇所。
イメージ 5




反対側にカード1箇所(サイズ大きめ)
イメージ 6




さらにセンターは割れるので、そこへコインを入れて。
イメージ 7




左右にはお札を分けていれるという形が使いやすそうです。(片側レシートでも良さそう)
イメージ 8




すべての品物(といっても4つしかないですが)このような布袋が付属します。
イメージ 9





ユニークなMOTOの限定ブランドMOTORATORYのロングウォレット。手触り感もソフトですし、ファスナーも快適に動作して使いやすさ二重丸です。デザイン的にユニセックスなので、男女関係なく使えそうです。

先行掲載したコインケースやカードケースとコンビネーションしてもきっと楽しいでしょう。



この記事に

■サィールノワール

 アベル社(フランス)製サィールノワールの最新最強ミラーグロスが登場です! 表革およびコードバンなどの鏡面磨き専用固形ワックス。より早く、強く、光らせることを念頭に開発されたサフィールの自信作。カルナバワックス、モンタンワックスなど高級天然ワックスをふんだんに配合しています。ウイスキー水割りを使うとさらに光ります。靴は光るわ自分は酔えるわで最高ですね。


いよいよ入荷したミラーグロス。黒と無色の2タイプです。容量75ml。
イメージ 1
イメージ 2



固形タイプになります。写真の茶色は、普通のワックス缶の大きさになります。
イメージ 3




シェルコードバンを素人ユーザーさんがササッと仕上げてみました。固形ワックス使うのは初でしたかね?
イメージ 4




ワックス慣れしているユーザーさんならご覧の通り。革はシボ革なのも驚き。
イメージ 5



パラブーツのシェルコードバンモデルもご覧の通り。これ雨の中でも履いています。
イメージ 6




サフィール < サフィールノワール < サフィールノワールミラーグロス とレベルアップ。新作ミラーグロスは、下位ワックスよりも気持ちよく早く光ってくれるようです。

ウイスキーと水1:1くらいの割合で用意し、綺麗なクロスを指にしっかり巻いてから気持ち溶かしたワックスを少量トゥおよびヒールカップ部分に乗せ、丁寧に表面を整えます。
希望する面積を塗布したら先ほど用意した水割りをクロスに少し含ませて、もしくは塗布したワックス上に指で弾いて水滴をつけるなどして、ワックスを伸ばしながら表面を鏡面に仕上げていきます。綺麗に仕上げるにはコツがいりますが、練習あるのみ。その日の気温や湿度で光り方は変わることがあるので、多少の経験は必要ですが、それをクリアーするのも楽しいです。

完成したら、仕上げにコロニルシュプリームクリームをほんの僅かに綺麗な未使用のクロスに含ませて、ワックス面を磨きましょう。ワックス溶剤が溶けて、光沢が増してきます。
ワックスについた小傷や雨跡などの修復にも使える小技です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事