ここから本文です
■デンツ

 デンツのレディースから2タイプ6型入荷がありました。シープレザー×タータンチェック柄のとてもお洒落なグローブです。手首部分に伸縮ギャザーが付いてライニングはカシミア100%仕様を3色展開しました。赤はロンドン気分でお洒落です! そして、これまでになかったエレガンスなデンツグローブをお望みの女性もいるかなと思いまして、スリムで少し丈長のシープレザー×ベルト&Dリングを組み合わせたグローブも展開。こちらはウールライニングで、お求めやすさも魅力です。冬場一度使うと手放せないデンツ。プレゼントするにも丁度良い大きさできっと喜んで頂けると思います! 
本日のラインナップ6点です。
イメージ 1





まずは、チェック柄のグローブから。新旧ミニクーパー(オースチン、ローバー、BMWも含む)やチンクエチェント(500や600やムルティプラ)などのり可愛いちっこい愛車をお持ちの女性ドライバーさんに、特にお薦めしたいお洒落なグローブです。可愛いですし、絵になります!



こちらは、チェック柄に手のひらはブラックシープ使いです。可愛い!
イメージ 2




色使いでお洒落で可愛い!チェック。手のひら面は、ネイビーシープレザー。
イメージ 3




Berry×Royalの赤が際立つロンドンテイストがお洒落な赤いグローブ。
イメージ 4




こちらは、色違い展開でブラック、ネイビー、モカの色展開になるエレガンステイストのシープレザーグローブ作品です。ライニングにウールを使っているので暖かいにも関わらずご覧の細身デザインは、女性にとってポイント高いと思います。コンサバティブなスタイルがお好みの女性にお薦め! 手首のDリングがアクセントです。(シルバーニッケル色です)





こちらは、ブラックです。
イメージ 5




こちらは、ネイビーです。
イメージ 6




こちらは、モカです。
イメージ 7





プレゼントシーズンということもありますが、パートナー、ご友人、ご同僚、家族間と贈り物として選ばれるお客様が多いデンツグローブです。今回ご紹介した6型を含む24タイプをご提案中です。(メンズは、その倍の52型を現在ラインナップ中!!) 国内随一の品揃えかなと思います。

追加が効かないため、在庫のあるうちにお求め頂けましたら幸いです!

有料ラッピングも好評です。お気軽にお申し付け下さい。






この記事に

■ジョンロブ

 ジョンロブのクラシックラインに属する名作CITY2 (7000番ラスト)に珍しいカラーを追加しました。ミュージアムカーフを使ったPEWTER、そしてミスティカーフを使ったBRACKENの2モデルです。CITY2は、黒フォーマル使いが伝統的ですが、実は幅広くコーディネートして楽しめる懐の広い靴なのです。もっとお洒落に履きこなして欲しい! そういう思いで、あまり出回っていない組合せを提案。しかもスタイリッシュなDウィズで作ってもらいました。初ジョンロブとしてもお薦めです。
こちらは、ミュージアムカーフのPEWTER。ピューターとは錫(すず)のグレーという意味。
イメージ 1




ほんのりと濃淡が入っていて上品な仕上がりです。将来の変化も期待できます。
イメージ 2




抜群の返りの良さとクッション性能が楽しめるシングルレザーソール。
イメージ 3




日本での展開は少ないDウィズ推しです。初期タイトですが、長年履けばそのフィット感は格別なものとなります。履き慣らし&エイジングも合わせて楽しんで育てて下さい。
イメージ 4




そして、こちらは、MISTYカーフのBRACKENです。高級な弦楽器のような色使いが堪りませんねぇ!
イメージ 5



無駄を一切省いて、究極のスタイリングを実現。勿論履き心地重視です。
イメージ 6




抜群の履き味を最もダイレクトに感じ取れるシングルレザーソール。
イメージ 7




こちらもDウィズ7000番ラストを採用した大変に美しいシルエットで作って頂きました。ソックスもお洒落に決めて楽しみたいですね。スーツじゃなくてもいいと思いますよ!
イメージ 8





今年最後のジョンロブご紹介となりそうです。とにかく美しい、そして伝統的である様は、みてみて惚れ惚れします。雑誌などではジョンロブの中のエントリーモデルという位置づけですが、私は決してそんなことはないと思っています。よく判らないで格好つけでプレステージラインに手を出すくらいでしたら、クラシックラインのCITY2でジョンロブの世界を真髄まで探求してみては如何でしょうか。きっと新しい発見があると思います。

2017年の春からは、ジョンロブでスタート! なんてのも素敵だと思うなぁ。





この記事に

■マルモラーダ

 マルモラーダブランドが作った6アイレットチャッカブーツの決定版。イルチアのBETISカーフをコロラート仕上げした贅沢な作品です。テスタ・デ・モーロとMACCIATOでの2色使いで独特な濃淡と仕上げのアニローな美しさが最大の物欲刺激ポイントです。St.MORITZラグソールを組み合わせ、チェーンステッチが活きるノルヴェジェーゼ製法のタフなチャッカブーツです。


このボリューム感は素敵です! こんなチャッカブーツを待っていた人もいるのでは?
手染め仕上げのコロラート技法。色の混合具合は、イタリア人ならではのセンス。
イメージ 1



サイドビューから見る美しさ。そしてこの迫力。
イメージ 2




登山で鍛え抜かれた抜群の耐久性とグリップ力を味わえます。
イメージ 3




トゥノーズの部分には、ハイシャインポリッシュされていて反射が素晴らしい。
イメージ 4




周りが写り込んでしまって恥ずかしいくらいピカピカです。それでいて、塗りまくったぜぇという嫌らしい感がゼロなのは、さすが職人技ですねぇ。
イメージ 5




期待していた以上の出来栄えに感激のチャッカブーツです。フラテリジャコメッティは、展示会サンプル品以上の仕上げで来ることが多いので、毎度のことながら感心させられます。
昔ながらの職人気質を持っている職人さん達が在籍している証拠とも言えそうですね。
持っていて価値ある逸品です!





この記事に

■パラブーツ

 パラブーツ純正シューツリーが揃いました。ツインチューブタイプで製造は同郷フランスのコルドヌリアングレーズです。(5のみシングルチューブになります)。靴の寿命を左右するシューツリーは、良いものを入れて置きたいですね。
イメージ 1
イメージ 2


このプレート欲しさに購入する人も。
その気持ちよ〜く判ります!

今年は、あと1回入荷できるかどうかの瀬戸際です。純正シューツリーを捜されてするお客様は、在庫のあるうちにお求め頂けましたら幸いです。





この記事に

2016年9月のJOE WORKSスペシャルオーダー会で限定レザーとして展開されたミュージアムカーフネイビーを使った2EYEダービーが出来上がって参りました!

こちらの作品は、ホールカットを作ってくれたお客様からのダブル受注品になります。JOE WORKS通算5足目ですね! 有り難うございます!


この作品のオーダー手法は、ホールカットの時とは真逆で、ほぼJOE WORKS任せにするという斬新な発注方法を取りました。(革底およびビンテージスチールのみ指定)
イメージ 1




内装は、赤+ゴールドで出来上がって来ました。金銀持っているのはあなただけです。
イメージ 2




美しい濃淡が冴え渡るミュージアムカーフのネイビー。現在ミスティーカーフのネイビー、バーガンディー、チョコレートも入手済みですので、作ることが可能です。濃淡はほぼミュージアムな感覚です。(製造できる足数に限りあります)
イメージ 3




ソールは、これまたミュージアムっぽい仕上げのレッド! 赤茶といえばいいのかな。個人的に好きな色の仕上がり具合でした。履けば削れる部分なので、他人の靴ながら最初の履き下ろしには、ほんとドキドキさせられますね。
イメージ 4




2EYEプレーントゥダービーの傑作で、JOE-0ラストを採用した人気作品がベースです。
イメージ 5




ヒールカップ部分は、バックステイレスで製作される拘りの一足なのです。
イメージ 6




ネイビー色の加減、濃淡、艶感。これを見ながら一杯、楽しいでしょうね。
イメージ 7




格好いいわ〜。惚れ惚れしるわ〜。
イメージ 8





こういうお洒落な靴を作っても、また次のアイデアが湧いてくるという怖さがあります。
JOE WORKSは、お客様の夢の一足を心を込めて作ってくれます。
納期は、およそ2ヶ月前後。価格は、素材やオプションで変わりますが、7万円〜となります。
ご予算計画の参考にどうぞ。




この記事に

JOE WORKS9月のオーダー会で目玉アイテムとなっておりましたホールカットのミュージアムーカーフ作品が出来上がり納品完了しました。

サンプル品をベースにお客様のお好みに合わせてカスタマイズしてあり、世界に唯一無二の一足に仕上がっています。オーダー頂いたお客様にはとても喜んで頂きました。




イメージ 1
ホールカットというのは、アッパーが1枚革で作られている靴のことを言います。パッと見て繋ぎ目がありません。めちゃめちゃ贅沢な作りであることは、素人さんでもご理解頂けるかと思います。



はい、上から見ても繋ぎ目なし!
イメージ 2




内装は、レッド+シルバーで刻印したスペシャル内装です。
イメージ 3




ご覧下さい。このムラ感の美しさ。ミュージアムカーフは、ジョンロブでも使われている実績を持つ革で、とても美しい陰影が特徴です。ポリッシュされたトゥノーズは、本当に綺麗ですね。
イメージ 4




ヒールカップ部分のみバックステイで縫い代があります。ここだけで縫い付けてアッパーを形作っているのです。木型に載せる時には、相当に神経使う作品ですよねぇ。 ちなみにピッチドヒール仕様です。
イメージ 5




インサイドのリフレクションも綺麗でしょう!
イメージ 6




さらにソールは、斬新過ぎるオーダーです。これは半カラスというよりもイソヒヨドリ仕上げですね! トゥにはビンテージスチールを装着済みです。頑強スペック。
イメージ 7




シューツリーもJOE WORKSオリジナル品で市販品にはないフィット感を得られます。
イメージ 8





いや〜出来上がった作品は、本当に美しいですね。素のサンプルが手元にあるのですが、お客様のお好みが反映されたオリジナルは、また違った印象になりました。

ここまで来て、書き忘れるところでしたが、アイレットも拘りの変形バージョンなんです。デザインソースは、ジャコメッティのホールカット。アイレットの間隔が2×2×1になっていて、さらにストレートに穴を並べるのではなく鼓状に並べてあって・・・・。ここまで拘った人は初めてでした。


オプション外注文多数だったので、お値段は、さすがにジョンロブ並みになりました(笑)
(ジョンロブで同じことやったら100万超えそうですけどね)

この記事に

■ムカヴァ

 ムカヴァのレディースペコスブーツからレッドブウランのご紹介です。赤茶色にダークブラウンのウレタンソールを組み合わせた素朴で可愛い印象のペコスです。ムカヴァならではの履き心地が堪能できるコンフォータブルな設計とシンプルデザインによって、寒いシーズン毎日履いていたい気持にさせてくれる作品です。


レッドブラウン、赤茶色です。2番目からの画像が色的に近いかな?
イメージ 1




発色は落ち着いています。シンプルなショーとペコススタイル。
イメージ 2




ライニングは本革。トップラインは革巻きと手の込んだつくり。足当たりも良くパンツインしても傷みにくそうですね。脹脛部分は、3cmくらいの太さ調整が効きます。ダブルリング部分で調整してください。
イメージ 3



発砲ウレタンの軽量ソールは、クッション性能も抜群です。
イメージ 4





平凡なペコスも色が入るだけで楽しい気分にさせてくれる作品です。ムカヴァらしい履き心地の快適さも二重丸なブーツ。使い勝手も良く、これからのシーズンで大活躍間違いなしですね。




この記事に

Monday ride club.

イメージ 1

夕方に坊ケ池までサイクリングして来ました。
到着のご褒美は、美しいサンセット。

往路は登りなので暖かくて良かったんですが、復路は下り&日没ということもあって身体が完全に冷え切ってしまいました。もう冬ですねぇ。

明日から降雪の予報です。ここに来るのも今年は最後になりそうです。


Monday ride club.

この記事に

■MOTO

 MOTO製のオリジナル腕時計です。クラシカルな文字盤がお洒落なカジュアルウォッチです。クォーツ仕様でお手軽に身につけて楽しめます。MOTOならではのリストバンドは、手染めイタリアンカウハイドレザー、そしてコードバンレザーを使った作品があります。革部分のナチュラルエイジングを楽しみたいですね。今季は、新たにレッド&グリーンのベルトも投入してみました。そういうシーズンですからね。

イメージ 1


次回は、火曜日以降にまたアイテムご紹介して参ります。
それでは!



この記事に

■MOTO

 MOTO9アイテム入荷しています。目玉のコードバン6インチブーツを筆頭にガンガン履けるカーフUチップダービー。クロムエクセルプレーントゥ。カーフキャップトゥをラインナップ。また、レディースでは、初めてキャップトゥダービーを展開しました。MOTOならではのクラフト感は、育て甲斐のある面構えでワクワクしますし、全天候型スペックは堪りませんよねぇ。

イメージ 1





今日はこんな感じです〜。明日は、MOTOさんの時計掲載できたらします。お店の混雑具合によっては、週明け掲載になるかもしれません。なるべく頑張ります。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事