ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全939ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


ショセが提案し続けるクラシックテイストのパンプスPC576が入荷です。当店では別注のオールブラック作品を展開していますが、このPC576はショセのオフィシャル作品です。靴底が、ナチュラルな革色そのままでカジュアルテイストでも組合わせることが可能なデザインです。畏まり過ぎないテイストのパンプスとしてお楽しみ頂けます。

ショセ


とても完成されたデザインのPC576。こちらはブラウンです。自然なシボが入った明るいブラウンのカーフを使っています。
イメージ 1




シンプルですが、爪先の摘まみデザインが印象的です。
イメージ 2


ヒール高は、約5cmです。靴底は革で縫い付け製法になります。心地よい履き味も魅力といえるでしょう。
イメージ 3



摘まみ縫いしてあるステッチは、焦げ茶っぽくみえます。(黒かもしれない)
イメージ 4




こちらは、ブラックのPC576です。こちらも人気でお薦めです。ソールのナチュラルカラーが一層引き立ちます。
イメージ 5




摘まみのステッチは、黒糸で合わせてあります。
イメージ 6



ヒール高さは同じく約5cmです。革製です。
イメージ 7


ショセらしい返りの良い靴底を持つパンプスで、耐久性もあります。一度履いてみて下さい。

この記事に

イメージ 1


JOHN LOBB バイリクエストフェア2017のスペシャルモデル。本日は、以下の14型をご紹介致します。


ALTON 4515 SS(シングルレザーソール)
Dark Brown Caviar Museum Calf

および

ALTON 4515 SS(シングルレザーソール)
Black Suede / Black Calf

イメージ 2


CITY2 7000  Rasp(ラスプソール)
Claret Misty Calf

および

CITY2 7000 MLS(ミディアムラグソール)
Black Moorland Grain

イメージ 3


BAY 8695 SS Natural (シングルソール素上げ)
Tan Moorland Grain

および

BAY 8695 Rasp(ラスプソール)
Pewter Suede

イメージ 4


LAWRY 8695 SS Natural (シングルレザー素上げ)
Slate Suede

および

LAWRY 8695 SS(シングルレザーソール)
Black Courchevel Calf

イメージ 5



CHAPEL 8000 SS(シングルソール) w/RoseGold(バックルローズゴールド)
Parisian Brown Museum Calf

および

CHAPEL 8000 SS(シングルソール) w/Anthracite (バックルアンスラサイト)
Black Calf
イメージ 6


ASHTON 7000 CRS(クラシックラバーソール)
Parisian Brown Suede

および

ASHTON 7000 DS (ダブルレザーソール)
Navy Calf

イメージ 7



FERN 7000 MLS (ミディアムラグソール)
Burnt Umber Moorland Grain

および

FERN 7000 Rasp(ラスプソール)
Saddle Suede

イメージ 8



昨日のと合わせて、全20型が、2017ジョンロブバイリクエストのスペシャルモデルになります。繰り返しになりますが、これら20型は、仕様変更はできません。ウィズは、D、E、EEからお選び頂けます。これらのサンプルモデルとレザーサンプル、ソールサンプルは、28日まで展示します。28日以降は、写真でのみお受けする形となります。(期間外でご来店希望の場合はご相談下さい)

その他モデルでパターンオーダーできる作品は、約140型になります。
当店ストック分のジョンロブは複数ご用意しておりますので、そちらを参考にご注文して頂けます。個人的には7000番ラストが間違いないのでお薦めです。(型数も多いです)

皆様のご来店をお待ちしております!


(有)シューズサロンなとりや

この記事に

イメージ 1


ジョンロブの年に1度の受注会が行われています。ただ今、当店にてサンプルモデルを展示しております。普段見ることのできない作品も多数ご用意致しました。

また、今回のバイリクエストフェアのためのスペシャルモデルも展開されています。ディテールの変更はできまんが、ジョンロブがプロデュースしたスペシャルアイテムですので、ご満足の高い作品になるかと思います。


全部で20型のスペシャルがありますが、今日は、3足ご紹介したいと思います。


William2 9795 CRS(クラシックラバーソール) 
w/Palladium Plum Caviar Museum

および

William2 9795 DS(ダブルレザーソール)Natural
w/Gold Black Suede
イメージ 2


CLIFFE 8695 SS(シングルレザーソール)
w/Gold Dark Oak Calf

および

CLIFFE 8695 HLS(ヘヴィラグソール)
w/Anthracite Navy Moorland Grain

イメージ 3


WELLS 0215 SS(シングルレザーソール)
Ivy Suede / Green Museum

および
WELLS 0215 SS(シングルレザーソール)
Bracken Misty / Dark Brown Suede

イメージ 4




明日また時間があればご紹介します。



この記事に

ムカヴァ

ムカヴァの伝統的作品MU900をベースに新しいデザインとして起こされた新作MU961のご紹介です。革で作ったリボンをちょこんと爪先に乗せただけのシンプルテイストのパンプスでス。アッパーレザーをヒール部分まで被せたインヒールデザインは、ムカヴァが得意とするジャンルです。しっとりとした高級感のあるブラックカーフが優しく全体を包んでいます。


ムカヴァのMU900リボンパンプスをベースにウェッジ型インヒールを採用したMU961のブラックです。カーフの肌理が整った美しい牛革を採用しています。履き味もコンフォータブル。
イメージ 1




リボンは革で形作っています。
イメージ 2



ヒールは、革で完全に覆われた贅沢なインヒール仕様のウェッジシェイプ。安定感抜群です。お手入れはヒール部分までしたいですね。ピンヒールのようにグレーチングの溝などに落ちる心配は勿論皆無です。
イメージ 3




ビブラムのソールを貼ってありますので、滑りにくいです。雨でもOKですね。
アッパーレザー部分は、防水性のあるクリームでケアするかスプレーしておくて良いでしょう。
イメージ 4



インソールは、交換パーツもご用意しております。汚くなったら交換することも可能です。




この記事に

パラブーツ

パラブーツから定番CHAMBORDが入荷しています。色は、NOIR(ブラック)とCAFE(ダークブラウン)です。ゆったりとした足入れ感が特徴のCHAMBORD。Lisカーフレザーを使ったパラフィンがたっぷり含有された革は、高い耐水性が魅力です。また、Paratexソールも実にコンフォータブルな履き心地を楽しめます。一度味わえば病みつき間違いなしでしょう。昔はジャーナリスト御用達シューズと言われた靴だけあってタフに履きたいオーナーさんへお薦めします。



今回入荷したNOIR(ノアール)です。昔はさほど人気もない色でしたが、ダーク色復権に伴い現在のところ一番人気があります。使い勝手がよい黒は、仕事履きにも最適ですね。
イメージ 1




こちらも本日入荷のCafe(カフェ)です。ダークブラウン系になります。写真は、パラフィンを残した状態で撮影しました。白く曇っているのがそれです。ドライヤーを当てると綺麗にされます。拭き取らないように注意してください。折角の耐水能力がスポイルされる場合があります。
イメージ 2



こちらも定番のMARRON(マロン)です。栗色茶です。ガッツリ履きたい人にお薦めで、エイジングが楽しめる色目の一つです。
イメージ 3



こちらは近年追加されたNUIT(ヌイ)です。紺色です。オンオフともに大活躍する色として大人気色の一つとなりました。他のモデルでも製造されています。
イメージ 4



限定カラーのBORDEUAX(ボルドー)です。レンガ色に素上げウエルトとホワイトソールという構成が大胆です。お洒落好きな人御用達のカラーです。あと一足で完売です。追加入手可能。
イメージ 5



本当に丈夫で長持ちするパラブーツですが、壊れても修理が効くので古くからの愛用者が多いことで知られます。パラブーツも100年超えするブランド。やっぱり1世紀続くのには理由があるんですね。

こちらの靴は、15年履いて頂いた靴をリペアしたときのものです。詳しくは、こちらに記事を書いています。(記事も古いんです)
イメージ 6




まさにリアルナチュラルエイジングですね! こうやって履き続ける靴もあっていいと思いますし、ワックスで輝かせてここぞという日にしか履かない靴だって持っていてもいいと思います。靴好きっていうのはそういうものではないでしょうかねぇ。

『履いて楽な靴も欲しいけれど、たまには辛くても格好いい靴も履きたい。

『定番も欲しいけれど、トレンド追っかけた流行靴も欲しい。』

相反することを正当化できる、これこそ人間の物欲でしょ? 物欲結構じゃないですか。1度きりの人生なんです。あなたの人生、楽しんでください。靴が趣味だったら最高じゃないですか! 履いて磨いて飾ってと色々楽しめます。コレクションもできます。 

でも、選ぶときだけ真剣で、買ってからほったらかしというのは靴が可愛そう。たまにはメンテナンスする習慣をつけましょう。たまにでいいですから。

忙しかったり難しい時は、我々のような業者にお任せください。



今日も楽しい靴日和でありますことを!







この記事に

全939ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事