ここから本文です
フェルナンドレザーからメッセンジャーバッグ2色とコンチョポーチ(M)のブラックが登場です。今回も写真の1点ずつの展開となります。この無骨さが可愛くて堪りません!


メッセンジャーバッグです。こちらの色はブラック。見るからに丈夫そうな肉厚な作り。そして無骨なデザイン。
イメージ 1




背面に2本のストラップを装着してあります。メッセンジャーバッグならでは。
イメージ 2




メッセンジャー系のコンチョは、少し大きめ。そして山頂で羽根を休めているイーグルの図柄となります。
イメージ 3





こちらは、ブラウン色のメッセンジャーバッグです。カットワークが大胆過ぎて楽しい。
イメージ 4





内部はこんな感じ。マチがあるので結構沢山入ります。イメージ 5




メッセンジャーの収納時は、こんな感じが宜しいかと。
イメージ 6




大きさは、こんな感じです。
イメージ 11





こちらは、コンチョポーチのMサイズです。先行して他の色を昨日掲載しましたね。こちらはブラックです。
イメージ 7





飛んでいるイーグル図柄のコンチョ。
イメージ 8





肉厚がよく判る写真。一部に焼印もありますね。
イメージ 9





大きさ比較です。メッセンジャー型とはコンチョの大きさが違うのがよく判ると思います。
イメージ 10




作られるたびに微妙に大きさやカットワークが異なるので、毎回一点ずつ写真を撮影しています。毎回面白い発見があって、楽しいです。
バンバン使い込んで、傷や染みも味の一つとして楽しんで頂ける人に育てていって欲しいと思います。





この記事に

レディースChausserのリボンミュール2色が入荷しました。色は、キャメルとホワイト。オールレザー製です。サクッと履けて超軽量で快適。使いやすいシンプルなデザインと可愛いアクセントがポイントです。今回フルサイズ製造して頂きました。



かわいい綺麗なリボンミュールの白です。
イメージ 1





スラっとしたデザイン。トゥの切り替えしも絶妙な位置にあり。
イメージ 2





サクサクと脱ぎ履きが出来るので、便利この上なく。使いすぎに御用心です。
イメージ 3





こちらはキャメル色。ついキャラメルと言ってしまうのですが、そんな呼び名でも良いかも。
イメージ 4





サイドヴューも綺麗でしょ。流麗さがあるのがショセの好かれるところです。
イメージ 5





スポっと履けちゃいます。
イメージ 6





フルサイズ製造して頂きましたので、お好きなサイズで選んで頂けます。サイズがなくならない内にどうぞ! ご来店お待ちしております。







この記事に

フェルナンドのBAG4個掲載しました。1つは、すぐに売れてしまいました。
今回は、ミディアムサイズのショルダーポーチ系です。
また随時掲載して参ります。結構沢山来ています。





今回は、男女ともに使えるミディアムポーチです。おおよそのサイズは、H20cm/W25cm/D5cm。クロムエクセルでしっとりポタポタな質感が堪りません。無骨なカットワークもお楽しみ下さい。一個ずつ全部手作業の作品です。フェルナンドさんありがとう!
イメージ 1





大きさ比較画像です。少しずつ中身が減って・・・いや飲んでません。小ぶりのポーチですが、実は、このボトル入ります!!! 革の柔らかさを物語りますね。
イメージ 2




イーグルコンチョ。アメリカンです。
イメージ 3





こちらはアンティークラッチ付きのポーチ。色はブラックです。
イメージ 4





拡大してみました。ノブを90〜180度回すしてロックを外します。とても気持ちよい。
イメージ 5





フラップを開くとこんな感じです。ライニングレスで、写真のように焼印を入れてあるのが特徴です。
イメージ 6





こちらは、ラッチポーチのワインです。良い色で酔いそうですね。
イメージ 7





こんな感じでクイっと回してください。回す感触は癖になりそうです。
イメージ 8





内臓はこんな感じです。シンプル!
イメージ 9




ミニポーチだとちょっと容量が足りないなという人にとてもお薦めのミディアムポーチです。横から見ると薄っぺらいデザインなのに、想像以上に入るからびっくりします。さらに余裕があるのは、コンチョタイプの方ですね。

僕は、ラッチの動きが気持ちよくて好きで使っています。

エイジングと合わせてお楽しみ下さい。




この記事に

フェルナンドレザー製フルハンドメイドのバッグのご紹介です。アメリカはミシガン湖近くの工房で作られている味わいのある作品達。一つとして同じ物が有りません。手作りならでは。アメリカらしい雑な面は御愛嬌。タフに使えるシンプル仕様で修理も効いて長く愛用して頂けます。傷や染みも気にならないどころか、どんどん道具として味が増して来ます。アメリカンなものが好きな人には堪らない作品です。今回もすべて一点ずつの入手です。




ブラウンのクロムエクセルレザーをたっぷり贅沢に使ったショルダーバッグ。イーグルのコンチョがアメリカンしています。クタクタな質感とオイリーさが道具感を醸し出します。
イメージ 1





アメリカつながりでジャックダニエルのウイスキーと並べて大きさの比較。
イメージ 2





瓶の方がバッグのマチよりも明らかに太かったんですが、実際にはすっぽりと収まりました。革が柔らかいからできる芸当。フラップのカットワークが格好良いでしょ。
イメージ 3





こちらもラージタイプのショルダーバッグ。アンティークラッチでフラップを固定するのが楽しい作品。
イメージ 4





トラと色ムラがしっかり入っている贅沢な革使い。色はワインのクロムエクセルレザーです。タフな使い方でもOK。
イメージ 5





大きさ比較に飲んでみ・・・並べてみました。・・・ひっく
イメージ 6




今回初めて作ってもらった巨大なトートバッグです。肉厚なクロムエクセルブラックレザーをたっぷりと使っています。ストラップは、手提げでも肩掛けでもOK。ストラップ裏地にはコットンを採用しています。珍しい。洋服へのダメージが少なくていいですね。
イメージ 7





ご覧の通り余裕の大きさです。ポケットがあるので、キーやスマホを入れておけます。
イメージ 8




靴箱なら2個〜3個入ってしまう余裕の広さ。これに弁当箱だけ入れて持ち歩くと楽しいかもとはお客様の弁。
イメージ 9







さぁ、お久しぶりにフェルナンドレザーのバッグをご紹介しました。どれも使っていて楽しい作品です。すべて手作りなので一点ものみたいに表情が全て違うのも面白い。エイジングもどんどん進んでいくので、たいしてお手入れしなくても良いですし、手入れしてあげても楽しいし。傷とか染みとかイチイチ気にしない人にこそ使って遊んで頂きたい作品達でございます!





この記事に

先日に引き続き、当店別注6EYEチャッカブーツのダークタンバーニッシュドカーフが入荷しました。これで遅延分も全て入荷かなと思います。また、供給不足著しいシェルコードバンですが、Vチップブラック54331が入荷しています。こちらはフリーが1足のみでした。中心サイズですので、すぐに無くなってしまうと思われますが、ぜひお求め下さい。



バーニッシュドカーフを使った6EYE型のチャッカブーツ。デニムとの相性抜群のダークタンカラーを纏った作品です。ウォーターロックソールは、屈曲性能が良くてグリップ感も素晴らしい。濡れた路面でも効果的です。シーズンを通して履いて欲しい別注作品。
イメージ 1





オールデンと言えばコレ!! ホーウィン社シェルコードバンを使ったVチップです。54331は、ブラックコードバンになります。靴底も全て黒です。吸い付くようなフィット感覚を楽しめるKING of ALDENです。
イメージ 2

この記事に

K.Tルイストン製ベルトの長さ切り詰め加工!
5cm以上短くしたい時にご依頼下さい。バックル側で詰めるから見た目も申し分なし。長いのをわざと購入し、好きな長さに加工するのもアリかもね。
イメージ 1

この記事に

レディースのフェルナンド名作Middle-Englandが入荷です!
ストレスフリーが絶賛の履き心地を試してみたいでしょ? ぜひぜひ。

イメージ 1

この記事に

Sさんいつも有り難うございます。今日は、フラテッリジャコメッティのクロコダイルサンダルを買って頂いたのですが、そちらはまた履いて来てくれた時にブログに掲載するとして・・・。


今日の足元は・・・・・
イメージ 1




以前買って頂いたオールデンのクロムエクセルネイビーローファーでした。ファインブーツクリームなどで磨いているそうで、クロムエクセルらしい光沢感が雰囲気抜群に仕上がっておりました。

イメージ 2
おお! 格好いい。



なんでも、雨が降っていても気にせず履けるところが気に入っているんだとか。直江津に住んでいると雨や雪は、絶対に考えておかないといけないキーワードですが、このローファーなら安心してお洒落が楽しめるということですね。

どこかの記事で、アジアで一番降雨日数が多いのが上越だったという記事を見かけて愕然としたのを思い出しましたが、雨にも負けない靴選びを今後も楽しんで頂けたら幸いです。






この記事に

最近買った自転車道具の中でも、最も使っていて便利なアイテムがこちら。


ミノウラのカーゴキャリア&メンテナンス台。

普段は、上の赤いが二つくっついた棒のみ単体で車のカーゴスペースへ入れて置き、自転車を固定します。

オプションの三脚と組み合わせた状態が、写真のもの。メンテナンスがとてもしやすい。
ただ、初めて組んだので、組み方が分からず、どうも間違っていたようですが、まぁ気にしない。
イメージ 1



白州の森バイクロア2で、砂や泥があちこちに入り込んでしまったので、徹底的に洗浄してやりました。チェーンの掃除もこれなら楽勝でした。椅子も欲しいところです。狙っているものは既にあります。
イメージ 2




ハイ、完成! ピカピカ。 に見えますか? 水拭きしただけです。
パーツクリーナーでしっかりと磨いてやりたいところでしたが、出勤前だったので適当にササササァ〜と仕上げました。
イメージ 3




今回、初めてターナーグッズのバッグ3セットを取り付けてやりました。めっち似合いますな。写真より現物の方が良い感じ。


ドリンクケージを取り付ける予定で先日購入したのですが、この状態だとフレームに取りつけ不可能ということを今更ながら確認。サドル後ろに取りつけできるステーが売っていないか探してみようと思っています。

お勧めありましたら教えて下さい。



今後は、カンチブレーキの千鳥とサドルポストが変更になります。パーツがまだ来ない・・・。 キャリアもつけて、パニアバッグもぶら下げてみたい。

ほかにバイオライトのストーブセット(今朝注文しちった)、ヘリノックスのコンフォートチェア、ハンモック、クッションシート、MSRテントなどなど欲しいものが沢山ありますが、追々ゆっくり揃えて行きたいと思います。

最終目標は、自転車の旅なのです!







この記事に

白州バイクロア2に出場

2016年5月14日(土)〜15日(日)に白州バイクロア2に出場して来ました。
初のシクロクロスレース。死ぬほど楽しみました。

まずは、キャンプ場の隣にある白州の醸造所へ。
初めて行きましたが、素晴らしい! ここは実際に行ってお楽しみ下さい。
イメージ 1





会場について、まずは乾杯。運転しないから昼間っから飲める贅沢!
イメージ 2




ケータリングも素晴らしく、どれも美味しい!
イメージ 3



バンガロー2棟を借りました。雰囲気抜群!
イメージ 4




バンガローのすぐ裏手で、MTBのジャンプ大会をやっていました。
完成度の高すぎるフレディーマーキュリーも来ていました(笑) めっちゃ笑った。
イメージ 5




夜は、焚き火+ダッヂオーブン。これは最強に美味かった!!!!!
イメージ 6




飲みながら語り合いながら、夜は更けていきました。
イメージ 7


飲んだ〜!!
イメージ 12


ワイン。そして竹の子も最高でした。
イメージ 13





翌朝、いよいよ我々チームの出番です。緊張しすぎて吐きそうでした。
イメージ 8




林道をテープで仕切ったコースを走ります。1週10分〜15分で、結構な登りや丸太超えセクションがあったり、シケイン、階段(泣)、川の横を抜けたりと面白さ満点。
イメージ 9




スタート前にパチリ。 経験があり余裕のあるチームメイトに対して初心者の僕は顔が引き攣っております・・・。もはや帰りたい心境。
イメージ 10
イメージ 11






いよいよ、スタートポジョンに到着。心臓バクバクです。
イメージ 14




スタート後ですが、もうへばっております。笑っているけど余裕ナシ。景色を楽しむ余裕もナシ。
イメージ 15




途中でピットイン。
うっかりゼッケン番号を間違えておりました。すごいタイムロス・・・戦意喪失。
イメージ 16




走り終えたばかりのチームメイトです。心臓煽りまくり。
キレた走りで魅了してくれました。
イメージ 17




最期は、オウルクラス(仮装レース)で。とても見せられないので、ボケた写真で許してください。それでも結構人気だったんですよ。全員40オーバーのおじさんおばさんです。気持ちは若いヤツラにも負けてないでしょ。
イメージ 18




初の自転車による林間コース。シクロクロスというレースでした。走るだけでなく、担いだり、登ったりヘトヘトになりましたが、童心に戻れて楽しめました。
キャンプも素晴らしくゴージャスに過ごせました! やっぱり自然っていいですね。
今度は、子供達も連れて来たいです。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事